どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「友達が少ない…社会人になってからも疎遠になった…」
「コミュニケーションが得意じゃないから、人脈が増えない…」
「交流会や飲み会とかにできれば参加したくない…」

今回は、上記のような悩みをもつ、人付き合いが苦手で内向的な20代向けに書きます。

本記事のメインテーマでもあり、結論を先にいうと、

「内向的な人は、人付き合いを無理に頑張らなくていい」

ということです。

わたし自身、内向的なタイプですが、現在はフリーランスとして生計を立てつつ、孤独に、自由に生きてます。
会社員のときに比べたら、はるかに今のほうが幸せなので、過去の経験からお話してまいります。

内向的な人は、人付き合いを無理に頑張らなくていい

内向的な人が知っておくべき「人付き合い」のコツを言いますと、

無理に「人と関わろう、付き合おう」と頑張らなくていい

ということですね。

世間一般的に、

  • 友達は多いほうがいい
  • 孤独はつらい
  • 仕事をするうえで人脈を作ったほうがいい

という声をよく聞きます。

わたし自身、フリーランスになってから、「独立するなら人脈は大切ですよね?」みたいな質問もよくされますし。

ですが、正直友人も人脈もまったく必要ないですよ。
必要ないというと、極端かもしれませんが、人数は少なくていいかなと。

100人薄い関係がいるより、1人、2人を深く大切にしたほうが幸せは感じやすいと思います。
シンプルに言うと、「量より質」ですね。

そもそもですが、「人脈」という言葉自体、嫌いです。
「人を利用しようとしている」感じがして、気持ち悪いですし、古臭いですよね。

今どきインターネットがあり、SNSがあり、YouTubeもあるので、人に合わなくても、

  • その人は何をしているか
  • その人が何を考えているか
  • その人が大切にしていることはなにか

などの情報は昔より理解しやすいはずです。
なので、人脈が少なくても、思考を変えようと思えば、今の時代は変えられますね。

なかには、自分から動くことで、チャンスが増えるとか言う人もいます。

内向的なわたしも、その言葉を信じて、フリーランス独立直後は、会食や飲み会にも積極的に参加し、今はやめましたがFacebookで交流して人と会ったりしたこともあります。
しかし、無意味な時間を過ごしたほうが圧倒的に多かったです。

特に目的もなく、なんとなく「人と会えばチャンスが増えるかもしれない」というくらいにしか考えてなかったので、

「あーまた時間ムダにしたな」
「よくわからない人に偉そうにアドバイスされたな」

という感じで、消耗しただけでした…

言い方悪いですが、「人脈さえあれば、なんとかなる」とか思ってる人がけっこう多いです。
だから、「独立するには、人脈が必要ですよね?」みたいな質問をする人がいるんだと思います。

内向的な人は、特にストレスに感じると思うので、無理に人付き合いを頑張らなくていいですよ。

人付き合いを頑張っても、人生は大きく変わらない。気が合う人と付き合えばいい

人付き合いを頑張ったところで、いきなり人生は大きく変わるはずないです。

そりゃ飲み会や交流会に参加して、成長するんだったら、毎日やりますよ。
飲み会なんて、アルコール入るわけなので、基本的には話している内容なんてほぼ忘れているでしょうし。

会社の飲み会もムダばかりですよね。
「付き合いだからしょうがない」、「出世するためには行くしかない」と言う人もたくさんいますが、それを毎日繰り返しても人生豊かにすることはできないと思います。

無理して飲み会に参加するくらいなら、

  • 家で本を読む
  • 家で理想としている人の動画やブログをみる
  • 家でひたすら学習
  • 家で副業

早く帰宅して、上記をやったほうが成長できます。

断言しますが、人脈はつくるものじゃないです。
自分がなにかに対して頑張って、継続した結果、いい出会いがやってくるものだと、捉えてます。

わたしも会社員時代は、稼ぐフリーランスに会おうとして、いろんな集まりに参加しましたが、ほとんどいい出会いなんてなかったですね。
副業を頑張り、独立してから、さらに仕事を頑張り、徐々に稼ぎも増えた結果、新しい出会いもあったという感じです。

内向的な人は、とにかくムダなものは排除して、孤独に頑張りつつ、気が合う人と付き合いましょう。

ストレスも感じず、無理なく生きれる仕事をすべき

世の中にはたくさん仕事があります。
もちろん向き不向きもあります。

  • 営業系
  • 接客系
  • 人事系
  • 経理系
  • IT系
  • 製造系

などなど。挙げればきりないですが、たくさん仕事はあります。

わたしの場合、プログラミングやデザインを学んで、IT系を仕事にしました。
ITスキルを磨き続けた結果、フリーランスになって、孤独になることは多いですが、嫌な人との付き合いも減りました。

内向的なわたしの場合は、IT系の仕事が向いていたわけです。

営業なら、とにかく人と会ったり、しゃべることが得意な人が多いでしょうし、
接客なら、人を喜ばせたり、おもてなしすることが好きな人が多いと思います。

内向的な人が全員営業など人と接するのが苦手とは言わないですが、「つらい」、「胃が痛い」と感じてしまう人もたくさんいます。
おそらく飲み会、接待、会食とかも多いですからね。

内向的な方が、人と接する仕事をして、無理して飲み会などの付き合いまでしてしまうと、精神が崩壊してしまいます。
一度精神が崩壊すると、なかなか立ち直れないと思います。

なので、自分が無理なく、ストレスも感じないフィールドを選んで、闘うべきですよ。
自分のバトルフィールドを適切に選ぶのが、無理しない生き方をするうえでは大切です。

まとめ:一人の時間は大切にすべき

「孤独」と言うと、ネガティブなイメージですが、内向的な人は積極的に「孤独」の時間を作って欲しいです。

  • 物事をじっくり考えられる
  • 心身ともに回復できる
  • 自分が今やるべきことに集中できる

というメリットがありますからね。

物事を深く考えたり、なにかに集中したり、クリエイティブを生み出すときにも、「孤独」は必要だと思ってます。

まわりからどう言われようが、一人の時間も大切にして、自分を貫くことが、ストレスなく生きるコツかなと。

どうしても人と関わりたい、人見知りも克服したいなら、積極的に参加してもいいです。
誰かが主催するイベントに参加するだけでなく、ブログ、SNSなどで自ら発信しつつ、人が集まったらイベントを主催する方法もありますし。

忘れてほしくないことをもう一度言うと、人脈はつくるものじゃないです。
人と無理して付き合うのではなく、自分なりに頑張って、いい出会いを見つけてください。

というわけで以上です。

無理して人付き合いして、ストレスを溜めるくらいなら、孤独に生きたほうが幸せです。
選択肢はたくさんあるので、無理しない方法で生きましょう。