どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

フリーランスをしていると、下記のようなことを聞かれることがあります。

「フリーランスの時給(時間単価)ってどれくらいが相場なんですか?」
「個人で仕事すると、やっぱり儲かりますか?」
「スキルがなくても、フリーランスとしてやっていけますか?」

といったことを聞かれることが多いので、今回は答えていこうと思います。

商売なので、時給に換算すること自体がナンセンスですが、ここではわかりやすく時給という言葉を使います。

今回は、フリーランスを目指している方、もしくは駆け出しのフリーランス向けに、

  • 受託で「時間単価1万円以上」の高単価案件を獲得するための3つの戦略
  • フリーランスとして受託で稼ぐために考えておきたい3つの軸
  • ノースキルの未経験者のためのステップアップ

についてカンタンにまとめていこうと思います。

※本記事では、エンジニアを例に出すことが多いですが、デザイナーも基本的には同じ考え方なので、参考にどうぞ。

この記事を書くわたしは現在フリーランスですが、「スタートアップ → Web系企業・副業ワーカー → スクール講師」というキャリアを歩んできました。

過去の自分自身の経験と、まわりのフリーランス仲間の話をベースに執筆しますので、参考にどうぞ。

Web系フリーランスは完全実力主義。やり方次第で時給数万円にもなれば、1000円にもなる

Web系フリーランスは、完全に実力主義の世界なので、単価は上から下まで大きく差があります。

「時間単価〇万円」レベルの人もいれば、「時間単価1,000円」レベルの人もいるのは事実です。

つまり、「やり方」や「スキル」次第ということです(後ほど戦略を解説します)。

時間単価1,000円前後のフリーランスは、未経験から独立した「駆け出しのWebライター」とかに多い印象がありますね。

1日数万文字を書いて、月収20万円前後だとけっこうつらいと思います…

個人的には「時間単価1万円以上 = 高単価案件」と思っているので、この単価レベルの案件獲得を目指すべき。

では、どうすれば「時間単価〇万円」を超えるか。

戦略を3つほど挙げたいと思います。

  • 自サイトから毎月コンスタントに受注する
  • Web系企業と直契約してプロジェクトに参画する
  • 少人数のフリーランスチームを組む

上記3つができれば、単価は跳ね上がりやすいです。

ひとつずつ解説します。

自サイトから毎月コンスタントに受注する

まずは、営業・集客用として使う「自社サイト」をつくることをオススメします。

凝ったサイトはつくる必要なく、下記を載せおけば問題ありません。

  • サービス内容
  • 料金表
  • 実績(ポートフォリオ)
  • お問い合わせフォーム

サイト経由で「優良案件」をコンスタントに獲得できるようになると、仕事には困らないです。

例えばですが、WordPressの企業サイト制作プランを載せたとします。

  • 5ページ制作(トップページ、サービス、会社概要、ブログ、お問い合わせ)
  • WordPress構築・初期設定
  • レスポンシブ対応
  • ドメイン・サーバーの初期設定
  • テンプレートを利用

合計:20万円

上記のプランを毎月3件回せれば、「月収60万円」になりますね。

ちなみにですが、上記の内容で「20万円」はけっこう安いほうです。

昔わたしがお世話になったWeb系企業は、上記のようなプランで「100万円前後」でした。

Web系企業と直契約してプロジェクトに参画する

受託系企業、自社開発系企業のどちらでもいいですが、「資金力のある企業」や「実績が豊富な企業」と直接契約を結んで、案件に参画するのも単価が高くなりやすいですよ。

「請負契約」でトラブルに巻き込まれるフリーランスもいるので、もしトラブルが心配であれば「準委任契約」で結ぶことをオススメします。

わたしが「請負契約」をする場合は、毎回契約書の合意をもとに契約しているので、トラブルになったことはほぼありません。

メモ

  • 請負契約:成果物を完成させて納品しなければ、報酬は支払われない
  • 準委任契約:成果物を完成させる責任はなく、報酬の支払いは一定期間ごと

高単価案件を獲得したいなら企業と直契約してプロジェクトに参画することをオススメしていますが、「自分で案件を探すのは面倒」という方もなかにはいると思います。

「仕事が獲得できなかったらどうしよう…」と不安に思うのであれば、フリーランス向けのエージェントを活用するといいですよ。

特にフリーランスエンジニア向けのエージェントは急増したので、スキルさえあれば仕事には困らないはず。

下記記事でも解説していますが、エージェントを利用する場合は営業もしなくていいですし、基本的には準委任契約が適用されるはずなので、安心して仕事ができると思います。

少人数のフリーランスチームを組む

  • プログラミングができるなら、デザイナーと組む
  • デザインができるなら、エンジニアと組む
  • 営業が苦手なら、営業もできるディレクターと組む

という感じで、自分の苦手なことを補ってくれる人とチームを組んで、企業から受注するパターンですね。

わたしも副業を始めた頃は、知り合ったフリーランスとチームを組んで実績を積んでいました。

フリーランスチームとして、しっかりした組織をつくると、企業から大きな仕事を頂きやすいんですよね。

個人で引き受けるより単価も上がりやすいので、ひとりひとり実績を積みながら稼ぐことも可能になります。

従業員を雇うと固定費がかかりますが、フリーランスチームなら固定費は少ないので、その分クライアントにも付加価値を還元できると思っています。

フリーランスとして受託で稼ぐために考えておきたい3つの軸

Web系フリーランスは「実力主義」の世界ですが、時間単価をアップするうえで下記の3つが重要だと思っています。

  • スキル
  • 実績、経験
  • 横のつながり

上記の3つは「資産」です。

3つの資産を増やすことで、単価もアップさせることができます。

技術力で突き抜けるか、スキルを掛け合わせるか

技術だけで勝負するなら、突き抜けなければいけません。

例えばですが、下記のようにエンジニアにも様々なタイプがいます。

  • エンジニアAさん:技術力は圧倒的に高く、どんな言語でも対応可能。技術なら何を任せてもいい
  • エンジニアBさん:技術力はCさんより高いがAさんほどではない。言語はひとつだけ習得している
  • エンジニアCさん:技術力はそこそこだけど、マーケティングスキル、ビジネス知識を持ち、コミュ力が高い

上記3人で比べると、AさんかCさんに仕事依頼が多く舞い込むと思います(→技術ならAさん、ビジネスならCさん)。

プログラミングが好きなら、圧倒的な技術力を身につけて突き抜けるべき。

もしそうでないなら、ほかのスキルと掛け合わせて勝負すべきでして、中途半端が一番良くないです。

このあたりの話は、下記の記事でも深堀りしていますので、参考にどうぞ。

実績と経験は、雇われて積むべき

賛否両論あるのは承知ですが、個人的にはまず未経験者なら「経験」と「実績」を積むために、雇われておいたほうが得策です。

「実績豊富な企業」や「儲かっている企業」で雇われながら、実務経験を積んで、合間に自分のビジネスも構築していけばいいと思います。

IT系の中小企業に入れば、ビジネス全体のことも学べますし、組織全体(会社、デザイナー、エンジニア、ライターなど)のことも理解できるでしょう。

中小企業ではなく、有名なIT企業に入れば、経歴書で有利に働くこともあります。

日本人は肩書が大好きなので、「社名・ブランド」は強いですからね。

「〇〇で2年ほど働いていた」 → 「すごい人かも」

「〇〇のサービスを開発した実績がある」 → 「すごい人かも」

という感じで、転職もしくは独立するときに役に立つかもしれません。

とはいえ、実力が伴っていないと「肩書」とか「実績」は無意味ですが…

肩書はそれほど重要なわけではないので、「看板に頼る」のではなく、「自分の名前で指名される」ことを意識して、経験を積んでほしいなと。

20代なら、まずは「徹底的にスキルを磨くこと」を一番に考えるべき。

そして、「実務経験を積むこと」を重視してください。

なので、求人を探すときは企業規模を考えるのではなく、「スキルを磨ける環境か」「経験を積めるか」で考えるといいです。

フリーランスは横のつながりが大切

取引先はひとつの会社に絞って頼るのはキケンなので、やめたほうがいいです。

その会社との取引がなくなった瞬間に収入がゼロになりますからね。

受託で生きるのであれば、常に複数社と取引してリスクを分散しておくべき。

また、フリーランス同士の横のつながりは太くしておきましょう。

太ければ太いほど、お互いに助け合いできます。

横のつながりは「ただ闇雲に人脈を広げろ」ということではなく、「信頼できる仕事仲間を見つけておくべき」ということ。

信頼できるフリーランスがまわりに1人でもいると、お互いに仕事を紹介したり、プロジェクトの参画につながることもあります。

仕事がなくなったときに、「なにか手伝うことありますか?」の一言で案件を紹介してもらえるくらい横のつながりがあると、生き残りやすいですよ。

まとめ:ノースキルから未経験で独立して稼ぐ人もいるが、オススメはしない

独立すると、

  • 有名企業で3年ほど働き、独立した駆け出しフリーランス
  • 丁寧な仕事をするコスパのいい主婦(主夫)
  • 独立10年目のベテランフリーランス
  • ノースキルから始めて、猛烈に働き稼げるようになったフリーランス

など様々なタイプのフリーランスと同じ土俵に立つことになります。

「スキルなしの未経験」がフリーランスとして参入すると、低単価で苦しむ可能性が高まります。

低単価で苦しんでいるなら仕事が獲得できているのでまだマシかもしれませんが、収入がゼロの可能性だってあり得ることです。

もちろん3年くらい低い収入、もしくは収入がほとんどない状態でも耐えられる覚悟があるなら、ノースキルで独立するのは構わないと思います。

実際、わたしのまわりにも、未経験でコツコツと続けて、今は法人化して人を雇うレベルになった人もいますからね。

覚悟・実行・継続」できる人なら、未経験でも稼げるようになるはず。

いきなり独立する覚悟がないなら、下記のように着実にステップを踏むべき。

  • まずは「スキル」を磨く
  • Web系企業に転職し、実務経験を積み、「実績」を増やす
  • 社内外で横のつながりも太くする
  • 自サイトをつくり、受託案件をサイト経由で
  • 余裕があれば、自己発信もする
  • 副業を始め、取引先を最低2社探す

上記のように経験を積み重ねて、信頼度をアップすれば、独立しても「時間単価〇万円」案件を獲得できるはずです。

いきなりフリーランスになるか、それとも企業に入るかは、自分でじっくり考えていただければと思います。

兎にも角にも、単価アップするためには、まずは「スキル」と「経験」の積み重ねをしてください。

関連記事もどうぞ

下記記事は、「これから就職、転職をするなら、IT業界を目指すべき理由」について語っています。

下記記事は、今の会社の給料に不満がある社会人向けに、「IT・Web系の仕事なら時間単価5000円以上を目指せる」というテーマでお話していますので、参考にどうぞ。

下記記事は、これからWeb系に就職(転職)したい方向けに、「IT・Web系の仕事をするなら、フリーランスになったほうがいい理由」をお話しています。

安易にフリーランスを推奨する記事ではありません。