Web系の仕事を目指す方、とくにマーケティング職やフリーランスを目指す方にとって、

「Webディレクター(マーケッター)になりたいけど、仕事内容がよくわからない」
「Web系フリーランスになりたいけど、企画とか自信ない」

という悩みを持つと思います。

今回は、

Webディレクターの必須の仕事である「競合調査」

について、お話してまいります。

Webの仕事をしたい方(特にディレクターやフリーランス志望)や、ブロガーになりたい方に役立つような記事を書いてまいります。

ちなみにこの記事を書いているわたしは、現役Web系フリーランスで、
大手企業から中小企業、個人事業主まで様々のサイトをこれまで企画してきました。

過去の経験をベースに語ってまいります。

Webディレクターが必ず行う作業「競合調査」とは

競合調査」とは、

企業(もしくは個人)が商品やサービスを提供するときに、必要な情報をリサーチすること

です。

「必要な情報」とはなにか。

例えばですが、下記のような情報を調査して、分析します。

  • 市場規模
  • 業界についての情報やトレンド
  • 商品やサービスの認知度
  • 競合にあたる企業(もしくは個人)の情報
  • 市場においての企業(もしくは個人)のポジショニング

上記のような調査をするわけですが、

なぜ「競合調査」が必要なのでしょうか。

理由はほとんどのクライアント(企業や個人)が、

  • サイトを作れば、効果が出ると思っている
  • ブログでとりあえず記事書けば、人が集まって利益が出ると思っている
  • 自社の強み・弱みが理解できておらず、ポジションが把握できていない
  • そもそもサイトを作る目的がない

というように自分たちのことをまったく理解しきれていないからです。

理解しきれていない人がサイトを作ろうと思うと、
ポジション(市場・業界での立ち位置)が把握できていないのにサイトを作ることになるので、

  • オシャレなデザインにしたい
  • かっこいい動きにしたい
  • イケてる写真や動画を使いたい

といったビジュアル面ばかり要求してしまいがちです。

もちろんビジュアル面も大事なのですが、
本来のゴールから遠ざかっていくんですよね。

「どんな人をターゲットにするか」聞いたとしても、
「若い世代かなー」とざっくりと答えることも多いですね。

最終的になんとなくのサイトが出来上がってしまい、「なんか違う」とか、「なかなか効果がない」とか、最悪なパターンに陥ってしまう結果に…

若い世代にするのはいいのですが、若い世代でも属性がまったく変わります。

例えば、

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 家族構成
  • 未婚・既婚

など

同じような商品やサービスを提供している競合をみても、
似ているものもあれば、まったく違うものもあるはずです。

「若い世代」と答えた人は、「万人受けさせたい」という要望も多いですが、
万人に受ける商品やサービスは、現実的に考えると、実現は難しいですよね。

サイトも同じです。

理想と現実のギャップを作らないためにも、サイトをつくるまえに、まず「競合調査」を行う必要があります。

「競合調査」を通して、

  • ポジションの把握
  • 目的の再確認

上記をしておく必要があるというわけです。

なので、市場や競合について調べることってすごく大事な仕事です。

「競合調査」の流れ

競合調査の基本的な流れは下記ですね。

【1.計画】

  • 調査のプランを立てる

【2.調査】

  • 業界について調べる
  • ビジネスモデルが競合している商品やサービスのピックアップ
  • 商品やサービスのベネフィットが似ているものがあるか
  • ユーザー(商品やサービスを使う側)の層、属性は似ているか

【3.分析結果】

上記を調査したうえで、

  • ポジションの決定
  • 提供すべき価値の決定

フェーズごとにわけて、1つずつ解説します。

1.計画

  • 調査のプランを立てる

調査のプランを立てるというのは、「なんのために競合の調査を行うのか」ということをはっきりさせたうえで、

  • どのような方法で調査を行うのか
  • どれくらい情報を集めるか
  • スケジュール

など、プランを具体的に立てましょう。

2.調査

  • 業界について調べる
  • ビジネスモデルが競合している商品やサービスのピックアップ
  • 商品やサービスのベネフィットが似ているものがあるか
  • ユーザー(商品やサービスを使う側)の層、属性は似ているか

調査は上記のようなことを調査します。

調査の方法は、ネットとリアルも含め、様々な方法があります。

例えば、

  • ネットで検索
  • 統計データのサイトでデータを集める
  • GoogleフォームやSNSでアンケート
  • ユーザーに直接アンケートを交渉
  • ユーザーインタビュー
  • 社内調査(社員にアンケートやインタビュー)

などが挙げられます。

ネットで膨大にデータは集められるので、一番ネットでの調査が手っ取り早いです。

検索する場合は、

「【業界名】+ 市場規模」で検索
「【企業名】+【商品名】」で検索
「【業界名】+【動向】」で検索

という感じで検索すればけっこう出てくると思います。

あとは、新聞、統計データを扱うサイト、プレスリリースなどをチェックすることもオススメです。

下記オススメサイトも載せておきます。

  • PR TIMES
    →企業の最新のリリース情報を知ることが出来る
  • ヤフーニュース
    →最新ニュースをチェックする
  • NewsPicks
    →経済ニュースをチェックする。評論家や著名人、一般人のコメントも閲覧が可能
  • 生活定点
    →生活に関するレポートが手に入る。見やすくてオススメ

上記のようにネットでも十分業界のトレンドや、企業の情報は手に入ります。

たしかにネットは手早く膨大なデータが手に入りますが、予算的かつスケジュール的に余裕があるならインタビューなどリアルでの調査も行ったほうがいいです。

クライアント、もしくはユーザー(商品を使う側)に直接聞いたり、
社員に聞いたほうが生の声が手に入るので、企画に説得力がより増しますからね。

3.分析結果

  • ポジションの決定
  • 提供すべき価値の決定

最後は、分析結果をまとめましょう。

軸を決めて、競合ごとにプロットしてまとめるとわかりやすいです。

Webディレクターの競合調査 マトリクス

競合他社を含めて、業界での自社の立ち位置が見えてくると思います。

ポジションがわかったところで、「提供する価値」を見直してみてください。

まとめ

今回は、Webディレクターの必須の仕事である「競合調査」について、解説してまいりました。

これからWeb系の仕事につきたい方だけでなく、ブロガーになりたい方も役立てられそうなところもあるんじゃないかなと思います。

下記の情報を調べて、競合を分析しつつ、自社(もしくは自分)のポジションを確立してください。

  • 市場規模
  • 業界についての情報やトレンド
  • 商品やサービスの認知度
  • 競合にあたる企業(もしくは個人)の情報
  • 市場においての企業(もしくは個人)のポジショニング

競合を分析することで、サイトを作った後に、
「なんか違う」
という違和感を感じることは少なくなるはずです。

自分のことをわかっているつもりというのは危険です。

使う側(ユーザー)に価値を提供するためにも、
まずは市場を知り、自分のことを知ってください。

では、最後に「競合調査の流れ」をまとめておきます。

【1.計画】

  • 調査のプランを立てる

【2.調査】

  • 業界について調べる
  • ビジネスモデルが競合している商品やサービスのピックアップ
  • 商品やサービスのベネフィットが似ているものがあるか
  • ユーザー(商品やサービスを使う側)の層、属性は似ているか

【3.分析結果】

上記を調査したうえで、

  • ポジションの決定
  • 提供すべき価値の決定

上記のような流れで、ポジションを決定し、提供すべき価値が見えてきます。

提供する商品やサービスが、

  • ブルーオーシャンなのか、レッドオーシャンなのか
  • 競合との違いはなにか、どんな強みがあるか
  • 認知度はどれくらいあるのか

上記をしっかり理解して、ビジネスを正しい方向に導けるようなサイトを作っていきましょう。