どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「Web業界を目指してます。職種がたくさんあり、仕事の流れが想像できない…」
「Webディレクターに興味があります。仕事内容や役割を知りたいです…」
「サイト制作のフローで、ディレクターはどんな立ち位置でなにをするんですか?」

上記のご質問にお答えします。

今回は、これからWeb業界を目指す方ディレクターの仕事に興味がある方向けに、

  • Webサイト制作フローから見るディレクターの役割
  • ディレクターを目指す最適な方法

について解説します。

本記事を書くわたしは、大学卒業後、Web系企業に就職し、大手企業案件をメインに、制作から企画・ディレクションまで担当してました。
新卒1年目から副業を開始し、少しずつ個人での実績も増え、現在はフリーランスとして活動してます。

Web系スクールで講師もしてたので、「Webディレクターってどんなポジションなんですか?」「具体的な仕事内容を教えてください」と受講生から質問をいただく機会が多かったので、今回記事にすることにしました。

Web系企業に勤めた経験と、現在のフリーランスでの活動経験をベースに解説してまいりますので、参考にしてください。

※ちなみに今回は、事業会社のディレクターというよりは、受託系のディレクターのお話です。

ディレクターの役割、ポジションとは

ディレクターの役割は、大きく分けると「5つ」です。

  • 各工程を俯瞰して、進行する
  • 要望を聞き取り、企画提案する
  • 制作の指示出し、進行管理をする
  • クライアントと制作との間に入り、納品まで責任を持つ
  • 公開後は、更新、改善を繰り返し、クライアントのサポートをする

という感じ。

一言でまとめると、

Webマーケティングを成功に導く舵取り役

です。

プロジェクトを俯瞰しつつ、デザイナーやエンジニア、クライアントがやらないことをすべてやるポジションだと思っていただければと思います。

もう少し具体的に仕事内容を解説していこうと思います。

Web制作サイトフローにみるディレクターの役割、仕事内容

一般的なWebサイトの制作フローをまずは確認しましょう。

【1.企画提案フェーズ】

  • 打ち合わせ・ヒアリング
  • 見積もり
  • 企画・設計
  • 提案
  • 受注・契約

【2.制作フェーズ】

  • 素材準備・原稿作成
  • デザイン制作【デザイナーがメイン】
  • コーディング(プログラミング)開発【エンジニアがメイン】
  • 検証・修正

【3.公開運用フェーズ】

  • 公開
  • 請求
  • 更新・運用・改修

大きく分けると、「企画提案フェーズ」「制作フェーズ」「公開運用フェーズ」の3つです。

ちなみに、それぞれの工程で各ポジションのお仕事を確認してみましょう。

  • ディレクター:3つすべての工程で関わる
  • デザイナー:制作フェーズ、特にデザイン制作がメイン(あとは改修のとき)
  • エンジニア:制作フェーズ、特に開発がメイン(あとは改修のとき)
  • ライター:制作フェーズ、特に原稿作成がメイン

それぞれ役割が違いますが、デザイナーとエンジニアは「プロジェクトのごく一部」を担当しているということです。
対象的に、ディレクターは「プロジェクトの全体」に関わっています。

では、各フェーズごとの業務をさらに細かくして、ディレクターの仕事内容を解説してみます。

企画提案フェーズ

  • 打ち合わせ・ヒアリング
  • 見積もり
  • 企画・設計
  • 提案
  • 受注・契約

打ち合わせの前にお問い合わせが来るところからがスタートし、電話やメールで要望を聞き取りつつ、アポを取ります。

初回の打ち合わせが決定後、クライアントに確認しておきたい「ヒアリング項目」を準備します。

初回の打ち合わせでは、

  • ビジネスモデルの理解
  • クライアントのビジネスの方向性
  • Webサイトの目的
  • 具体的な要望

といったことを把握する必要があります。
「あれデザインとかは決めないの?」と疑問に思うかもしれませんが、正直デザインや、アニメーションなど細かい部分は、二の次ですね。

ヒアリング内容をもとに、

  • 業界・競合調査
  • コンセプト決定
  • 企画書・サイトマップ作成
  • ワイヤーフレーム作成
  • スケジュール・進捗管理表作成
  • 見積書作成

上記を行い、完了後に、クライアントにプレゼンします。
提案内容と見積もりが了承されたら、正式受注となり、契約を結ぶ流れとなります。

企画提案フェーズの段階で、「軸となるコンセプト」をしっかりとすり合わせておけば、制作フェーズでの差し戻しを防ぐことができるので、プランニングは重要なお仕事です。
ディレクターにとって、このフェーズが一番やることが多く、けっこう大変なお仕事なんですよね。

個人的には、「クライアントのビジネスモデル」や「詳しくない業界」のことを知ることもできるうえに、自分でプランやサイト設計を考えられるので、かなり楽しい仕事だと思ってます。
ただ、打ち合わせとプレゼンは得意じゃないですが…

制作フェーズ

  • 素材準備・原稿作成
  • デザイン制作
  • コーディング開発(プログラミング)
  • 検証・修正

制作フェーズは、企画提案フェーズで決定した仕様をベースに、デザイナーとエンジニアが制作を進めていきます。
なので、ディレクターは「誰をプロジェクトメンバーにするか」を決める(ビジネス用語で言うと、アサインする)ことも重要なお仕事です。

制作がスタートすれば、ディレクターはやることは多くないです。
進んでいく過程で、進捗管理をしたり、ときには変更内容を指示出ししたりして、プロジェクトを円滑に進めていきます。

エンジニアやデザイナーと協力しつつ、ゼロから少しずつ形になっていくのが、嬉しくもあり、楽しんでいる人も多いかなと思います。

制作が完了したら、検証担当を複数人アサインして、ひたすらチェック、検証、修正を繰り返して、公開までこぎつける流れとなります。

制作フェーズで重要なのは、「進捗管理を的確にすること」と「制作側と協力すること」が、大切です。

公開運用フェーズ

  • 公開
  • 請求
  • 更新・運用・改修

検証、修正が完了したら、本番環境で公開します。

公開した後は、運用がスタートするわけですが、必要に応じて、更新、改修をします。

Webサイトは、「つくってゴール」ではなく、「つくった後がスタート

上記はよく覚えておきましょう。

アクセス解析ツールを使用しつつ、改善案を考えて、提案することも重要なお仕事ですからね。
「分析 → 改善」を繰り返すことで、ユーザーも集まり、プロジェクトの「本当の成功」につながります。

クライアントのWebサイトへの熱意、愛情が冷めないように、「数字」の面だけ報告するのではなく、「実感」を与えることが大切です。

「〇〇万PV」とだけ数字で言われても、伝わりづらいですからね。

どんなに数字が良くて成果が出ていても、成果が出ていることが実感できなければ、熱意も愛着もなくなってしまいます。

もし成果がなかなか出ないときは、改善案を提案しつつ、全力で応援、サポートしてあげることも大事なお仕事ですよ。

未経験なら一度エンジニアやデザイナーを経験し、知識武装できるようにしておく

Web業界未経験の方は、

  • エンジニア → ディレクター
  • デザイナー → ディレクター

という感じのキャリアチェンジがオススメです。

なぜ、エンジニアやデザイナー職を一度経験すべきなのか。

理由は、制作知識を知っておくことで、まず「信頼」を得られるからですね。

具体的には、

  • エンジニアやデザイナーからも信頼されやすい
  • クライアントから技術的な相談をされたときに「一旦持ち帰って…」「エンジニアに確認します」というコミュニケーションを省くことができる
  • 的確な要件定義でコストカットもできると、経営が安定する

という感じで、制作知識があるだけで、エンジニア、デザイナー、クライアント、会社すべてから信頼を得やすいと思います。

クライアントからの信頼が最重要ですが、クライアントから無茶な要求をされてもすべて飲み込んでしまえば、
「制作ポジションの人たちが消耗 → 会社の利益も傾く」ことにつながってしまいます。

なので、うまくコントロールができるディレクターになるためには、「制作知識」も必須です。

もちろんディレクターのなかには、最初から未経験でディレクターになり活躍する人もいますが、制作知識が豊富なほうが、いざとなれば独立もしやすいですよ。

ディレクターとして、プロジェクトの経験が豊富だと、独立したときに強い

わたしの経験談もお話しておきます。

大学時代:IT企業で、コーディングを担当。バナーやページのデザインもこなす
会社員時代:Web系企業で、制作を担当しつつ、ディレクションをこなす

ざっくり言うと、上記のようなキャリアを歩んできました。
「制作知識」を身につけてから、ディレクションも担当するようになったので、大きなトラブルもなく、わりとスムーズに仕事が進められましたね。

大学卒業後に勤めた会社では、
大規模案件(大手企業がメイン)から中小規模案件(中小企業がメイン)を並行して任されたおかげで、副業でもすぐに成果が出るようになりました。

企業でのプロジェクト経験が豊富だったので、20代半ばで独立したときにも、「20代でこれだけのプロジェクト実績があるんですね」と言われることもありましたね。

なので、これからWeb系企業を目指す方、今Web系企業で働いている方は、とにかく多くの経験を積んで、スキルを磨き続けることをオススメします。

独立を目指す方は、実績が多いだけでも、独立したときに強いですよ。
特に大手企業の案件実績は、信頼されやすいと思うので、実績豊富な企業で修行してみるといいです。

ディレクターとしてプロジェクトに参画すると、プロジェクト全体を見渡しつつスキルを磨けるので、独立したときもあまり困らないと思います。

アシスタントディレクターからキャリアをスタートするのでもいいので、たくさん経験を積めるように、チャレンジしてみてください。

まとめ:ディレクターは「なんでもやりたい」という好奇心旺盛な人に向いている

繰り返しになりますが、ディレクターは、「Webマーケティングの成功に導くための舵取り役」です。

プロジェクトを俯瞰しつつ、デザイナーやエンジニア、クライアントがやらないことをすべてやるポジションです。

業務範囲は広くて大変なこともありますが、プロジェクト全体に関われるので、「何でもやりたい」「経験をたくさん積みたい」という好奇心が強い人には向いてると思います。

もちろん舵取り役なので、ある程度のリーダーシップ、責任感的な部分も重要ですが、

  • クライアントのビジネスモデルを研究したい
  • なぜこの商品は人気なんだろう
  • このページはなぜこんなたくさんの人に見られているのだろう

といった小さな疑問や興味を深く追求できる人は楽しめるはずです。

プロジェクト全体を俯瞰しつつ、いろんなことに興味を持ち、追求する

得た知識をクライアントやユーザーに還元する

上記を楽しめる人は、Webディレクターになることをオススメします。

これからディレクターを目指す方向け