どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「一生懸命働いているけど、なかなか資産が増えない…」
「会社の業務を一生懸命頑張っているけど、なかなか給料が上がらない…」

といった悩みにお答えします。

今回のテーマは、もっとお金を増やしたい、お金の使い方も知りたいという20代の社会人向けに、

「消耗型の資産より、蓄積型の資産を増やす」

についてお話します。

わたし自身、蓄積型の資産を増やすことを意識して、行動し続けました。
その結果、社会人2年目には副業収入が、会社の給料を大幅に上回ることに成功しました。

過去の経験から深堀りしていくので、ご一読いただければと思います。

モノより経験。消耗型の資産ではなく、蓄積型の資産を増やす

お金を使うときは、消耗型の資産ではなく、蓄積型の資産を増やすことを意識したほうがいいです。

両者の定義は下記です。

  • 消耗型の資産 = モノやサービス
  • 蓄積型の資産 = 知恵やスキル、経験

上記のように、同じ資産という言葉でも、大きな違いがあります。

なぜ蓄積型の資産を増やさないといけないのか。

モノは買った瞬間から消耗し、いつかはなくなりますが、
知恵やスキル、経験が突然なくなることはないからです。

大半の会社員は、消耗型の資産を増やすためにお金を使います。

会社の給料を得る

給料の一部は、

  • 車のローン
  • 家のローン
  • 服を買う
  • 他人に合わせる
  • 飲み会

などに使う

残ったわずかなお金を貯金する

という感じで、お金の使い方を挙げればきりがないですが、モノやサービスになんとなくお金を使い、あとは貯めるだけというスタンスの人が多いです。

このスタンスで幸せだという人もいるかもしれませんが、より幸せを感じるには、蓄積型の資産にお金を使うことを意識したほうがいいと思ってます。

蓄積型の資産にお金を使うというのは、

自分の頭、脳に残る「知恵」や「スキル」を身につけるため、「経験」や「情報」に投資する

ということです。

例えば、

  • プログラミングスキルを磨く
  • ライティングスキルを磨く
  • 稼ぐフリーランスに会って話を聞いてみる
  • 本を読み漁る
  • 海外で違う国の文化を肌で感じる
  • まわりの大切な人たちとの時間

上記のように、経験やスキルに投資しつつ、自分の脳に刷り込ませるのが大切です。

モノは、お金さえあればすぐに手に入り、手に入れた時点から消耗していくだけですよね。サービスも消耗というより、時代の流れとともに、突如終了してなくなることがあります。

一方、脳に刷り込んだ「知識」や「スキル」はずっと積み重ねていくことができるので、突然なくなることがありません。
積み重ねた資産をベースに行動に移していくことで、新しい資産が手に入るという良いサイクルが生まれます。

消耗型の資産にお金を使っていると、消極的かつただの奴隷サラリーマンになる

消耗型の資産にお金を使う人の行き着く先は、「ただの奴隷サラリーマン」です。

会社で給料をもらう

車が欲しいから買う

給料上がるも、維持費にまた吸われる

家族ができて家を買う

給料上がるも、ローンの支払い

あれ?頑張ってるのにあんまり給料上がってない…

少し節約しよう or お小遣い制導入

家や車が手に入るなら幸せだと思うかもしれませんが、買った瞬間から消耗していくモノですよね。

それらのモノを買うためには、お給料の1年分〜数十年分のお金が必要なので、頑張って働くものの、給料がなかなか上がらないことに気づきます。
そして、給料が上がらないから会社や国のせいだと言いながら、節約したり、毎月いくらまでとお小遣い制にしたりと、しだいに自由を失うことにつながってしまうんですよね。

ただの奴隷サラリーマンから脱するには、蓄積型資産のための投資を行わなければならない

ただの奴隷サラリーマンから脱するには、蓄積型資産のための投資を行う必要があります。

会社で給料をもらう

消費は徹底的に削り、給料の一部を自己投資に回す

新しい知識やスキルを武器に本業頑張る

会社の給料アップ

自己投資し続け、副業も開始

給料と副業で収入が倍になる

株などにも投資

副業収入が安定して、独立

独立して、時間が増え、さらにビジネスを加速させる

続く…

といった感じで、消耗型の資産ではなく、自己投資を積み重ねて蓄積型の資産(スキルや知恵、経験値)を増やしていくことで、自由を得ることができると思います。

今の会社で蓄積型の資産が増えなさそうなら、他人に頼るのをやめて、自分で動くしかない

サラリーマンの場合、会社の業務で蓄積型の資産が増えるのが一番ベストなのですが、なかには絶対にスキルや知識が磨けない職場もあるはずです。
例えば、「つまらない仕事ばかりのブラック企業」に勤務しているとかですね。

それなら今すぐ辞めるべきですよ。

  • 今の職場でダラダラと疲弊しながら働き続ける→生活費と貯金のために頑張る→全然給料が上がらない→いつのまにか奴隷サラリーマン
  • スパッと辞める→時間が空く→ひたすら新しいスキルを磨く→新しい道を探す→飛び込む→蓄積型の資産を増やす→精神的・経済的自由をGet!

上記のどちらを選ぶかは自由ですが、幸せをより感じたいなら後者しかないかなと。

また、やめることもときには必要ですが、思考を変えることも必要です。
ダラダラ疲弊しながら働く人によくあるのは、会社や上司、国のせいにしている人が多いと思います。

他人のせいにするとか、他人に期待するとかはやめたほうがいいですよ。

給料を上げない会社が悪いのではなく、その会社を選択した自分が悪い

じゃあどうやったら、今の現状を抜け出せて、収入が増えるのかをじっくり考える

とりあえず稼いでいる人の思考をマネしてみよう

なんかできそうな気がしてくる

主体的に考えて、動き始める

という感じで、自分を主語、主人公にして、行動すべきです。

行動するときに、モノにお金を使うのをやめて、経験にお金を使うと、思考も自然と変わっていくはずです。

まとめ

お金を使うときは、モノより経験に使いましょう。
今回のテーマで言うと、消耗型の資産ではなく、蓄積型の資産を増やすことを意識したほうがいいです。

両者の違いは、下記です。

  • 消耗型の資産 = モノやサービス
  • 蓄積型の資産 = 知恵やスキル、経験

なぜ、蓄積型の資産を増やすことを意識したほうがいいのか。

モノは、お金さえあればすぐに手に入り、手に入れた時点から消耗していきます。

一方、血肉化した「知識」や「スキル」は積み重ねていくことができ、脳に残り続けます。
脳や体に刻み込まれた経験値ならば、減っていくこともありません。

その積み重ねた資産を武器にして、また資産を増やす行動を起こすことが可能です。

もし会社員の方で、今の会社では蓄積型の資産が手に入らないと確信しているなら、辞めるという選択肢を選ぶことも必要な決断です。
同時に、他人任せの思考から、自分主導の思考に変えないといけません。

思考を変えるためには、理想としている人物の思考をマネるのが良いと思います。

というわけで今回は以上です。最後にひとつだけ。
これから蓄積型の資産を増やしたい方は、下記のどれかのスキルを身につけることをオススメします。

  • プログラミングスキル
  • マーケティングスキル
  • デザインスキル(アートも)
  • ライティングスキル
  • ブログや動画を使った情報発信スキル
  • 投資

令和時代を楽しく生き抜くためにも、上記のどれかを身につけてみてください。