唐突ですが、学生もしくは社会人の方、最近どれくらいの時間学んでいますか?

というのも、
すこし前の話になりますが、

知人から「フリーランスでエンジニアやりたい」と相談を受けました。

よくよく話を聞くと、

  • スキルはなく、何から始めればよいかわからない
  • でも、フリーランスになりたい
  • 普段は勉強してない

とのこと。

ですが、なにもスキルがない状態での独立は、後々苦しむだけだと思ってます。

独立して時間に余裕ができてから勉強しようと思っても、ほんとにしんどいです。

普段からなにかしら勉強していればいいのですが、

  • 平日は残業もあり、帰ったらご飯食べて、お風呂入って寝るだけ。
  • 土日は友達とご飯いったり、買い物行ったりと遊んでいるだけ。

という方は、なにか変えなくてはいけません。

「今の現状を変えたい」「若いうちに独立したい」と考えている20代の方
これから独立したいと考えている方向けに、

「忙しくても、時間を少し作る方法」
「これから学習するといいおすすめの領域」

をテーマにお話します。

ぜひご一読くださいませ。

社会人が学ばない理由を考察

学生のときは勉強してたけど、社会人になったら学ばなくなる人はかなり多いです。
ほとんどの社会人が学ばない理由を考えると、だいたい以下の3つの理由が大半かなと。

  • 時間が取れない
  • 遊びたい
  • 目標が特にない

時間が取れない

これが一番多い理由ですね。
毎日の残業や、仕事の疲れでなかなか勉強する時間がとれないってこと多いと思います。

毎日1時間ほどの残業でも積もりに積もれば、月20時間とかになりますからね。
月に何回か飲み会もあって、なかなか時間が取れないって人も多いですよね。

遊びたい

水曜日か木曜日くらいになると、週末が近づいてきてウキウキします。
私も会社員を経験しているので、その気持ちはよくわかります。

金夜から友達とご飯行って、土曜は友達や彼氏彼女と遊んで、日曜は買い物か家でダラダラする。

人によってそれぞれ過ごし方は違うと思いますが、
せっかくお休みの日は、自分の好きなことをしたいって人がほとんどだと思います。

目標がない

会社に入って、毎月お給料がもらえて、ボーナスももらえるとなると、

「もっとお金を稼ぎたい!」
「独立したい!」
「副業したい!」
「現状を変えたい!」

って心の内、奥には秘めていても、
気づいたら現状のまま時間がすぎているという方も多いですね。

そういう方は、具体的な目標を持っていないかなと思います。

例えば、「3年後にエンジニアとして独立する」という目標を設定したとします。

  • 1年目
    プログラミングスキルの習得をする。なにかつくって、ポートフォリオにする
  • 2年目
    ITベンチャー企業に転職する。エンジニアとしてスキルを磨きつつ、副業を開始
  • 3年目
    副業でも結果が出て、月20万は稼げるようになる → 独立

という感じで、具体的な目標を立てるところから始めましょう。

独立を考えるなら、学ぶ時間を普段から自分で作るしかない

先ほど社会人が学ばない理由について、考察しました。

「時間が取れない」「遊びたい」とかを理由にしてしまうと、
現状を変えることは当然できないです。

独立すれば、時間ができるから「学習できる」と思っても、
貯金切り崩しながらやるってかなりきついですよ。

スキルなしフリーランスは疲弊するだけ

独立すると、手取り足取り教えてくれたり、助けてくれる人は残念ながら、誰もいません。

仮にいま会社で勤務していて、なにも学ばないまま独立すると、
おそらく月収20万くらい稼げるまでに、2〜3年はかかると思います。
もしくは20万すら稼げないという人もいるかもしれません…

独立したら、時間がたくさんあると思っている方いれば、それは間違いです。

個人で稼げないまま独立してしまうと、
金銭的かつ精神的にきつい、
そしてリラックスする時間もプライベートの時間もとれない。

休めないままずっと仕事や勉強を続ければ、いずれ体を壊してしまいます。

体を壊しても会社が助けてくれるわけではないですし、
誰も助けてはくれないですし、
仕事をくれるわけでもないです。

忙しい人は時間を作っている

消耗したフリーランスにならないためにも、会社員である今から時間をつくる必要があります。

経営者や著名人など、忙しい人、活躍する人は皆時間をつくっています。

例えば有名人どころでいくと、タレントの武井壮さんのストイックさはすごいです。

テレビに出てきた頃はキレのあるトークで動物を全部倒せる百獣の王として有名でしたが、
今ではバラエティ、大河ドラマ俳優、スポーツ番組キャスターなど引っ張りだこです。
年収も億超え、住む家は家賃100万以上で、数千万する高級車も乗っているとテレビで発言してます。

そんな忙しい武井さんは、
どんなに仕事が遅く終わっても、
疲れている状態でも、

  • トレーニングに1時間
  • 知識を増やすための勉強する時間に1時間
  • 新しい技術の習得にもう1時間

上記の自分のための3時間を毎日欠かさないようにしているそうです。

「芸能界は超一流のスペシャリストたちが集まる場所なので、
選ばれる、生き残るためには、
毎日3時間は自分の能力を鍛えるために使うと決めている。」

とラジオ出演していたときにも話していました。

正直個人的には、最初にテレビ出てきた頃は一発屋芸人(芸人と勘違いするくらいトークが上手)かと思ったのですが、
苦労してきたストーリー、努力量を聞くと、本当に売れるべくして売れたんだろうなと。

私も社会人1年目のときは、ダラダラしてしまう時期もありました。

残業や飲み会などで疲れて、なんとなく毎日を過ごしていた時期に、
武井さんの苦労してきた話をたまたまラジオで聞き、
売れた理由がこの努力にあると知って、
「今すぐ変わろう」と決意しましたね。

あんなにたくさんのテレビ出演しているのに、3時間学ぶってすごいことですよ。
わたしもやらねばと思います。

時間をつくるために

武井さんのように毎日3時間とは言いませんが、
1時間はどこかでつくれるはずです。

時間をつくるためには、

  • ムダな業務、やらなくても良い業務を断る
  • 生産性のない飲み会はできるだけ断る
  • 友人と遊ぶ回数、買い物などを減らす

といったことが必要です。

会社の業務がムダな業務かどうかは、自分でよく考える必要がありますが、
もし自分のためになるプロジェクトであるならば、やるべきです。

実績になるプロジェクトは、自分の市場価値をあげてくれますからね。

毎月の飲み会も減らさなければなりません。
1回飲み会を断るだけで、「3000円〜5000円」浮きますし、「2時間〜4時間」ほど時間がつくれます。
愚痴やプライベートのどうでもいい話だけしているような飲み会は行く必要ないです。

友人と遊ぶ回数を減らすは賛否分かれそうですね。

20代であればたくさん遊びたい気持ちもよくわかります。
リフレッシュする時間も必要ですが、もう学生じゃないので、毎週のように頻繁にあわなくても友達はいなくならないです。

遊ぶ時間を学ぶ時間に当てるだけで、30歳を超えてから差が絶対につきますね。

とはいえ、一生のうち過ごせる時間なんてそう多くないので、友人と過ごす時間も大切です。
よく自分で考えてください。

現在は独立してフリーランスとして活動しているわたしですが、
新卒で入社1年目の頃は、

08:30-09:00:移動・読書

09:00-19:00:仕事(残業30分〜1時間)

19:00-19:30:移動・読書

20:00-22:00:お風呂・夕食など

22:00-24:00:勉強または副業の時間

24:00-25:00:勉強

毎日こんな感じのスケジュールでしたね。
もちろんときには疲れて寝てしまう時もありましたが、
勉強や副業の時間に「3時間」、移動やランチのときに読書を「1時間〜1時間半」
と時間をつくってました。

人によって、移動時間も変わりますが、
1時間はどこかで学ぶ時間が取れると思います。

電車の中をみると、スマホをずーっと触っている人もいますが、
移動時間も読書など学ぶ時間にあてれば、数年後には差がつきますね。

資格や英語ではなく、稼げる専門領域を学ぶ

なにか勉強するとなると、

  • 資格
  • 英語
  • 読書(特に自己啓発書)

という選択肢が多いと思います。

正直どれもフリーランスとして独立するために必要ではない知識ですね。

資格の場合は、エクセルとかの資格をとっても、
おそらく時給1,000円 → 1,200円とか、数百円アップくらいにしかならないです。

英語もペラペラなら需要はあると思いますが、
フリーランスで活躍してる人の中で、
英語ペラペラな人にはあまり出会ったことないです。

読書は毎日することはとてもいいことです。
ですが、読書だけしてても、独立して稼げません。

特に自己啓発書は、読むとモチベーションが上がるかもしれませんが、
行動に移さなければ、まったく意味ない時間です。

資格、英語、読書は、学ぶクセをつけるという面では学ばない人よりは全然いいですが、
ほかにもっとオススメの分野があります。

ポイント

  • プログラミング
  • デザイン
  • マーケティング
  • ライティング
  • 投資

全部スキルを身につける必要はないですが、
それぞれ組み合わせると独立したときに、月収が今の何倍にもなりえます。

上記どれか興味を持ったものから1つ始めてみて、
並行して副業もスタートしてみるとなお良しです。

私の場合、

副業の月収が会社員の月収を超えたら、独立をする

と決めていました。

新卒1年目入社したときにこの目標を持ってから、1年後には達成できました。
達成はできていたのですが、まだ会社でやり残したこともあったので、入社して2年後に結果的に独立しました。

独立したときにすでに収入源を確保しているかは、心の余裕にもつながります。

今の会社で働きつつ、学ぶ時間をつくる、そして副業にもチャレンジして稼いでみる。
ということを実践できると、独立しても生き残れる土台になります。

まとめ

私も学生の頃は勉強する時間が嫌いでした。
塾に最後まで残されたときは、泣きながら勉強をやってましたし…

今考えると、「自分の成長のために」勉強はしていなかったですからね。
社会人になってから人生で一番勉強してます。これは間違いないです。

「今の現状を変えたい」「若いうちに独立したい」と考えている方は、
現状を変えたいのであれば、日々学ぶクセをつけるところから始めるといいです。

学ぶ習慣をつくる、思考停止をしないということを継続できれば、
独立しても稼ぐ方法を見つけられるはずです。

今の会社でしっかり働きつつ、学ぶ時間をつくる、そして副業にもチャレンジしてみてください。

行動をするなら早ければ早いほどいいです。
「自分の成長のため」に今から変わっていきましょう。