「会社員だと、早く終わらせてしまうと次の仕事が来る…」
「会社員だと、早く終わらせても帰宅できるわけじゃない…」

会社員のよくある嘆きですね。「効率化すればするほど、損」という悩みです。

「効率化したとしても、大して給料上がるわけでもない…」

というのも、効率化を躊躇する原因かもしれません。こういう悩みは会社員の友人からも聞いたことあります。

フリーランスになると効率化すればするほど、「稼げる」「遊べる」「学習できる」という好循環が生まれます。

今回は、20代の会社員や駆け出しフリーランス向けに、

「フリーランスなら効率化を躊躇する必要なし。一人で仕事する強みを生かす」

というテーマでお話します。

この記事を書いているわたしは現役フリーランスですが、効率化しすぎて仕事がなくなった時は、平日昼から遊びに行ったり、新しいチャレンジをする時間にしてます。
会社員もフリーランスもどちらも経験したので、その過去の経験をベースに語ってまいります。

会社員だと、効率化してもたいして給料が上がらない

現代社会では、「残業禁止。生産性を高めよう」とする会社が増えてきてます。

ですが、実際のところ「生産性を高めることによるメリット」を感じられないという会社員のほうが多いと思います。

例えば、

  • 効率化することでまた余計な仕事が増える
  • 効率化しても早く帰れるわけではない
  • 効率化してもたいして給料が上がらない

上記のような職場のほうが圧倒的に多いと思うんですよね。
暇そうにしてると、「今何してる?」みたいな声がかかり、仕事が増えますし。

大手、中小企業含めて「生産性をアップさせよう」と社内で呼びかけてはいますが、実行したところで、翌年に年収が500万アップするわけでもないです…

  • 残業代もらうために残業をする人材
    →当然なにも価値を生まない人なので、市場価値は上がりません。
  • 生産性をアップしまくる人材
    →市場価値はうなぎのぼり

両者比べると、たしかに生産性が高い人材のほうが「市場価値」は大きく上がるかもしれませんが、生産性をアップしただけではいきなり時給が3000円アップなんてことにはならないです。

厳しい言い方かもしれませんが、雇われているだけなら「効率化してもたいして給料が上がらない」という悩みはずっと消えないですね。

フリーランスなら効率化を躊躇なくできる

わたしも会社員時代は、自分の目標も設定しつつ、会社の売上にどう貢献するか考えて、効率化する工夫をしていました。

  • タスク管理をして、集中できる時間に一気に終わらせる
  • 自分がやらなくても良い作業は、外注する
  • 仕事を振る側になって、後輩や同僚、先輩にも仕事を振る

1,2年目から上記のことをしてました。

ですが、効率化させて早く仕事を終わらせても、当然遊ぶわけにはいかないです。
当時は「あーもう帰りたい」「来月10万くらい月収上げてくれないかな」とか思いながら、定時までこっそり勉強する時間にしてましたね。

独立すれば、効率化すればするほど稼げるし、遊べる

独立してからはいらないことは考えず、躊躇せずに、効率化できます。

仕事を早く終わらせれば終わらせるほど、

  • 新しいスキル、知識を身につけられる
  • 平日昼間から遊ぶこともできる
  • 1週間くらい旅しつつ、仕事もできる
  • やりたい仕事を増やせる
  • やりたくない仕事は外注できる

上記のように、プラスしかないので、躊躇せずに効率化しまくれます。

会社員とは違い、こういう良い循環が生まれてくると、翌年には月収80万円、100万円達成とかできるようになります。

会社員だと、「仕事は終わってるけど、とりあえず定時まで粘って、デスクに座る」という感じの人が多いと思いますが、何もしなければその時間に「価値」はないですよね。
謎の待ち時間がつらいという人や、効率化して成果をたくさん出したいという人は、独立するのもアリですよ。

効率化して空いた時間、暇な時間ができることによる「罪悪感」は捨てていい

効率化すればするほど、時間が空きます。
仕事が来ても早く捌けば、暇な時間がたくさんできるということですね。

フリーランスの場合、仕事をしなくていい時間はけっこうあります。
駆け出しフリーランスだと、「やばい、仕事してない。みんな仕事してるから仕事しなきゃ」と思いがちですが、そういう罪悪感や不安はなくすべきです。

会社員のように、勤務時間も決まっているわけではありませんからね。

会社員の場合

  • 「定時の1時間前に仕事終わった。18時まで暇だなあ。自己学習しつつ粘るか。」
フリーランスの場合

  • 「14時くらいに仕事終わりそう。フリー仲間誘ってご飯でも行こう」
  • 「今日は6時間働いて、新しいスキルを磨く時間にしよう」
  • 「仕事は毎日6時間で十分。あとは好きなことしよう」
  • 「毎日4時間だけ仕事しつつ、ブログ育てよう」
  • 「1年のうち半年だけ働いて1年分稼いで、あとの半分は旅しよう」

など、フリーランスは「1年をどう使おうが」「1日をどう使おうが」自由なわけです。

自分の単価が時給5,000円くらいなら、1日4時間で2万円は稼ぐので、十分生活はできるんですよね。
ほかの時間で新しいビジネスに挑戦したり、好きなことしたり、遊んだりすることができるというのは、フリーランスの最大の強みだと思います。

暇なフリーランスを目指していい。それも一つの価値観

「忙しいって良いことだね」みたいなことを言う人が、ほんと多いなと感じてます。
個人的には、「忙しい」という状態より、「暇」という状態のほうが圧倒的に幸せに感じるかなと思います。

なぜなら、

  • 家族といられる時間が増える
  • 自分の時間が増える
  • 好きなことができる
  • 新しいチャレンジもできる
  • 旅もできる
  • 本、漫画読み放題

って普通に考えたら最高じゃないでしょうか?

たしかに仕事が大好きな人間も一部います。ですが、ほとんどの人は仕事が全てではないと思ってるはずです。

効率化して成果を出したうえで、自分の時給が5,000円くらいにでもなれば、1日4時間だけ働いても月40万円以上は稼げるわけです。(正直月15万くらいでも固定費削れば生活できます)
ほかの空いた時間で、好きなことにチャレンジすれば、今より稼げる可能性もあります。

なので、効率化してできた空いた時間、暇な時間で、わざわざ仕事をする必要はまったくないと、わたしは考えてます。
仕事量を増やすために効率化するなら、一生忙しいままですからね。

「会社で出世を目指せ」「正社員のほうがいい」とか色んな意見が世の中にはありますが、暇なフリーランスを目指すのも一つの価値観です。

暇なフリーランスになるためにも、一人で仕事する強みを生かして、効率化はどんどんしていきましょう。

まとめ

暇な時間を作りたい人や、効率化して成果をどんどん出したい人は、フリーランスになるといいです。

会社員のように、

  • 効率化することでまた余計な仕事が増える
  • 効率化しても早く帰れるわけではない
  • 効率化してもたいして給料が上がらない

という悩みを一気に解消できますからね。

フリーランスは、躊躇せずに効率化できるのが、最大のメリットです。
効率化すればするほど稼げて、暇な時間もたくさんできます。

効率化してできた時間で、

  • 新しいスキル、知識を身につける
  • 平日昼間から遊ぶ
  • 1週間くらい旅しつつ、ゆるく仕事する
  • やりたい仕事を増やす
  • やりたくない仕事は外注する
  • 家族といられる時間を増やす
  • 自分の時間を増やす
  • 好きなことをする
  • 新しいチャレンジをする
  • 本、漫画をたくさん読む

といったことができるので、無双します。

「忙しく働く」ということが、イコール「良いこと」ではありません。
「定時まで粘ってデスクに座る」ということが、イコール「価値や幸せを生む」わけではありません。

幸せになるためにも、効率的に生きていきましょう。