どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

このメディアを運営するうえで、プログラミング初心者から質問をいただくことがあります。

今回の記事は、下記のよくある質問に答えていこうと思います。

「地方でエンジニアとして働きたいと考えています。スクールで学ぶなら、RubyとPHPどっち学べばいいですか?」

以下に当てはまる方は、ご一読いただければと思います。

  • これからPHPかRubyを学ぼうと考えている
  • プログラミングスクールで学ぼうか迷っている
  • 地方でエンジニアとして働きたい(UIターン就職を検討中の方)

先に結論を言うと、地方で働きたい方は、「PHP」と「Ruby」の2択で迷うなら「PHP」を学ぶべきです。

本章で根拠を述べつつ、「身につけておくべきPHPまわりの技術」「地方にUIターン就職するまでのステップ」について解説します。

ちなみにこの記事を書いているわたしは、現役フリーランスで、「スタートアップ → Web系企業・副業ワーカー → スクール講師 → フリーランス」というキャリアを歩んできました。

Web系スクールで講師として、プログラミング初心者(社会人や学生)に「PHP」を教えていた経験があります。

Rubyメインの企業、PHPメインの企業、両方の環境で働いた経験があるので、そういった過去の経験とまわりのエンジニアの話をもとに書いてまいります。

3分ほどで読める内容になってますので、参考にどうぞ。

「地方で働きたい。スクールで学ぶならRubyとPHPどっち?」→PHPがオススメです

理由は、3つです。

  • PHPなら、Laravel、CakePHP、WordPress、EC-CUBEなど案件数が多いので仕事に困らないから
  • 地方はPHP関連の案件が多く、Ruby案件が少ないから
  • 地方に住みながら、都内の会社からPHP案件を頂いて、リモートで働けるから

上記のとおりです。

都内のハイスキルなエンジニアが集まるイケイケなスタートアップで働きたい人は「Ruby」を学ぶべきですが、全国的に「Ruby」で開発しているという企業自体が少ないです。

地方ならなおさら「Ruby」で開発する企業は少ないですね。

「PHP」で開発する企業のほうが圧倒的に多いので、まずは「PHP」から身につけておいて損はないと思います。

「PHP」でつくられている「WordPress」や「EC-CUBE」を活用してサイト制作をする仕事もあれば、「PHP」で作られたシステムの保守案件などもあります。

ある程度スキルがあれば、地方に住みながら、都内の案件にも参画できますよ。

「Laravel」や「CakePHP」でサービス開発する仕事は都心に多いので、地方に住みながら案件に参画することも可能です。

プログラミング初心者なら「PHP」を学んだほうが、資料や書籍も多いですし、インターネット上にゴロゴロ情報が転がっているので、学びやすいと思います。

PHPができるエンジニアも日本には多いので、詰まったときに解決しやすいですし。

地方であれば、PHPエンジニアの仲間もたくさんいると思うので、そういう人が集まるコミュニティに入ってみるのもアリですよ。

身につけておくと困らないPHPまわりの技術

プログラミングスクールで「PHP」を学ぶ場合、基本的には下記から学ぶことが多いと思います。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript・jQuery
  • PHP(+MySQL)

この4つがあれば、フロントエンドもサーバーサイドもできるようになるので、わりと仕事が楽しくなります。

プラスアルファで、下記スキルも身につけておくと、無敵です。

  • フレームワーク → LaravelかCakePHPで、Webサービス開発ができる
  • WordPress → Webサイトやメディア、サービスなどなんでも開発できる
  • WooCommerce → WordPressでECサイトを開発するときに活用
  • EC-CUBE → 国内で最も使われているECサイト開発向けのオープンソース

「はじめて聞くものがある」という方もいると思いますが、すべて「PHP」でつくられている武器みたいなものだと思っていただいて構いません。

全部身につける必要はないですが、上記を身につけておくと仕事には困りませんよ。

わたし自身、上記に関連する案件を企業から相談されたときは、「できます!」という感じでフットワーク軽く対応してきましたが、クライアントはけっこう喜んでくれました。

※下記記事で、「できます!」という即レスの重要さを書いてますので、参考にどうぞ。

やはり、エンジニアの対応範囲が広い(できることが多い)と、「あの人に任せておけば、安心」と思ってもらいやすいですからね。

信頼を獲得できれば、「仕事がない…」と焦ることもなくなりますよ。

ここで紹介したPHP周りのスキルをすべて身につけると、スーパーエンジニアになれますが、全部身につけるのはけっこう大変です。

全部身につけようとする必要はなくて、「WordPress開発 + PHP」さえできれば、どこに住んでも仕事はありますね。

地方の企業に入社する場合も、だいたい月18万〜40万くらいは稼げると思います。

フリーランスの場合は、自分の単価にもよりますが、毎月常に「1〜3件」のコーポレートサイト制作案件を回せれば、「月15万〜90万」ほど稼げると思います。

月100万円以上稼ぎたい場合は、SEOやマーケティングなどの別スキルを持っていたほうがいいです。

プログラミング以外のスキルを掛け合わせて、月100万円以上を目指すのもひとつの戦略ですよ。

1〜3年くらい上京がオススメ。開発に慣れてから、地方に住めばいい

実務経験の年数」と「実績」で単価はかなり変わってくるので、プログラミング未経験の方は「1〜3年」くらい上京して、現場でスキルを磨くことをオススメします。

エンジニアにとっての良い仕事や環境は、東京に一極集中してますからね。

Web系の開発をバリバリとこなせるようになってから地方にUターンしたほうが、

「仕事がない…」
「低単価すぎる…」

という苦しみを味わうこともないです。

東京でコネクションをつくっておく

東京のIT・Web系企業で仕事すると、優秀なエンジニアやデザイナーに出会える可能性も高いです。

コネクションをつくってから地方に戻れば、仕事仲間から案件を紹介してもらうこともできるかもしれません。

デザイナーとのパイプが太ければ、WordPressサイト制作案件をまるごと受注できます。

企業とのコネクションもしっかりつくっておけば、東京と地方でリモートワークも可能になりますよ。

都内のスタートアップは「Ruby」が多い

わたし自身、大学生でスタートアップに飛び込んだときは、「Ruby+Rails」で開発している環境でした。

都内のスタートアップ企業のようなハイレベルな環境だと、「Ruby」が採用されていることが多いです。

そういった環境に飛び込んで、「Ruby」を身につけてから、地方に戻って「PHP」案件をやるのも選択肢としてはアリです。

「Ruby」ができるなら「PHP」を覚えるのも難しくないと思うので。

都内 → 地方都市に移住する

スキルとネット環境さえあれば、田舎で暮らして、生活費をおさえつつ、豊かに過ごせます。

企業で働く場合、ド田舎に企業はほとんどないので、できるだけ地方都市(大阪、福岡、札幌など)に住んだほうがいいでしょう。

どうしてもド田舎の地域で働かないといけない事情がある方は、リモートワークできる環境を自分で整えるしかありません。

未経験の方は、キャリアの初期は都内に住んで、「実務経験の年数」と「実績」を積んで、コネクションをつくってから地方に住んだほうが安心だと思います。

「地方だから仕事がなくて、稼げません」は、「言い訳」と捉えられてしまう

たしかに地方には案件も企業も少ないですし、単価も東京に比べればかなり低いほうだと思います。

だからといって、「地方だから仕事がなくて、稼げません」と言っているエンジニアは、「自分は実力、経験ともに不足しています」と言っているようなものです。

「地方で稼いでいるエンジニア」や「優秀なエンジニアがいる企業」から見たら、「言い訳」と捉えられてしまうので、言わないほうがいいですよ。

わたしの仕事仲間に、東南アジアに住むデザイナーがいるのですが、東京都内の企業や、フリーランス仲間からたくさん仕事をもらっているので、「仕事に困ることはない」と話してました。

なので、スキル横のつながりさえあれば、仕事には困らないはずです。

ひとつ注意点を伝えておくと、「人脈をとにかく増やせ」と言いたいわけではありません。

ほかにも「仕事を増やす方法」は、たくさんありますからね。

仕事がないなら、自分で営業をかけるなりして、仕事をつくればいい話です。

例えば、

  • コワーキングスペースでエンジニア仲間をつくる
  • 商工会議所などの地域コミュニティに飛び込む
  • 地方の中小企業の経営者と仲良くなる
  • 自サイトをつくって、フォームからお問い合わせしてもらう
  • SNSで発信しつつ、営業をかける

などなど。

方法はいくらでもあるはずですよ。

フリーランス向けのエージェントを利用して、案件を紹介してもらうのもいいでしょう。

できることはすべてやる

これができれば、どこに住んでも問題ないと思います。

まとめ:言語コレクターはやめて、必要になったときに学ぶべき

ひとつ言語を覚えれば、ほかの言語もできるので、「どの言語を身につけるか」は重要じゃないです。

なので、「あれもこれも勉強しよう」「もっとスキルを身につけるために」という考えはやめたほうがいいです。

必要になったスキルはその都度、実践しながら身につけていけばいいです。

例えばですが、

プログラミングスクールでPHPまで学ぶ

都内の自社サービス開発企業に入社(開発環境はPHP)

「PHP+Laravel」案件をこなしながら、身につける

帰宅後もプログラミングに励み、スキルを磨く

3年ほど継続し、地元の福岡にUターン就職する

Webサイト・ECサイト案件が多いことに気づく

地方で「WordPress+WooCommerce」案件をこなしながら、スキルを磨く

都内の企業とも契約して、リモートワークで案件に参画

という感じで、必要に応じて、スキルを身につけていくことができれば、どこでも生きていけます。

自走能力」が高いエンジニアは、日々実践して学ぶクセがついているので、たとえ技術が廃れても、また新しい収入源をつくり出せます。

プログラミング学習で壁にぶつかることも多いかもしれませんが、途中で投げ出してしまえば、身につくものも身につかないです。

まずは1年、頑張ってみてください。

というわけで、最後なのでまとめます。

PHPを身につけるべき人は、下記のとおり。

  • 地方のゆったりした環境で働きたい人
  • 場所関係なく、仕事に困りたくない人
  • フリーランスとして、ゆるく働きたい方

Rubyを身につけるべき人は、下記のとおり。

  • エンジニアとしてバリバリ技術だけ磨いて働きたい人
  • 都心のイケイケなスタートアップで働きたい人
  • モダンな環境で仕事がしたい人

念のため補足しますが、PHPエンジニアがレベル高くて、PHPエンジニアがレベル低いというわけではありません。

技術レベルの高いエンジニアは、基本的にプログラミングが趣味になっていて、言語を複数使えますからね。

技術レベルはそこそこだけど、ほかのスキルとの掛け合わせで稼ぎまくる人もけっこう存在します。

なので、「どんな言語を身につけるか」より、「どう生きたいか」「どうありたいか」を考えるほうが重要です。

「地方でゆるく働きつつ、好きなことして生きていきたいから、〇〇は身につけておくべきだな」

上記のように、自分で情報収集して、自分の頭で考えて判断できる人なら、誰がなにを言おうが困らないでしょう。

楽しみながら自走できるエンジニアなら、時代の流れを見つつ、必要になったスキルを新しく身につけられます。

すべては小さな1歩を踏み出し、継続することから始まります。

地方で働きたい方向け

下記記事では、「地方でWeb系企業に就職するメリット、デメリット」「田舎での生活のよくある勘違い」「地方のWeb系企業で働きたい初心者の最短キャリアパス」について、詳しく解説していますので、参考にどうぞ。

プログラミング初心者向け

下記記事では、どのプログラミング言語を学ぶか決めかねている方に向け、「言語の特徴」「自分に合うプログラミング言語」などについて解説しています。