どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「デザイナーに興味があります。美大や専門学校に出たほうが有利でしょうか?」
「未経験ですが、なにかデザインに関わることを経験してないとダメでしょうか?」
「エンジニア目指すなら、理系学部を卒業したほうがいいでしょうか?」

上記の悩みにお答えします。

今回は、Web系を目指す方、特にデザイナー、エンジニア未経験の方向けに、

  • 「デザイナーは美大卒が多い。エンジニアは理系卒が多い。」は関係ない

というお話をします。

本記事を書いているわたしは、Web系企業を経験した後、フリーランスになり、これまで様々なバックグラウンドを持つクリエイターと仕事してきました。
Web系スクールで講師をしていたので、今回のような悩みの相談も受けてました。

結論を先に言うと、美大卒、理系卒とか関係ないです。

過去の経験をベースに、深堀りしつつ、解説します。

デザイナーは美大卒が多い。エンジニアは理系卒が多い。はウソです

「デザイナーは美大卒が多い」
「エンジニアは理系卒が多い」

こういった情報はウソです。

統計は取ってないので、ウソは言い過ぎかもしれませんが、そう他人に言われたところで気にする必要はないですよ。

わたしのまわりにも、デザイナーやエンジニアはたくさんいます。
美大卒、理系卒じゃなくても、たくさん優秀な人はいます。

  • 高卒 → バンドマン → 営業 → エンジニア
  • 高卒 → 美容師 → デザイナー
  • 高卒 → バックパッカー → デザイナー
  • 有名大卒(文系) → アパレル → エンジニア
  • 有名大卒(文系) → デザイナー → エンジニア
  • 美大卒 → エンジニア

などなど、挙げればきりないですが、わたしまわりにはこんな感じのキャリアの人がたくさんいます。
なので、学歴も経歴も気にする必要はまったくないです。

下記記事でも、わたしのまわりのエンジニアのお話はしてますので、参考にしてみてください。

美大や理系大学の経験より、創作意欲が勝る

美大だろうが、理系だろうが、学歴に関しては、あまり関係ないですよ。

絵を描くことが大好き

美大に行く

デザイナー

アプリとかつくるのが好き

情報系の学部に入る

エンジニア

こういうキャリアの人もなかにはいるのは、事実です。

ですが、重要なのは、最初の根底である「きっかけ」の部分です。

「絵を描くことが大好き」
「アプリをつくるのが大好き」

上記どちらも、「なにかモノをつくる」ことが大好きということです。

どんなに美大で絵の描き方を学んでも、創作意欲が強い人には敵わないと思います。

プログラミングも同じです。

どんなに学校でプログラミングの基礎を学んでも、アプリ30個とかつくるような人のほうが当然スキルは高いです。

なので、「デザイナーになって、カッコいいサイトをつくりたい」と思うなら、クオリティとか気にせず、10個なり20個なりサイトをたくさん作って、Web系企業に面接に行ってください。

未経験なら創作した数で勝負して、熱意を伝えればいいんですよ。

「これだけ創作意欲が強いなら、この人は本気なんだな」と伝わるはずです。

経歴より、「つくりたい」という熱意や意欲が勝ります。

大学や専門学校の先生は、基礎は教えてくれるが、稼ぎ方まで教えてくれない

理系の大学 → C言語の基礎
美大 → デザインの基礎

大学や専門学校の先生は、基礎は教えてくれますが、稼ぎ方までは教えてくれないです。

大学や専門学校の先生は、月に100万円以上稼ぐフリーランスエンジニアや、フリーランスデザイナーではないかもしれません。
もちろん研究などで成果を出し、権威がある先生かもしれませんが、あなたは研究者や大学教授を目指しているわけではないはずです。

「フリーランスエンジニアとしてサイトを作りつつ、生計を立てたい」と思うのであれば、現役のフリーランスエンジニアが講師をしているプログラミングスクールに通うのもひとつの選択です。
当たり前かもしれないですが、情報系の大学で学ぼうと思っても、フリーランスエンジニアの先生はいないですからね。

「デザイナーとしてWebサービスを作りたい」という目標があるなら、
転職サポート付きのデザイナースクールでも学ぶのもアリだと思います。
美大では、「Webサービスのつくり方」まで教えてはもらえません。

これはデザインやプログラミングだけでなく、動画でも同じことが言えます。

最近だとYouTuberも増えているので、動画編集の専門学校とかスクールも増えてますよね。
ただ、専門学校の先生は、だれが講師をやっていますか?

ヒカキンでしょうか?

ヒカキンでも、ホリエモンでも、オリラジあっちゃんでもないはずです。

動画の仕事を経験している先生かもしれませんが、YouTuberではないという人がほとんどだと思います。

「YouTuberとして世に動画を出して、稼ぎたい」という目標があっても、学校では教えてもらえないです。

学校やスクールで基礎を学んだ後は、補助輪なしで、走るしかありません。
試行錯誤しながら、良いモノを作り、稼げるようになるわけです。

手段と目的をはっきり分けて、学びましょう。

まとめ:「かっこいいものをつくりたい」という小さな理由でもいいからやってみる

「営業も事務も向いていないから」「勧められたから」という消極的な理由で、なんとなくデザイナーやエンジニアを目指すより、

  • とにかく自分でサイトつくってみたい
  • かっこいいサイトつくりたい
  • おしゃれなアプリ作りたい

などなど。上記のような理由で始めた人のほうが成長できます。
ちっぽけな理由そうに見えるかもしれないですが、それでいいと思います。

消極的な理由よりポジティブな理由のほうが続けられますよ。

「なんとなく親にオススメされたから、美大でデザインを学ぶ」
「なんとなく親にオススメされたから、理系学部でプログラミングを学ぶ」

という人より、

「かっこいいもの作りまくって世に出したいから、デザインを学んでみよう」
「たくさんの人に使われるサービスを世に出したいから、プログラミングを学んでみよう」

といった「創作意欲」が強い人のほうが、優秀なデザイナー、エンジニアになれるはずです。

なぜなら、創作に対する熱意がまったく違うからです。

この記事を書きながら、過去に、「美大卒だけど、デザインができないから」という理由で、エンジニアになった人と働いたことを思い出しました。
一緒に仕事しましたが、社会人になってから「なにかサービスを作って、世に出したい」という理由でエンジニアになった若手のほうが、成長は早かったですね。

役立つサービスを作って世に出したい」 > 「デザインができないから」

上記のとおり「作りたい」「社会に役に立ちたい」という想いの強いほうが、勝ります。

自分が手がけたサイトが世に出ると、「これわたし、ぼくが作りました」と誇れます。
「いいサイトだね」「いいサービスだね」と言われると嬉しいですよ。

世に出たサービスが多くの人の使われていると、「少し役に立てたな」と自信も持てます。

というわけで、今回は以上です。

自分の手で、「なにかをつくる、つくり続けられる」人なら、未経験でもクリエイターになれるので、手を動かしていきましょう。