どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

本記事では、「行動がなかなかできてないな」と悩む20代の社会人向けに、

「行動力をアップさせるコツ」

について、現役のフリーランスが解説します。

この記事を書いているわたしは、大学卒業後、Web系企業に入社しました。
そして、会社に対する「100%の期待」を捨てました。

捨てた結果、副業収入が会社の給料を超え、今は独立してわりと自由に生活してます。

過去の経験をベースに、内容を深堀りして、お話してまいります。
今回の記事は、コラム的な内容なので、サクッと読めます。

行動力をアップさせるコツは、「完璧」「100%」を常に求めすぎないこと

結論から言うと、行動力をアップさせるコツは、「完璧」「100%」を常に求めすぎないことです。

  • 食べ放題に行く
  • 3千円近い厚めの書籍を買う
  • 毎月新聞を取る
  • プログラミング学習サイトの有料会員になる

など。なにかに対してお金を使ったときに、どうしてますか?

「元を取ろう」とする人もなかにはいると思います。
この「100%しっかりリターンを得よう」とする行為が、行動できなくなるひとつの大きな要因です。

「プログラミング初心者」を例にしますが、

  • 3,000円以上する厚めのプログラミング書籍を複数冊買う
    →少しレベル高め、何に使うかわからない技術も載っている
  • せっかく買ったからと、1ページ目から片っ端まで読む
  • なかなか進まず、心が折れる

上記のような失敗をしてしまうと、行動ができなくなってしまいます。

本来なら必要な部分だけ、つまみ読みして、自分で成果物を作れたかもしれないのに、

  • 元を取る
  • 片っ端から全部読む

ということが目的になってしまい、「学習した先の必要な行動」ができなくなってしまうわけです。

プログラミングを学習する本来の目的は、

  • 新しい体験をしてみたい
  • 実現したいサービスがある
  • 作りたいアプリがある
  • ITスタートアップで学生インターンしたい
  • スキルを身につけて、転職したい
  • 副業を始めたい
  • 将来的には個人でも稼げるフリーランスになりたい

上記のような目的だったはずですよね。

分厚い書籍を複数冊買ってしまった結果、「すべて読んで、100%理解する」という目的に置き換わってしまい、結局挫折…

挫折しないためにも、重要なのは、「完璧に覚える」「100%のリターンを得る」ことではありません。

本来の目的に向かって行動する

これが最重要です。

会社員の仕事も「100%のリターン」を求めてはいけない

ちなみに会社員の仕事も同じです。

効率化を実現できれば、大きく給料が上がるかも【リターンを期待】

ムダな作業、会議などを徹底的に見直す

社内で評価されて、月収が1万円ほど上がった

もっと経営者や上司の評価を上げたい

今度は今の作業をもっと効率的に終わらせよう

という感じで、多くの人が「昇給」というリターンを得ようとします。

正直言うと、ムダな作業や会議を見直したり、効率化しても、ほとんどリターンはないです。
仮に今自分の作業が社内における末端の仕事なら、なおさらリターンは少ないですよ。

よくあるのがExcelの資格とかですね。「上司に言われたからExcelの資格を取る」とかは、ムダすぎます。
業務効率化するためにExcelを学んだところで、「時給1200円 → 1400円」くらいに上がるだけです。

会社に「大きなリターン」を求めても、「100%」なものは返ってこないです。
ムダな仕事はどれだけ効率化しても大きな成果は見込めないので、小さなリターンを求めることはやめて、排除するしかありません。

わたしの場合、

  • 通勤を排除
  • 対面での打ち合わせをできるだけ排除
  • つまらないうえに単価が低い仕事は排除

たくさんの時間を使うこの3つを優先的に排除しました。

今ではフルリモートワークで、一緒に仕事するパートナーも全国、海外にいます。
会ったことがある人もいれば、まったく会ったこともない海外在住の方もいますが、打ち合わせがなくても信頼感持って仕事は進めることは可能です。

「打ち合わせないと無理でしょ」と思うかもしれませんが、リモートワーク歴が長いわたしだから断言できます。
打ち合わせは、「信頼感を持って仕事する」という目的を果たすのに、絶対必要なものではありません。

目の前の人が困っているなら、多少ムダかもしれない作業でも、手伝うのはいい行いだと思います。
それは、リターンを期待するとかではなく、人として正しい行動だと思うからです。

しかし、なくしても困らないであろうムダなことに、毎日5時間とかかけてたら、年間に100〜150時間くらい損してしまいますよ。

ムダな仕事をできるだけ排除したおかげで、「1日6時間以上もの時間」をほかに有効活用できるようになったので、なくすべきものは見直しましょう。

「完璧」な正解を求めるのもやめる

なにか新しいことに取り組む場合、プランを立てると思いますが、うまくいかないことのほうが圧倒的に多いです。
大きな変更点が必ず出てくるんですよね。

取り組む前から机のうえで、「完璧」な正解が出るまで、ひたすら考え続けても、時間がもったいないです。
完璧な正解が必要なのは、学校のテストくらいですよ。

例えば、ブログを始めるとします。

初心者がブログを始めるときにありがちなのが、

  • 無料のブログサービスを使うか
  • WordPressを使うか

まず最初に上記で迷います。

「ブロガーはWordPressのほうが多いのかな。じゃあWordPressにしよう」と決めた後、

  • テーマはどれにしようかな
  • プラグインはどれインストールするのがいいのかな
  • デザインカスタマイズしたいな
  • HTML、CSSとかも学んだほうがいいのかな
  • デザインも学ぼうかな
  • ブログの参考本とか買おうかな

とあれもこれもやろうとする人がいます。

ハッキリ言うと、「完璧」を求めすぎです。

なんのためにブログを書くのか

これを忘れてしまう人が多いと思います。
本来のゴール方向ではなく、あさっての方向に走り始めてしまっては、いつたどり着くかわかりません。

まとめ:「完璧」「100%」を求めるのはやめて、小さく体験を積みながら考えよう

繰り返しますが、行動力をアップするうえで、重要なのは、「完璧にこなす」「100%のリターンを得る」ことではありません。

本来の目的に向かって行動する

これが最重要です。

本来最優先でやるべきことをまずはやる

「完璧」「100%のリターン」を求めすぎない

少しずつ体験を積む。失敗でも成功でもそれが貴重な財産。

日々新しい小さな体験を積みながら、考える

考えたことを試してみて、新しい体験をする

シンプルなことしか言ってませんが、これができない人は多いです。
上記が続けられれば、行動力が少しずつアップします。

プログラミングを始めたなら、まずはコードを書きながら、書籍で学ぶ。
作品となる成果物を作りながら、書籍で知識を補充する。

ブログも同じように、デザインは後からでもいいので、まずは文章を書く。

というわけで今回は以上です。