どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「社会人2年目です。今の仕事がシンドいので、辞めようか迷ってます…」
「会社に入って1年も経ってないけど、辞めたら逃げになりますかね…」
「職場の上司が、コロコロ転職する人はなにやっても無理。と言うし…」

上記の悩みに答えていこうと思います。

今回は、仕事や会社に対してストレスや不満が溜まっている方、退職を考えている方向けに、

「逃げの退職でもいいから、サクサク動くべき」

というお話をします。

この記事を書いているわたしは、いろんなことから逃げてきました。

  • 大学時代、コンビニや飲食店のアルバイトがつまらなすぎて辞める
  • 新卒で入社した企業は、2年で退職。そして、独立
  • 常駐した企業の経営陣と合わず、辞める
  • 満員電車にストレスを感じ、リモートワークに専念

挙げるときりないですが、上記のように自分が合わない環境からはすぐに逃げました。

結果的に、今はフリーランスとして生計を立てて、自由に生活しているので、わりと幸せです。

そういった過去の経験をもとに深堀りしてまいります。

逃げの退職をする時に「社内やまわりにどう思われるか」を気にする必要はない

「成果も出してないのに、転職するのはただの逃げかも…」
「社内の人たちにどう思われるか怖い…」
「家族や友人にコロコロ転職先を変えるなと言われそう…」

という感じで退職を考えると、どうしてもネガティブに捉えられがちです。

「それは逃げだ」と言われることもあるでしょう。

結論を言うと、成果が出せなかったとしても、「逃げの退職」は迷わずすべきです。

なぜなら、成果が出せなかったのは、

  • 自分に合っていない仕事かもしれない
  • 人や環境などの相性が悪いだけかもしれない
  • 自分の最高のパフォーマンスを出せる環境じゃないのかもしれない

上記のように、「自分の能力」のせいではない可能性のほうが高いです。

「コロコロ逃げるように転職する人間は成功しない」みたいなことを言う大人もたまにいます。

そういったことを言う人は、たいてい「大したことない人間」か「自分に合った場所を見つけただけの人」じゃないですか?

(※偏見かもしれないですが、大したことない人のほうが多いと思います…)

「成功かどうか」「幸せかどうか」は、自分のものさしで、決めればいい話です。

「あいつは失敗した」「あいつは終わった」とか言う人もいますが、そういう人間は狭い世界で生きてきた自分のものさしで、勝手に決めつけているだけですからね。

なので、気にしなくていいと思います。

スポーツ選手だって、自分が活躍できる場所を求めて、移籍をしたりしますが、それは逃げじゃないです。

昔の人間でいうなら、狩猟が向いている人間もいれば、農業のほうが向いている人間がいて、当たり前です。

「逃げの退職」は、悪いことではありません。

自分の道を自分で決める人」にしかできないことです。

そもそもですが、退職した人間のことを1年、2年以上話題にする会社なんてほとんどないです。

わざわざ話題にするほど、誰も気にしていないので、サクッと辞めてOKですよ。

社内やまわりは気にせず、環境を変えましょう。

一度逃げれば、幸せになれる選択肢が無限にあることに気づく

  • 人間関係でつらいなら、すぐ逃げる
  • 長時間労働でつらいなら、すぐ逃げる
  • 低賃金でつらいなら、すぐ逃げる

上記のように、つらい、辞めたいと思ったなら、すぐに逃げたほうがいいです。

満員電車に乗りたくないなら、「地方でゆるく働く」、「リモートワークできる企業に入る」「フリーランスで働く」などいろんな選択肢があります。

「会社をやめると、自分の人生が失敗になるかもしれない」恐怖感があるから、「その仕事を我慢して続けるしかない」という状態になってしまうわけです。

ムダな我慢をやめる

嫌だと思ったらすぐ逃げる

「ほかにもこんなに選択肢があったのか」ということに気づく

という感じで、逃げなければ、幸せになれる選択肢を見つけることはできません。

不必要なストレス溜めるくらいなら、「逃げる能力」を身につけてください。

「サクッと辞められる人」、「逃げることを肯定する人」が増えれば、「不満を持つ人」が相対的に減るので、社会にとってもいいことですよ。

環境はどんどん移したほうがいいです

一昔前は会社に長く在籍することに価値がありましたが、すでに終身雇用は崩壊した時代に入ってます。

転職する人も増えましたし、フリーランスも徐々に増えてますよね。

ひとつの会社にずっといるほうが、リスクは高くなります。

同じ会社に長く在籍することで、得られるスキルがたくさんあれば、もちろん問題ないでしょう。

しかし、なにも得られない会社に長く在籍しても、

  • 仕事内容や人間関係含め、社内のことに詳しくなるだけ
  • 社内フロー、社風に慣れるだけ
  • その環境の価値観に染まるだけ

上記のとおりでして、メリットはほとんどなく、転職市場でも評価されにくいです。

転職が当たり前の時代では、サクサク移動して、「適応力」や「コミュニケーション力」を身につけたほうが、結果的に評価は高まります。

短期間でコロコロ環境を変えることがどうしても気になるなら、「自分の生き方や働き方」、「仕事の選び方」、「企業の選び方」を、一度ゆっくり見直してみるといいですよ。

自分にとって苦に感じず、わりとラクに生きられる方法を考えてみてください。

  • どんな環境なら苦じゃないのか
  • どんな仕事なら苦じゃないのか
  • まわりにどんな人がいれば、生きやすいか

仕事を苦行にしても、得るものは少ないので、「苦に感じないこと」を仕事にすればいいです。

まとめ:気にすべきことは「まわりの生き方」ではなく、「自分の生き方」

まとめると、自分の道を選ぶのに、まわりを気にする必要はありません。

「逃げの転職はよくない」というAさん →「Aさんの生き方」
「逃げの転職はすべき」というBさん →「Bさんの生き方」

意見の食い違いが起きると、そのテーマ、議題では分かり合えないので、苦しむだけです。

絶対にしてはいけないことは、

「まわりの人間の生き方」のレールに、「自分の生き方」を乗せること

です。

他人のレールに乗ってしまうと、ストレスや不満がどんどん溜まっていってしまいますからね。。

他人の生き方に合わせてしまい、ストレスや不満が溜まった結果、

  • 幸せに感じることが少なくなり、生きづらくなる
  • 浪費ばかりして、消耗する
  • 暴飲暴食をして、不健康な体になる
  • 精神が崩壊して、立ち直れなくなる
  • 他人を口撃して、自分も苦しくなる

上記のようなパターンに陥る人が多いです。

歴史上に生き残った偉人には、逃げた人が多いです。

坂本龍馬は脱藩して、「逃げた」わけです。

桂小五郎(木戸孝允)は、「逃げの小五郎」「逃げの桂」というあだ名で呼ばれ、揶揄されていました。

この2人だけでなく、逃げてから、歴史上に名を残すくらいの活躍をした偉人は多いです。

逃げることは、悪ではありません。

「この会社で生きていくのは無理だ」「ここでは生きづらい」と思ったら、環境を変えてOKです。

逃げられず、ストレスや不満ばかり溜まっている人は、まず逃げることから始めてみてください。