どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

世の中には、役に立つ情報と、価値もない情報で溢れかえっています。

特にテレビは、どうでもいいムダな情報がかなり多いです。

わたし自身、学生時代から比べると、テレビを見る時間は圧倒的に減りました。

今回は、学生、20代〜30代の社会人向けに、

  • 世の中のどうでもいい情報は無視したほうが、人生が豊かになる

というテーマを、フリーランスが深堀りしてお話します。

現代では、情報を取りに行き、自分の頭で考え、情報をうまく活用することが大切です。

世の中にはどうでもいいことが多すぎる。無駄な情報はすべて捨てると、ラクになります

世の中には、どうでもいい情報で溢れかえってます。

  • 有名人が結婚
  • 有名人が離婚
  • 有名人が不倫
  • 政治家の不祥事
  • 薬物の問題

など

こういったニュースは、テレビでずっとやっていますよね。

すべてどうでもいい情報であり、ムダすぎると思います。

芸能人のスキャンダルを例にしても、本気で怒ったり、議論している人もいますが、ほかに時間を使ったほうが絶対いいです。

他人の人生を熱く語ったところで、わたしたちの人生が変わることはありませんからね。

犯罪のニュースに関しても、罪を犯した人は、法が裁いてくれます。

犯した過ちは、しっかり罰をうけ、償ってもらう。

他人の犯罪は、弁護士なり裁判官に任せればいいだけです。

政治家の不祥事に関しても、どうでもいい内容が多すぎます。

個人の不祥事よりも、日本の少子高齢化問題や、地球温暖化のほうが深刻なわけで、政治家や国民ひとりひとりが考えるべきことは、ほかにもたくさんあるはずですよね。

テレビをなんとなく見るクセがついていると気づきにくいですが、テレビはどうでもいい情報がほんとに多いです。

自分の人生に1ミリも関係ないニュースで、憂さ晴らしするかのように、他人を叩いても、時間がもったいないです。

ただ生きづらくなるだけです。

1人の人間の失敗を、大勢の人が寄ってたかって、叩きまくるのは、生きづらい世の中だなと感じます。

自分の人生には影響しないどうでもいい情報は、すべて捨てましょう。

そうすると、ラクになります。

自分には関係のない情報や、他人の情報に興味がなくなると、生きやすくなりますよ。

受け身の情報インプットは、すべてムダ。必要な情報を取りに行くべし

お昼休憩。なんとなくテレビを見る

芸能人の不倫ニュースを、芸能人が議論している

へえーあの人不倫したんだ

上記のようなパターンが、受け身の情報インプットです。

受け身のインプットは、基本ムダです。

なんとなくテレビなんて見てたら、時間だけ過ぎるばかりです。。。

  • 映画を見て、感動する。
  • スポーツを見て、楽しむ。
  • お笑い番組を見て、笑う。

上記のように、自分が好きなことをする時間のほうが、まだ有益だと思います。

「映画が好きだ」「スポーツが好きだ」とかはたくさんいても、「芸能人の不倫のニュースが好きだ」「政治家の不祥事のニュースが大好きだ」という人はいないはずです。

(なかには好きだから、他人を叩くという人もいるのかもしれませんが。。)

好きでもないものを、なんとなく見ている時間ほど、ムダすぎるものはありません。

情報は自分から取りに行くクセをつけよう

現代人が1日に受け取る情報量は、「江戸時代の人の1年分」と言われてます。

昔から人間の脳が進化したかというと、構造はまったく同じはずです。

江戸時代の人と同じ脳のスペックですが、受け取る情報は桁違いです。

現代に生きる人は、真実ばかりではなく、膨大な量のフェイクニュースも受け取っています。

だからこそ、なんとなく情報を受け取ってはなりません。

受け取った情報も、そのまま鵜呑みするのはやめましょう。

情報は、自分から取りに行くべきものです。

じゃあ必要な情報の基準とは。

わたしが思うのは、下記のとおりです。

  • 自分の利益となる役に立つ情報
  • 自分になんらかの影響を与える情報
  • 自分の好きなことに関する情報

上記のようなことだけ、情報を集めると、ムダに時間を使わずに済むと思います。

具体的な例を挙げると、

  • ニュースや新聞を見る → このニュースは自分のビジネス、仕事に役立てられるか
  • ブログのネタを考える → 時流はなにか
  • 女性向けの新規事業を立ち上げる → なにが20代女性に受けるのか

などなど。目的を持って、情報を取りに行くことが大切です。

まとめ:有名人、尊敬する人の発信でも、すぐ鵜呑みにしてはいけない

メディアのニュースに関しても、「どうでもいい情報」を、まるで「どうでもよくない情報」かのように、情報操作しがちです。

「これは見過ごしちゃいけません。どうでもよくないですよ?あなたもよく考えてみてください」という感じで、盛りに盛った情報を発信することもあるでしょう。

ワイドショー番組とかも、著名なコメンテーターがたくさん出演しますが、けっこう間違ったことも言います。

発信者ひとりひとりには、自分の中の正義、意図、思い込みのようなものが含まれているので、すぐに鵜呑みにしてはいけません。

わたし自身、勉強不足で間違えることもありますし。

情報を受け取る側が、すぐに鵜呑みにするのではなく、まず自分の頭で考えましょう。

最後なのでまとめますが、ポイントは5つだけ。

ポイント

  • 世の中の情報のほとんどは、知らなくても問題ないどうでもいい内容なので、すべて捨てる
  • 情報をなんとなく受け取るのをやめて、自分から情報を取りに行くクセをつける
  • 目的を持って、情報を取りに行く
  • 必要な情報の基準は3つ。「自分の利益となる役に立つ情報」「なんらかの影響を与える情報」「好きなことに関する情報」
  • 受け取った情報は、鵜呑みにせず、自分の頭で考える

上記のとおりです。

幸せに生きるためにも、情報に惑わされず、情報をうまく活用しましょう。

関連記事はこちら