最近はエンジニア不足といわれ、副業でもプログラミングの人気が高まっています。

30代からプログラミングを学び始める人も増えてきましたが、「アラサー未経験でのWebエンジニア転職は難しい」と考えてしまっている人も少なくありません。

「今からプログラミングを学ぶのは遅いかも」と不安に感じて、なかなか一歩を踏み出せない人も多いと思います。

わたし自身、Web系スクールで講師をしていた頃の経験談ですが、

「エンジニアになりたいけど、30代未経験で採用してくれる企業なんてあるのかな…」

と不安を抱える受講生もけっこう多かったですし。

なので、今回は、27歳から30代後半でエンジニアを目指す方向けに、

「アラサーが未経験でエンジニアになるには、どういうステップを踏むのがベストか」

というテーマでお話したいと思います。

ちなみにこの記事を書いているわたしは、現在フリーランスとしてプログラミングなどのITスキルを生かして、生計を立てています。

過去にWeb系スクールで講師もしていたので、多くのアラサー会社員の方と接してきました。

結論からいうと、アラサー未経験でも、行動力があれば、エンジニアに転職可能です。

わたしも未経験からのスタートしましたが、まわりにも30代でエンジニアになって業界で活躍している人もいるので、これまでの経験やまわりのエンジニアから聞いた話をもとに記事を書いてまいります。

アラサー未経験の転職は可能です

「20代後半〜30代が未経験でエンジニアを目指すことは難しい」と思い込む人も多いですが、けっして難しくはないですよ。

下記の記事でも書いていますが、30代で医者や弁護士を目指すほうがよっぽど難しいです。

わたしのまわりにもアラサーからエンジニアになった人たちが何人かいますが、今回は3人ほど経験談をカンタンに紹介したいと思います。

それぞれの経験談をもとにまとめてみたので、参考にしてください。

29歳でフリーターから転職に成功したパターン(学歴大卒・文系)

  • 28歳までバンドマン(フリーター)
  • Web系スクールに入学
  • 派遣でOJTをしながら転職活動
  • 未経験で転職活動するものの「年齢」と「元フリーター」がネックでなかなか採用してもらえず…
  • 諦めずにプログラミングしつつ、簡単なWebアプリを作りまくる
  • 再度面接を受けて、アプリが評価され、29歳にしてついにフロントエンドエンジニアとして採用
  • 入社後も、創作意欲が衰えず、アプリを量産
  • 副業をするようになり知人の紹介で毎月何件か案件をもらえるようになる
  • 30歳を超えてからフリーランスになる
  • フリーランス1年目から毎月70万以上稼げるようになる

32歳でいきなりフリーランスになったパターン(学歴高卒)

  • 小さな食品メーカーのマーケッターとして、販促やECの企画を担当
  • 新規事業として立ち上げられるECサイトの担当をするようになり、Webの仕組みやプログラミングというものを知る
  • プログラミングに将来性を感じ、エンジニアになることを決意
  • 本格的にWebを独学で勉強しつつ、Webサービスを作る
  • 学習を継続しつつ、知人の紹介で月に何件か案件をもらったり、営業を自分で始める
  • 生計を立てられるようになり、気づいたらフリーランスエンジニアとご飯が食べられるようになる
  • 現在フリーランスとして、超有名大手企業から案件をもらうことが多い。あの人に任せれば何でもやってくれると名前で指名されるほど大活躍

28歳で異業種から転職に成功したパターン(学歴高卒)

  • 20代後半にして、飲食店店長
  • 人手不足による激務で体を壊す
  • 誰も守ってくれないと思い、手に職つけたいと、興味のあったプログラミングの勉強を始める
  • Web系スクールの事務として採用
  • 事務をしながらスクールで勉強しつつ、実際にプログラミングでなにか作る
  • Web系自社開発企業にバックエンドエンジニアとして転職
  • 転職後も、独学でWebアプリを量産
  • 現在某大手企業にステップアップし、第一線で活躍中。

3人ともプログラミングを始めたときは「自分の年齢が不利か」などは深く考えず、学んでいるうちに徐々にのめり込んでいったと話していました。

「プログラミングやるしかない」と思って必死に行動し、転職や独立を掴み取り、今は幸せそうに働いています。

共通するキーワードは「行動力」

3人のエピソードから共通しているキーワードは、「行動力」です。

30代でエンジニアへの転職に成功した人は、働きつつ、学習して、アプリを自作したりと、みんな「行動力」があるんですよね。エネルギーも感じますし。

なので、アラサーでこれからエンジニアを目指すって方は、日々の「行動」を意識してほしいです。

まずは動かないとなにも変わらないので、すぐ行動に移す

先ほど紹介したエピソードの共通している行動を下記にまとめました。

ポイント

  • 本業が忙しくても、学習を続ける
  • 学習しながら、少しずつ企業を探す
  • ある程度基礎が身についたら、どんどんコンタクトを取り始める
  • なかなか仕事見つからなくても、諦めずなにか作ってみる
  • サービスやアプリを開発したり、副業で実務を積みながら実績を増やす
  • 学習を続けながら、面接を受けてみる(もしくは営業してみる)

という感じで、この記事を読んでいただいた方は、今日から学習を開始してほしいです。

オススメする具体的なステップ

20代前半であれば、ポテンシャルで採用してもらえます。

ですが、「アラサーで未経験」となると、けっこう大変です。

年齢、実績面からみても、かなり不利ということは覚悟しておいてほうがいいです。

覚悟はしたほうがいいですが、行動次第でアラサーでも十分エンジニアにはなれます。

先ほど紹介した3人もかなり苦労はしていますが、すべて「行動でカバー」しています。

なので、本気でやるなら、今すぐ行動に移さなければいけないです。

アラサーでエンジニアを目指す方向けに具体的なステップをまとめてみましたので、下記をご覧ください。

具体的なステップ

  1. 独学またはスクールで基礎を学習
  2. 基礎を学習したら、簡単なサービスやアプリをなにか開発してみる
  3. 簡単な作品を開発しつつ、仕事を受注してみる
  4. 簡単な作品を開発できたら、転職活動開始(営業開始)
  5. フリーランスを目指すなら副業で固定収入になる案件を獲得する

上記をひとつずつ深堀りしてまいります。

独学またはスクールで基礎を学習する

まずは独学でもスクールでも構わないので、基礎を学習しましょう。

下記記事で、プログラミングの始め方を解説していますので、参考にどうぞ。

同じ志を持つ仲間を、リアルもしくはSNSなどでつくると、モチベーションもアップするので、オススメです。

基礎を学習したら、簡単なサービスやアプリをなにか開発してみる

書籍やスクールで学んだことをアウトプットし続けてください。

簡単なアプリでもポートフォリオとして、実績になります。

何か作っているという「学習意欲」「創作意欲」「熱意」は評価されやすいです。

わたしも未経験で面接を受けまくっていたときに、「なにか自分で作ったことありますか?」ってだいたい聞かれました。

簡単な作品を開発しつつ、仕事を受注してみる

クラウドソーシング(クラウドワークスやランサーズ)で「5〜10万」ほどでLP案件など取れると思います。

いきなり案件受注が怖いという場合は、友人からもらうことをオススメします。

スクールに通っているのであれば、講師にアドバイスをもらって、案件を受注しましょう。

最初は仕事もそんなにもらえないので、継続して学習自作アプリの制作を続けてください。

下記記事では、「クラウドソーシングを使って受注するまでの流れ」「クラウドソーシングの提案文(テンプレ付き)」について解説していますので、参考にどうぞ。

簡単な作品を開発できたら、転職活動開始(営業開始)

簡単なアプリを作れたら、エンジニアを募集しているWeb系企業にアポを取りまくってください

最初はアルバイトや契約社員としてのスタートかもしれないですが、独学で学習するよりは、現場で実戦経験を積んだほうが良いです。

フリーランスを目指すなら副業で固定収入になる案件を獲得する

転職した企業で経験を積みながら、学習を継続して、副業を始めてみましょう。

特に固定収入がもらえる案件の獲得を優先してください。

理由としては、固定収入は独立してからの精神安定剤になるからです。

固定収入がもらえる案件の獲得がなかなかできない場合は、フリーランス仲間をつくりましょう。

わたし自身、フリーランス仲間から紹介してもらい、大手企業の案件をいただくことも多いです。

まとめ

アラサーでエンジニアになるには、「行動力」が鍵です。

20代のほうがポテンシャルを見込まれて採用されやすいことは事実なので、アラサーは「行動力」と「これまでの経験や年齢を重ねたことによる魅力」を転職時に伝えていく必要があります。

まずはProgateで、プログラミングに触れてみるといいですよ。

下記記事では、「Progateでプログラミングの基礎を学んだ後のステップとやるべきこと」について解説しています。

最後にこの記事のテーマである、アラサーのための具体的な行動ステップをまとめておくので、この記事を読んでいただいた方は、すぐ行動していただければと思います。

この記事のまとめ

  • 独学またはスクールで基礎を学習
  • 基礎を学習したら、簡単なサービスやアプリをなにか開発してみる
  • 簡単な作品を開発しつつ、仕事を受注してみる
  • 簡単な作品を開発できたら、転職活動開始(営業開始)
  • フリーランスを目指すなら副業で固定収入になる案件を獲得する