どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「フリーランスを目指したいけど、実際にリモートで働く人の一日を知りたい…」
「将来的には独立したいけど、フリーの働き方はどうなのか聞いてみたい…」
「フリーランスの働く環境や、仕事はなにをしているのか気になる…」

という疑問にお答えします。

今回は、リモートワークやフリーランスに興味がある方向けに、

「現役フリーランスの一日」
「リモートワークの働き方」
「独立してから常に意識していること」

ということについて現役フリーランス・リモートワーカーがお話します。

「リモートワークで働くのもアリだな」と思っていただけるくらいイメージしやすいように解説します。

この記事を書くわたしは、新卒でWeb系企業に入社して、1年目から副業を開始。
継続した結果、2年目には副業収入が、会社の給料をはるかに超え、独立しました。

現在は、フリーランスとして、リモートで仕事しながら自由に生活してます。

過去の経験からお答えします。

現役フリーランスのわたしの基本スケジュール【働き方をご紹介】

まずは、現役フリーランスであるわたしの基本スケジュールをご紹介します。

  • 起床:08:00
  • 朝食等
  • ブログ:09:00-12:00
  • 昼食等
  • 仕事:13:00-17:00
  • 運動(※1):17:00-18:00
  • お風呂・夕食等
  • 自由(※2):20:00-25:00
  • 就寝
  • ※1 運動:だいたい週1〜3日くらい。5km〜10km走るのがメインです。
  • ※2 自由:読書、学習、仕事、好きなこと、など日によって変わります。

ざっくりですが、基本スケジュールはこんな感じ。

たまに深夜まで仕事することもあれば、3時間くらいしか仕事しないときもあります。
フリーランス仲間や友人と平日昼間からご飯行くときもありますし、1週間くらい仕事しないで、旅行に行くこともあります。

ちなみに独立前の基本スケジュールは、下記です。

  • 起床:07:00
  • 朝食等
  • 通勤:約45分
  • 会社で仕事:09:00-19:00
  • 通勤:約45分
  • お風呂・夕食等
  • 学習か副業:22:00-25:00
  • 就寝

会社員のときはこんな感じですね。

満員電車での通勤がとにかく苦痛でした…
学習や副業時間は、2時間〜3時間取れるようになんとか仕事を終わらせてましたね。

残業が続いた日は帰宅が21時とかになったりもするので、何もできない日は地獄です。

独立前と独立後を比べてみてもらうと分かると思いますが、独立前より独立後のほうが、自由時間も睡眠時間も増えました。
とにかく今はストレスが減って幸せです。

メインの仕事はなんですか?仕事はどうしてますか?

基本的には、Webの仕事をメインにしてます。
オンラインでできることしかやらないスタイルです。

仕事内容は下記です。

  • Webサイト制作事業
  • Webコンサル事業
  • メディア運営

もう少し具体的にお話します。

Webサイト制作事業

  • 自サイトからの依頼:中小企業、個人事業主がメイン
  • Web系企業からの依頼:大手企業案件がメイン
  • フリー仲間からの依頼:コーディング案件がメイン

自サイトは、このブログとは別ですが、お問い合わせを頂いた企業や個人の方のサイトを制作してます。

企画、コーディングがメインですね。
デザインはたまにやる程度で、基本わたしより優秀な知り合いのデザイナーに任せることが多いです。

Webコンサル事業

  • 企業のメディア、SNSなどの運用アドバイスがメイン
  • サイトの更新、修正

月々いくらという感じで、Webに関するコンサルをしてます。
クライアントは、中小企業が多いですね。

ほかは、メディア運営、FXとか合間でやってます。

受託系のお仕事は、やるかどうかはすべて自分で決めるので、お断りする場合も多いです。
自分と合わなそうだなと思ったクライアントは、特別な理由がない限り、断りますね。

駆け出しの頃は、8時間以上受託系の仕事をしてましたが、単価が上がってきて最近は8時間もやらないです。

仕事はどこでしてますか?打ち合わせとか会食はあまりないですか?

基本家が多いですね。
たまに近くのカフェとかコワーキングスペースとか活用しますが、ひきこもりスタイルが一番集中できるので、部屋でやってます。

ガツガツ営業をしないスタイルを取ってるので、あまり打ち合わせも会食も行かないです。
内向的な性格でもありますし、あまりお酒も得意ではないので…

フリー仲間とはご飯行くことはよくありますね。
仕事の話もしますし、くだらない話もしてます(笑)

仕事のやりとりは、チャットワーク、Skype、Slackでしてます。

チャットワークでのやりとり

上記はクライアントとのやりとりの一部ですが、信頼関係さえ成り立てば、チャットだけでサクサク案件を進められるので、打ち合わせとかはあまりありません。

リモートワークをしてから常に意識していることは2つ

リモートワークをしてから常に意識していることは、

  • 自己管理
  • 誠実な対応

この2つだけです。

自己管理

いちばん大切なのは、「自己管理」ですね。

  • 健康管理
  • タスク管理

とかが当てはまります。

一日中寝てサボっていたら、当然仕事をしていないので、収入もゼロです。
体調ばかり崩してしまっても、収入はゼロです。

なので、健康に気を使ったり、生活習慣を整えることは必須ですね。
気を抜くと、生活リズムが夜型になってしまうのはよくありますが…

長時間座りっぱなし、外出もしないとなると、健康にも悪いので、

  • 日光、風を浴びる
  • 適度な運動
  • 仕事中もたまに立ち上がってストレッチ

ということを徹底しましょう。

また、仕事の面では、納期を守れなきゃ信用を失います。
クライアントとの信頼関係がリモートワークでは重要なので、絶対にやるべきことは期限までにやらなければいけません。

仕事を効率よく終わらせるために、自分なりにタスクを管理することが重要です。

誠実な対応

リモートワークでは、「信頼関係」がかなり重要です。

例えば、メールの返信に3日や5日かかっているようでは、信頼を失います。

わたし自身、メールのチェックは午前中のタスクが終わった後と、一日のタスクが終わった後にしてます。
返信を翌日以降に持ち越すことはなく、なるべく24時間以内に対応するよう心がけてます。

また、納品する成果物の質も悪ければ、信頼を失います。

クライアントの期待を裏切れば、長続きしません。
期待を超える成果を出すことが大切です。

ひとつひとつ誠実に対応することが、信頼を積み重ねていくことにつながるので、対応には気をつけてください。

リモートワークをしたいなら、プログラミングを身につけるのが一番オススメ

リモートワーク = 基本的に場所を選ばずどこでもできる仕事

場所を選ばないということは、ITスキルは必須になります。

ITスキルとは。具体例を挙げると、

  • Webライティング
  • Webデザイン
  • プログラミング
  • Webマーケティング

などなど。

上記のどれかを身につけておくといいです。

なので、もしこれからリモートワークをしたいという方は、

  • ライター:Webライティングスキル必須
  • デザイナー:Webデザインスキル必須
  • エンジニア:プログラミングスキル必須
  • マーケター:Webマーケティングスキル必須

上記職種を目指すといいですよ。

個人的には、プログラミングがオススメですね。

理由は、リモートワークの求人で一番数が多いからです。
未経験から目指すこともできるので、スキルさえ身につけてしまえば、リモートワークを実現しやすいです。

まとめ

リモートワーク = 基本的に場所を選ばずどこでもできる仕事

場所を選ばないということは、ITスキルは必須になります。

リモートワークに興味がある方は、下記のどれかのスキルを身につけておくといいです。

  • ライター:Webライティングスキル必須
  • デザイナー:Webデザインスキル必須
  • エンジニア:プログラミングスキル必須
  • マーケター:Webマーケティングスキル必須

上記どれかひとつ身につけるだけでリモートワークを実現できるのですが、スキルを掛け合わせることでさらに稼げるようになりますよ。

また、リモートワークするうえで、

  • 自己管理
  • 誠実な対応

上記2つは最低限やりましょう。

というわけで、今回は以上です。

下記記事もよく読まれてますので、参考にしてください。