どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「新米エンジニアです。もっと成長して、年収の高い企業に転職したいです…」
「駆け出しエンジニアです。市場価値の高い人材になるにはどうすればいいかな…」

といったお悩みに答えていこうと思います。

今回は、新米エンジニア、20代のエンジニア向けに、

  • 仕事以外で、「学ぼうとしない、経験もしない」エンジニアは、市場価値が下落する

ということについてお話します。

市場価値を少しでも上げたいもっと稼げるエンジニアになりたいという方が対象です。
「人並みに仕事ができて、楽しければなんでも良い」という方は、読まなくていいです。

本記事を書いているわたしは、現役フリーランスで、元スクール講師です。
「もっと成長したい」という意欲がある受講生たちに教えてきた経験もあるので、過去の経験をもとにお話してまいります。

仕事以外で、「学ぼうとしない」エンジニアは、市場価値が下落します

本業でエンジニアをしている場合、1日8時間くらいはコードを書いていると思います。
ただ、仕事以外で自学自習しようとしないエンジニアは、市場価値が上がっていきません。

学ばないのに仕事ができない場合、「戦力にならない」とまわりから思われますし、つらい状態になってしまいますね。
特にエンジニアになったばかりの人は、自学自習しないと、しんどくなるだけです。

自学自習しなくていい人は、

  • トップオブトップの天才
  • 作ることがとにかく楽しいというエンジニア

上記の人だけです。

作ることが楽しいというエンジニアは、小さいときからつくることが好きだったり、コードを書くこと自体が趣味だったりするので、「自学自習をしなさい」と言う必要もないですし、心配もないでしょう。

エンジニアになったばかりで「もっと成長したい」と思っている人は、仕事以外でも学習しないと、仕事についていくだけで精一杯な状態になります。

これは新米エンジニアだけでなく、ベテランのエンジニアにも同じことが言えます。

ベテランも学んでいないなら、老いるだけですよ。

「年齢」という大きな武器を持つエネルギーある若手エンジニアにそのうち追い越され、「老害」とまわりから思われて、つらい状態に陥ります。

仕事もそうですが、学習なり、趣味なり、主体的に挑戦する人は、市場価値が上がりやすいです。
主体的に動こうとする人は、自分に自信を持っている人も多いですよね。

ノウハウコレクターではなく、「経験」を積みながら学ぶべし

「主体的に学ぶことが大事」という当たり前と言われれば当たり前の話をしてきましたが、学習自体が「目的」にすりかわっていく人が多いと思います。

HTML、CSS、JavaScript、PHPと学んだ後に、

  • WordPressは覚えておいて損はないからやろう
  • スタートアップ入りたいからRubyやってみよう
  • Ruby on Railsも学んでみよう
  • PHPにもLaravelってフレームワークもあるのか
  • Node.jsもやってみたいな

という感じで、好奇心があることはいいことですが、基礎スキルばかり学んでいても、市場価値は上がらないです…
↑ちなみに上記は過去のわたしのことです。。。

過去の自分に言いたいです。
ただのノウハウコレクターはやめなさい」と。

仮にフリーランスになりたい方が、ノウハウコレクターだとかなりまずいです。
スキルだけ身につけても、稼げるわけではありませんからね。

学ぶだけではいけません。
スキルだけを磨いててもダメです。

プログラミングの基礎を学んだら、

  • 学習したことを発信してみる
  • SNSで進捗報告してみる
  • なにか作ってみる
  • 副業で稼いでみる
  • 人を集めて、小さくビジネスを始めてみる

とかなんでもいいです。

学習だけでは、「ただのノウハウコレクター」になりやすいので、「新しい経験をする」ことが大切ですね。

例えば、

  • 副業で5万円稼いだ経験がある
  • ブログで1000円稼いだことがある
  • なにか自分で作ったことがある

などなど。
失敗も成功も含め、経験したことが価値となり、市場価値が上がっていくわけです。

自走能力創作意欲があるエンジニアは、どこの企業も欲しがると思います。
やる気ない人より、エネルギーがある人と、一緒に働きたいですからね。

「学ぼうともしない」、「経験もしない」という人は、精神と思考が老いていくだけですよ。

まとめ:毎日の積み重ねです。まずはバッターボックスに立て

繰り返しになりますが、仕事以外で学ぼうとしないエンジニアは、市場価値が上がりません。

市場価値を上げるためには、

  • 学習
  • 経験

毎日上記の積み重ねをしていかないとなりませんが、習慣化するまでが大変です。

「今日は仕事疲れたから…」
「今日はやる気が起きないから…」
「面白そうなテレビやってるし、明日でいいか…」

人は「ラクな方に、ラクな方に」と流れようとする生き物なので、こういう気持ちがわいてきます。

こういう気持ちを排除するには、「まずはバッターボックスに立つ」ということが大切です。

  • まずは机に向かう
  • まずはパソコンの電源を入れる
  • まずは学習動画の再生ボタンを押す

といった感じで、小さく行動し始めることが、バッターボックスに立つということです。

わたしの場合、新しく始めたことで言うと、このブログを半年以上も毎日更新を続けることができてます。

ブログも同じで、

  • まずはパソコンの電源オン
  • 次は、管理画面にログイン
  • 次は、キーワードを考える
  • 次は、構成、見出しを書き出す
  • 次は、序文を書き出す

こういった小さな行動を続けただけです。

1日に5,000字以上書くときもあれば、3,000字程度で終わらせることもあるので、まずは小さく始めることが習慣化の秘訣かなと。

たくさんの人に読んでもらえるのも嬉しいですが、ぶっちゃけ誰か1人に届いて「役に立ちました!」と言ってもらえるともっと嬉しいです。

なにか始めたばかりのときは、当然「今日気分乗らないな」というときもあります。
そんなときも、ひとつずつ小さな行動をして、繰り返せるかどうかが大切だと、わたしは思います。

この記事を閉じる前に

  • 今日はなにか学んだことはありますか?
  • 今日はどんなことを積み重ねましたか?
  • 今日はうまくいったこと、うまくいかなかったことはありますか?

と、自分に問いかけてみてみてください。

毎日の「積み重ね」と「問いかけ」によって、習慣につながり、1年後、2年後の自分の未来がどう変わるかが決まってくると思ってます。

自信持って答えられない日が続いたときは、良い習慣が身についていないということです。

わたしも何度も新しく始めたことを挫折した経験があります。
最近は、わりと自信持って答えられる日が続いていますが、すべては小さな行動をし始めているからです。

  • まずはコードを一行書く
  • まずはプログラミング書籍の1ページを読み進める

なんでもいいので、小さく動かなければ、バッターボックスには立てません。

日によっては「なにもできなかったな」というときもあるかもですが、次の日すぐにバッターボックスに立ちましょう。