どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「フリーランスを目指してます。情報収集のコツをフリーランスから聞きたい」
「情報を得るためにググることが大切と聞くけど、信頼できない情報も多い…」

上記の悩みに答えていこうと思います。

今回は、20代の学生や社会人向けに、

  • 情報収集をするうえでの3つのコツ

というテーマでお話します。

この記事を書いているわたしは、アラサーで現役フリーランスです。
「スタートアップ → Web系企業・副業ワーカー → フリーランス」というキャリアを歩んできました。

過去にWeb系スクールで講師も経験しており、社会人や学生にもプログラミングを教えてきたのですが、「情報収集のコツとかありますか?」と聞かれたことがあったので、今回記事にすることにしました。

過去の経験や、自分の情報収集のポイントを伝えていこうと思います。

情報収集のコツは、アウトプットを前提にして、絞って選ぶ、捨てる

情報収集のコツは、下記のとおりです。

  • アウトプットすることを前提に
  • 情報を絞って選ぶ
  • 情報を捨てる

この3つです。

ひとつずつ解説します。

アウトプットすることを前提に

情報を得ようとすることはいいですが、情報を得る目的を一度確認しましょう。

情報を得る目的とは、

  • 自分の人生を豊かにするため
  • 自分の目的や目標を達成するため
  • 自分が持っている課題や悩みを解決するため

上記が目的なはずですよね。

ただ情報を拾っているだけでは意味がありません。
情報を理解して活用していかなければ、時間がムダになるだけです。

例えば、トレードを始めるときに、FXの入門書を買ったとします。

FXの入門書には、「FXとはなにか」「損切りをなぜしないといけないのか」「ファンダメンタルズとテクニカルの違いとは」といった基本的な内容が盛り込まれているケースが多いです。
読み込むのはいいですが、全ページただ読んだだけで、はたして本当に理解したと言えるでしょうか?

実際にトレードをしてみないと、「損切りの重要さ」、「レバレッジはほどほどに」というようなことが実感できるわけないですよ。

Webマーケティングやライティングの本を読むときも同じです。
「マーケティングとはなにか」「どうすれば読者は動くか」ということを本で読んで理解することは難しいです。

実際にサイトを運営したり、文章を書かなければ、マーケティングも読者も理解できないでしょう。

本を読んだりしてインプットすることは大切ですが、アウトプット(実践)なきインプットは、本当の意味で「理解した」とは言えないです。

学校とは違い、ビジネスの世界では「正解がない問題」に向き合って答えを出さなければいけないので、本の内容は「正解」だとしても、自分が向き合っている問題では「不正解」ということもありうることです。

アウトプットを想定

必要な情報のインプット

アウトプット(試す)

問題を解決するためのインプット

アウトプット(改善)

という感じで、アウトプット前提で、情報をインプットしていきましょう。

情報を絞って選ぶ

情報をインプットするときに、いろんな文献を探すことがあります。

例えばの話ですが、ブログを始めたばかりという人であれば、

  • ブログは質が大切
  • ブログは量が大切

という真逆の意見を耳にしたことがあると思います。

月100万円以上稼いでいるブロガーのなかでも、「ブログは質が大切」と言う人もいれば、「ブログは量が大切」と言う人もいますが、どっちも正解なんですよね。

「自分にとってどちらのスタイルが合うのか」、試しつつ、選ぶことが大切です。

自分にとって必要な情報に絞って選択していきましょう。

情報を捨てる

現代人が受け取る情報量は、江戸時代と比べると、どれくらいか知っていますか?

現代人が1日で得る情報は、「江戸時代の1年分」と言われてます。
昔の人間と脳の構造は変わらないはずですが、得ている情報は、膨大な量ですよね。

考えてみてください。テレビではどんな情報が流れてきますか?

  • 芸能人の結婚・不倫・離婚
  • 有名人や企業の不祥事
  • 海外のエンタメニュース
  • ドラマや映画の宣伝
  • 韓国政治家の不正疑惑

などなど。挙げればキリないですが、朝やお昼のニュースはだいたいこんな感じですよね。

江戸時代、それ以前の時代では、こういった他人のニュースや他国のニュースは、庶民にはほとんど耳に入ってこないでしょう。
なので、知らなくても別に生きるうえでは必要ありません。

2019年末は「韓国の大統領側近の不正」のニュースをよく目にしましたが、ぶっちゃけわたしの人生に影響ないので、あまり見てないです。
当然詳しくないので、コメントもしないです。

芸能人の不倫に対して、「批判コメントを書いている・読んでいる」人もたくさんいますが、自分たちの人生には影響がないはずなので、時間をムダにしすぎですね。

「生きるため、自分の人生を豊かにするために、必要な情報かどうか」を一度考えてほしいです。
いらない情報をシャットアウトすることで、「世の中の情報のほとんどは不必要な情報ばかりだ」と気づくはずですよ。

不必要な情報はどんどん捨てていきましょう。
時事ネタとかは、知らなくても他人が教えてくれますからね。

テレビやネットも「一部分だけ切り取った情報」が多い

  • NHKや民放のニュース番組
  • 有名雑誌の記事
  • 有名ブロガーが書いている記事
  • 大手企業が運営するWebメディア
  • インフルエンサーのSNS

上記から得る情報は、比較的信頼されやすいと思います。

しかし、間違った情報や、「一部分だけ切り取っているな」と感じる情報がけっこう多いんですよね。

特にテレビ業界は、視聴率を上げるために、過度に見せるニュースが多すぎます。
例えば、韓国の「反日デモ」とか「日本製品の不買運動」に関することなどですね。

こういった間違った情報は、鵜呑みにしてはいけません。

一部だけ切り取った情報に関しては、全体を見て判断しなければいけません。

本当にこの情報は正しいのか」を自分の頭で考えるクセをつけてください。
できなければ、「頭がいいと言われている人たち」に一生搾取され続けてしまいます。

まとめ:情報を自分から取り、様々な視点から、全体像を把握せよ

最後なのでまとめます。
情報収集のコツは、下記のとおりです。

  • アウトプットすることを前提に
  • 情報を絞って選ぶ
  • 情報を捨てる

この3つです。

普段から情報を自分から取りに行くクセをつけ、様々な立場から見て(想像して)、全体像を把握することが大切です。
これこそが、「自分の頭で考える」ということでもあります。

注意点は、発信された情報は、偏りや思い込み、間違いがあるかもしれないので、そのまま鵜呑みにしないことです。

情報に振り回されがちな人(=情弱な人)は、自分から情報を取りに行くのではなく、受動的に情報を受け取りがちです。
受け取った情報をそのまま鵜呑みにして、正しいと思い込んではいけません。

受動的な情報収集は、一部分だけしか把握することができず、全体像が見えてきません。

まずは第一歩として、アウトプットすることを前提に、自分から情報を取りに行くクセをつけていきましょう。