どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「駆け出しのフリーランスです。実績を増やすには、どうすればいいですか?」
「独立したばかりだけど、できるだけ低単価の仕事は避けたいです。」
「3年以上活躍するフリーランスさんの新米の頃の話を聞いてみたい。」

といった悩みに答えていこうと思います。

今回は、駆け出しのフリーランス、特にエンジニアやデザイナーの方向けに、

  • 実績を増やすなら、「やります!」と即答しまくるべき

というテーマでお話します。

この記事を書くわたしは、アラサーで現役フリーランスです。
独立して、3年以上経ちますが、ありがたいことに仕事が途切れることはないです。

新卒1年目のサラリーマンの頃から、副業を始めました。
実績をつくるために、やったことのない依頼に対しても、「やります!」と即答するように心がけていました。

即答することがクセになっていたので、独立する頃にはそこそこ実績が増えて、スムーズに独立できました。

そういった自分の過去の経験や、まわりの稼ぐフリーランスの経験をベースに解説します。

新米フリーランスは、実績を増やしたいなら、「やります!」と即答しよう

新米フリーランスは、実績を増やしたいなら、

  • やります!
  • できますよ!
  • やらせてください!
  • お任せください!
  • やりましょう!

という感じで、即答すべきです。

「やります」の一言をすぐに言うことから始めると、実績も増やしやすいですよ。

わたし自身、サラリーマン時代のときから、即答することを意識してました。

やったことがない、知識がないことでも、「やります!」「できます!」と即答できる人は強いです。
いわゆる「ハッタリ」ですね。

ハッタリをかます人は、根拠のない自信があるので、成長速度が早いです。

例えば、HTML、CSS、jQueryのスキルがそこそこ身についたタイミングで、「WordPressでWebサイト作れない?」と相談されたとします。

このときに大半の人は、

  • まだPHPの知識もなく、WordPressも触ったことないんですよね。。
  • WordPressのスキルが身についてからでもいいですか?
  • 今勉強中でして。。。

という感じで答えると思います。

この答え方は、多くのチャンスを逃すことになります。

ちょうど今回のテーマに合う記事を見つけたので、引用します。
下記は、ホリエモンのインタビュー記事です。

「うちのホームページを作ってくれない?」

1994年の暮れの話である。当時、「ホームページを作る」という行為が即座にイメージできないのは、僕だけではなかったはずだ。

内心かなり焦ってはいたものの、決してそれを顔には出さなかった。

そして当然、「ああ、あのことですね」といった口調で、自信満々にこう答えた。

「わかりました、ちょっと作ってみますね」

1994年というのは、パソコン通信からインターネットへ移行する過渡期にあたる。インターネットについての一般的な認知や普及は、ほとんど進んでいなかった。

僕は会社に戻るなり、大急ぎでホームページについて調べまくった。

先輩に聞いたり、書店で買い込んだ関連書籍を読み漁ったりしていくうちに、僕の心はどんどん高揚していった。

こ、こんな世界があったのか! そこには、圧倒的に自由な世界が横たわっていた。

僕はこうして持ち前のハッタリをかますことで、誰よりも早くインターネットに出合うことができた。

引用: 【無料試し読み】堀江貴文『ハッタリの流儀』

今ではホームページをつくることなんて難しくないですが、1990年代前半となると、ほとんど知っている人なんていなかったでしょう。
当然インターネットなんて普及してないですし、今みたいにMacやMicrosoftのオシャレなノートパソコンも存在してない時代です。

そういう時代に、「わかりました、やってみます」と即答してしまうので、すごいハッタリです。

行動が早い人、行動が遅い人、行動ができない人の違い

なにか相談が来たときに、

  • 行動が早い人は、「やります!」
  • 行動が遅い人は、「やってみたいです!」
  • 行動ができない人は、「やったことないので。。」

この違いですね。

ハッタリが言える人は、行動が早く、チャンスも逃さないです。

依頼する側、相談する側の視点に立ってみるべし

わたし自身、フリーランス仲間から、「こんな案件あるんだけど、手が回らないから、できませんか?」と相談を受けることも多いです。

そういうときのために、リソースを少し空けているので、「できますよ!」と即レスするようにしてます。

「案件の単価がいくらか」も確認しません。

なぜ、費用も聞かずに、即答するか。

「仕事に困っているから」とか「お金が欲しいから」ではありません。

理由は下記のとおり。

  • フリーランス仲間との信頼関係、コミュニティを大事にしているから
  • 困っている人間を助けるのは、人として当たり前で、正しいことだから
  • いつか自分に最高なチャンスをフリーランス仲間が導いてくれるかもしれないから

上記のとおりでして、別に見返りを求めているわけではなく、正しい行動をするのが最優先だと思ってます。

依頼する側の視点に立ってもらえば分かると思いますが、「やりますよ!」と即答されたら、気持ちいいですよね。
「この人は信頼できるから、良い案件をまた任せたい」とも思ってくれるでしょう。

駆け出しであまり実績がないフリーランスほど、「〇〇円以下の仕事は請けてない」という人が多いです。
初めて仕事の依頼をするときも、いきなり料金表送ってきたり、これはやりたくないと言いがちです。

やりたくないなら、やりたくないと言うことも大切ですが、「信頼を築く、仕事を交渉する、仕事を断る」段階も知ったほうがいいです。
「まだ断れるくらいのレベル、段階じゃないでしょ」とつい言いたくなる新人さんもたまに見かけるので…

駆け出し、新人とか関係なく、自分の損得ばかりを考えていると、チャンスが来なくなってしまいますよ。。。

まとめ:自分ならできると思い込むことも大事

繰り返しますが、ハッタリが言える人は、強いです。

ハッタリが言える人は、「自分ならできる」という根拠のない自信を持ってます。
この思い込み、根拠のない自信が大切だと思います。

フリーランスの場合、今は知識がなくてできないことでも、調べながらやればできることのほうが多いです。

「こんな案件あるんだけど、できませんか?」と相談を受けたときに、
「いやまだあまり詳しくないので。。」と答えるのではなく、
「できますよ!」とクールに答えることができれば、実績も増えていくと思います。

「できますよ!」と答えたら、ネットやら、本を買って、必死に調べながらやればいいだけです。

わたし自身、独立直後に、EC-CUBEの相談を頂いたときに触ったことなかったですが、「やります!」と答えてました。
答えた後は、自分でEC-CUBEをインストールして、ネットで調べまくりました。

実績を増やしたいなら、即答する。
そして、任された仕事は、誠心誠意やり抜く。

ということが大切です。

自信を持ち、信頼さえ得られば、自然と実績も増えていきます。