どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

わたし自身、Web系スクールで講師をしていたこともあり、プログラミング初心者レベルの方から質問をいただくことがあります。

ランディングページ(LP)をつくれるようになった初心者の方から、下記の質問をいただきました。

「HTML、CSSを身につけて、LPも作れるようになりました。次のステップとして、どこを目指そうか悩んでいます…」
「LP案件を受注して月5万円を達成できました。まだまだスキルを磨きたいのですが、なにを身につけるべきですか?」

脱初心者の第一歩として、次のステップをどうすべきか悩む方も多いと思います。

そこで今回は、HTMLとCSSでサイトを作れるようになった初心者や、LP案件で月3〜5万円ほど稼げるようになった初心者向けに、

  • フロントエンド基礎スキルを身につけた後の次のステップ【戦略は3つ】
  • 技術を磨けば稼げるわけではない

というテーマでお話します。

この記事でフロントエンドとバックエンドといった言葉が出てきますが、違いがよく理解できていない方は、下記を覚えておいてください。

  • フロントエンドエンジニア
    →HTML、CSS、JavaScriptなどのスキルを活用して、Webサイトやサービスの表側(見た目)をつくる
  • バックエンドエンジニア
    →PHPやRubyなどサーバー言語スキルとデータベースの知識を活用して、Webサイトやサービスの裏側(機能、データ)をつくる

フロントエンド基礎スキルを身につけてから月5万円を稼いだ後のプランは「3つ」

HTML、CSSを身につけた後の戦略として、下記3つがあります。

  • JavaScriptを極めて、フロントエンドエンジニアになる
  • PHPもしくはRubyを学び、バックエンドエンジニアになる
  • WordPressを学びながらデザイナーを探して、案件を受託する

上記ひとつずつ深堀りしていこうと思います。

JavaScriptを極めて、フロントエンドエンジニアになる

フロントエンドエンジニアは「UI」を開発・実装するのがメインのお仕事です。

※UI:ここでは、Webサービスなどの見た目、デザインに関することだと思ってください。

オシャレかつスムーズに動くアニメーションをゴリゴリ実装できるフロントエンドエンジニアも需要が高いので、ひたすらCSSとJavaScriptを極めるのもアリですね。

最近では、フロントエンドの技術だけでもバックエンドをカバーできてしまうくらい、技術も進化しています。

Googleが開発する「Firebase」というバックエンドの機能を提供してくれるものもあるので、フロントエンドの技術さえあれば、簡単な仕組みのサービスを開発することも可能です。

また、フロントエンドのJavaScriptではなく、バックエンドの「Node.js」をフロントエンドエンジニアが書くこともあります。

※Node.js:使用する言語はJavaScriptですが、厳密にはバックエンドです。

今後、バックエンドやインフラ面をカバーできるサービスも進化する可能性もあるので、フロントエンドエンジニアの需要も今よりさらに高まってくると思っています。

Udemyでも、「JavaScript」「Firebase」「Node.js」を学べる動画があるので、一度チェックしてみると良いですよ。

下記、フロントエンドエンジニア向けの動画もオススメ。

フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門

PHPもしくはRubyを学び、バックエンドエンジニアになる

「Webサイト」や「Webサービスのプロトタイプ」を作るくらいならフロントエンドの技術のみでも問題ないかもしれませんが、しっかり事業としてWebサービスを開発するならバックエンドの技術がまだまだ必要だと思います。

バックエンドだと、特に「PHP」と「Ruby」は需要が多いですね。

フロントエンドの基礎を学んだ後に、これらのバックエンド技術を身につけて、バックエンドエンジニアとしてスタートアップに就職するのもオススメです。

わたしの場合、キャリアの初期は「フロントエンドの基礎を学ぶ → スタートアップに飛び込む → Rubyに触れる」という感じでした。

Rubyの場合は、フレームワークのひとつである「Ruby on Rails」が、スタートアップ企業で採用されることが多いです。

PHPの場合、

  • フレームワーク(Laravel、CakePHP)→スタートアップも採用
  • WordPress開発 → 需要も単価も高いお宝案件が豊富
  • EC-CUBE開発 → ECサイト案件で7桁クラスの案件が狙える

上記のとおりできることが多く、需要もまだまだ多いので、個人的には「PHP」を推してます。

フルスタックエンジニアとして活躍したいのであれば、バックエンドもカバーできて、AWSなどのインフラもカバーできるとかなり強いですね。

大規模なサービスを運営する企業に入れば、インフラエンジニアもいると思いますが、最近はインフラもカバーできるバックエンドエンジニアが増えてきたなと感じています(→特にスタートアップで)。

個人的な主観になりますが、バックエンドはフロントエンドとは違い、「UI(デザイン)」に関わることはあまりないです。

なので、デザインにそこまで興味がないエンジニアはバックエンドを極める印象がありますね。

フロントエンドかバックエンドを極めるかは結局好みになってくると思いますが、どちらもすぐに仕事がなくなることはないですし、エンジニア需要も多いので、「興味を持ったらまずかじってみること」をオススメします。

Udemyで、PHPとRubyを学べるのでチェックしてみてください。

バックエンドエンジニアを目指したい方に、オススメの講座は下記です。

よくわかるRuby on Rails入門 オンライン講座

【Web開発初心者向け!】Web開発入門完全攻略 充実の18時間コース

WordPressを学びながらデザイナーを探して、案件を受託する

HTML、CSS、jQueryを学んでからLP案件をこなした後に、「WordPress系エンジニア」になる人もけっこう多いです。

わたしの場合、キャリア初期はRubyを触っていたのですが、「WordPressで企業サイトつくって欲しい」という相談がきっかけとなり、「PHP+WordPress」でも本格的に開発するようになりました。

WordPressは、PHPで開発されているCMSのことですが、PHPの基礎レベルが分かれば、「Webサイト」や「Webサービス」を開発することができます。

※CMS(コンテンツ管理システム):ここでは、WebサイトやWebサービスなどをつくるためのアプリケーションだと思ってください。

「Laravel」などのフレームワークでも、「Webメディア」や「Webサービス」を作ることは可能ですが、時間がかかります。

WordPressを使えば、必要な機能はすでに備わっているうえに、便利な機能をたくさん追加できる(プラグインという拡張機能のようなものがある)ので、ゼロからPHPで構築していくよりもWordPressをカスタマイズしたほうが圧倒的に早いですね。

世界で最も人気なCMSのひとつであるWordPressは、「開発のしやすさ」で選ばれているわけです。

初心者は「PHP」と「WordPress」から身につけたほうが、就職・転職もしやすいですし、個人案件も獲得しやすいので、オススメです。

WordPressの開発スキルを身につけて、月7桁クラスを稼ぐフリーランスエンジニアもたくさん存在するので、フリーランスになりたい方はWordPressも触ってみてください。

フロントエンド、バックエンドに限らず、時代の潮流を意識すべき

技術の進歩が早いエンジニア業界では、これまで身につけた技術が突然廃れていくことも十分ありえる話です。

これは、「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」「WordPress系エンジニア」「ネイティブアプリエンジニア」すべての職種に当てはまります。

わたし自身、学生時代に「Flash」というアニメーションを作成する技術に触れたことがありますが、下記記事のとおり、スティーブ・ジョブズに切り捨てられてしまい、廃れてしまった事例もあります。

iPhoneを発表したスティーブ・ジョブズは、この革新的なスマートフォンからアドビシステムズの「Flash」を切り捨てた。ジョブズいわく、あまりにセキュリティが脆弱なうえメモリーを大量に消費し、指先での操作には向いておらず、しかもアドビによる閉鎖的な技術だったからだ。

引用:アドビの「Flash」、今度こそ本当に終了──おかげでウェブはもっと安全で軽くなる

個人的には、「フロントエンドエンジニア」も「バックエンドエンジニア」も「WordPress系エンジニア」もまだまだ活躍できると思っています。

なので、「次に廃れる技術はなにか」「今使っている技術の将来性はあるか」ということを考えて、スキルアップしてください。

これからの時代で価値の上がるエンジニアは、3つある

  • コミュニケーション能力の高いエンジニア
  • ビジネスやマーケティングの知識が豊富なエンジニア
  • 個人で稼げるスキルを複数掛け合わせているエンジニア

上記のとおりです。

コミュニケーション能力の高いエンジニア」は、社内やチーム内のメンバーのハブになる存在です。

プロジェクトが進めるうえで大切なのは、マネージャー、ディレクター、デザイナー、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアなど様々なポジションの人材との連携です。

エンジニアはコミュ力が低い人も多いので、主体的にメンバーとコミュニケーションが取れるエンジニアは価値が高くなりやすいと思っています。

ビジネスやマーケティングの知識が豊富なエンジニア」は、会社や事業の成長を一番に考えて行動できる存在です。

どんなに技術力があっても、会社や事業の成長を考えていないのであれば、会社も事業も潰すことになってしまいます。

ビジネスに詳しく、マーケティングの知識も豊富なエンジニアは、どの会社でも活躍できるでしょう。

個人で稼げるスキルを複数掛け合わせているエンジニア」は、プログラミング以外のITスキルを持っていて、なおかつ個人でも稼いでいる存在のことを指しています。

プログラミングのほかにも、自分のビジネスを持っている人は強いですね。

例えばですが、ブログやYouTubeは良い例だと思っています。

発信力が高ければ、仕事も舞い込んでくるチャンスは増えるでしょう。

まとめ:収入を上げることが目的なら、技術は追い求めなくても良い

「どんなスキルを磨くべきか」戦略をお話してきましたが、収入をアップさせることが目的なら技術は追い求める必要はなくて、「高単価かつ時間をかけずにできる案件」を中心に受注したほうがラクです。

「フロントエンド+WordPress+PHP」さえできれば、月7桁クラスも十分に目指せますからね。

稼働2日ほどの時間で40万円くらい稼げるお宝案件もあるので、技術以外のスキルを磨くのもアリだと思っています。

「純粋にプログラミング、コードを書くことが大好きな人」や「モダンな環境でコードを書いている自分が好きな人」は、技術を常に追い求めたほうがいいです。

自分の性格や目的に合わせて、方針を決めてください。

例えば、

  • とにかく目新しいものが好きなら → 常に新しい技術に触れ続ける
  • つくりたいサービスがあるなら → 必要な技術を実践で磨く
  • ゆるく案件もこなしつつ、他の事業もやりたい → 最低限の技術力があれば良し

上記のとおりでして、自分の目的に沿って、プログラミングスキルを身につけてください。

月額の保守案件、高単価案件を軽くこなしつつ、メディアやYouTubeで発信したり、ファッションブランドを立ち上げてECサイトを運営したりと、エンジニアとして生きるための方法はたくさんありますよ。

ちなみにわたしの知り合いエンジニアは、エンジニアの仕事以外にも、自分で洋服をプロデュースして、ECサイトも自分で開発して運営しています。

収入を上げるためには、「技術を磨かなければいけない」というわけではないので、時流も追いかけつつ、自分のライフスタイルに適したやり方でプログラミングを楽しんでもらえればと思います。

必ずしも「技術力が高い = 優秀なエンジニア」という図式が成り立たないことだけは頭に入れて、次のステップへ進みましょう。

関連記事はこちら