どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「納期」に追われると、仕事がつらくなりますよね…

下記のような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

  • クライアントへ〇月〇日までに納品しないといけない…
  • 追加作業を頼まれても、納期は変わらない…
  • 上司に資料を〇月〇日までに提出しないといけない…
  • 繁忙期は納期に追われて毎日残業…
  • ときには休日出勤することもあります…

わたし自身、フリーランスとして活動していますが、このメディアを運営していることもあり、上記の悩みを持っている人から相談されることが増えてきました。

そこで今回は、納期に追われている方、その中でも特にIT・Web業界にお勤めの方向けに、

  • 「納期に追われてつらい」という人は転職すべき【オススメの企業を紹介】
  • 納期を死守することがプロのお仕事ではない
  • 納期に追われたときに、相談すべき専門家とは

上記のテーマでお話しようと思います。

この記事を書いているわたしは、「スタートアップ → Web系企業・副業ワーカー → スクール講師 → フリーランス」というキャリアを歩んできました。

7年以上かけて「スキル」や「実績」を積んできたこともあり、最近は納期を決めるような仕事が減ってきたので、幸福度がアップしました。

IT・Web業界では、未だに「納品」「納期」「締切」が存在している企業が多いと思います。

ブラック企業も少なからず存在しますし…

業界の健全化、ホワイト化のためにも、「納期」や「締切」で苦しむ人がいなくなって欲しいと願いつつ、過去の経験から執筆してまいります。

納期に追われてつらいという人は、「納期が存在しない仕事・会社」に転職すべき

冒頭で、「IT・Web業界はブラック企業が少なからず存在する」とお話しましたが、なぜブラック企業が存在してしまうのか。

大きな原因のひとつが、「納期、締切を約束するビジネスモデル」にしてしまっているからです。

クライアントから「〇〇日までにお願いいたします」と言われて、その日を納品日にしてしまう企業がけっこう多いんですよね…

納期を約束してしまったからには、きっちり守らなければいけないのですが、

納期を約束する → 絶対に死守しようとする → 追加で依頼が来る → 納期を延長しない → 残業

上記のような負のスパイラルに陥って、ブラック企業化してしまうわけです。

※IT・Webに限らず、「納品があるビジネスモデル」を持つ企業のほとんどがこのパターンに陥ります。

納期が存在しない企業に転職したほうが、成長できる

納品がある企業に務めていて「納期に追われてつらいです…」という方は、納期が存在しない企業に転職することをオススメします。

具体的には、下記のような企業に転職すべき。

ポイント

  • 自社開発のサービスを持つWeb系企業
  • 納品のない受託スタイルを持つWeb系企業

上記どちらも深堀りします。

自社開発のサービスを持つWeb系企業

「自社開発のサービスを持つWeb系企業」は、クライアントが存在せず、社内でWebサービスやメディア、ECサイトを開発する企業のことを指します。

わたしが一番最初に入った企業は、自社でWebサービスを運営する企業でした。

自社開発の場合、クライアントから依頼を受けているわけではないので、納期を提示されることはありません。

なので、「クオリティが高く、役に立つサービスを開発したい」という想いを持つ優秀な人材が集まります。

自社開発企業の例を挙げると、下記のとおり。

有名な大企業でいうと、Facebook、Instagram、YouTubeなど

日本でいうと、LINE、メルカリ、ZOZOなど

という感じですが、小規模のスタートアップ企業も含めれば、たくさんありますよ。

納品のない受託スタイルを持つWeb系企業

Web業界には、「受託開発」をメインとする企業が多いです。

「受託開発系企業」は、クライアントから依頼されて、開発する企業のことを指します。

同じ受託開発でも「ブラック企業になりやすいかどうか」は、ビジネスモデルで判断することができます。

大きく分けると2パターンがあって、

  • 納期を決める企業 → ブラック化しやすい
  • 納期を約束しない企業 → ホワイト化しやすい

という感じですね。

納期を決める企業

仕様と納品日を決める → 見積もり → 受注 → 開発 → 納品

このビジネスモデルだと、「ブラック化」しやすい

納期を約束しない企業

月額定額制で納期を決める必要がない → 必要な機能を追加 → いつでも仕様変更可 → 運用・コンサル

このビジネスモデルは、「ホワイト化」しやすい

納品・納期が存在しない企業は「社員を守る」「社員を幸せにしたうえで、クライアントの事業成長を手助けする」という意識が強いので、優秀な人材も集まりやすいと思います。

大半の受託開発企業は、納期をあらかじめ約束してしまうので、社員が疲弊して、クオリティも落ちることが多いですね。

「納期を守る = 一流のプロ」ではない。締切があると、質は下がる

日本の受託開発系企業の場合、

納期を守る > クオリティ

上記のとおり、納期を守ることが最優先だと思っている企業が多いです。

納期を絶対守ることに必死になりすぎると、残業をせざるを得ないですし、ときには休日出勤もしなければいけないので、当然生産性もクオリティも落ちますよね。

「納期を設定しないと、仕事じゃない」という反論もあるでしょう。

しかし、「納期を死守すること」を文化にしてしまうと、「二流、三流レベルのYesマン人材」を大量に生み、ブラック企業がすくすくと育つだけだと思うんですよね。

下記のとおり、同じ仕事でプロと言っても、レベルがまったく違います。

  • プロとして三流 → 納期を約束しておいて、守れない
  • プロとして二流 → 顧客を選べないので、納期を約束したら死守する
  • プロとして一流 → 顧客を選ぶために、短納期を迫る顧客を断る
  • 超一流のクラス → 納品のないスタイルでも、仕事が舞い込む

この違いですね。

「納期」で消耗している時点で、二流・三流レベルなわけです。

すべてのWeb系企業は、超一流レベルを目指すべきかなと。

企業だけでなく、すべてのエンジニアやデザイナーは、スキルを磨いて、超一流レベルを目指したほうが幸せに働けると思います。

エンジニアやデザイナーが精神を壊すのは、「納品のあるビジネスモデル」だから

ここでは「Webサイト制作」を例にしますが、消耗している企業にありがちなのは、下記のようなパターンに陥ります。

営業(またはディレクター)が仕事を受注する

納期や仕様を開発前から決める

開発がスタートして、仕様が二転三転し、追加作業が増える

営業は「納期は延長するわけにはいかない」という責任感を持っている

エンジニアやデザイナーが残業することになる

毎日のように残業が続き、全員が疲弊…

精神的につらくなった人や、優秀な人から辞めていく

「納品のある受託開発ビジネス」の場合は、上記のような無限ループが起きて、ブラック化してしまうことがよくあります。

エンジニアやデザイナーは、体や心を壊さないためにも、「納品・納期が存在しないWeb系企業」に入るべきだと思います。

多すぎる残業や休日出勤はパワハラにあたる【相談すべき専門家を紹介します】

過大な仕事量の要求により、納期に追われて、就業時間外(残業や休日出勤など)も働かされている場合は、パワハラにあたります。

1日では処理しきれない業務を任されたり、達成しようがないノルマを与えられたりして、毎日のように残業しているなら、「今日はできません」「今日は帰ります」と断っても問題ありませんよ。

過大な仕事量で消耗しそうなときは、下記のような専門家に相談することをオススメします。

「とりあえず話したい」「相談だけしたい」という方は、こういった機関に相談して、解決策をアドバイスしてもらってください。

普段から予防もしておきましょう

下記のとおり、常に準備と対策をして、「いつでもこんな会社辞めてやる」という強気な権利を持っておくことが、体と心を壊さないためには大切なことです。

  • 会社にお願いして、仕事用のスマホを買ってもらい、家には持ち帰らない
  • 就業時間外の労働が続いたときは「今日は帰ります」と軽く断る
  • スキルを磨いて、すぐに転職活動を開始する
  • 個人でもビジネスを始めて、土台をつくる
  • 安定した副業収入を確保しておく

最もカンタンなのは、仕事用のスマホを持つこと。

わたしが以前働いた企業では、社員全員に仕事用のスマホが手渡されていたので、帰宅後は全員がプライベートを楽しんでいましたね。

プライベートでは一切仕事の連絡は確認できないようにして、オンオフを切り分けるといいですよ。

「いつでも会社を辞められる権利」を持ちたい方は、スキルを磨いて、副業収入を確保しておくべきです。

わたし自身、プログラミングやデザインスキルを身につけて、副業をコツコツ続けた結果、給料より稼げるようになりました。

プログラミングなどのITスキルがあれば、ほかの企業へ転職することも可能になるので、ぜひ身につけてください。

下記記事で、「プログラミングの始め方」と「プログラミング副業で月5万円稼ぐ方法」を解説していますので、参考にどうぞ。

まとめ:しんどいときは、逃げてください

体と心を壊してしまえば、仕事どころではなくなり、収入も途絶えます。

そうならないためにも、「この会社で働くのはもう限界」「もうついていけない」と思ったら、転職すべき。

これは逃げではありません。

自分を守るための行動」だと捉えてください。

  • 納期がつらい
  • 毎日残業はもう嫌だ
  • 休日まで出勤なんてしたくない

という感情に逆らって、我慢し続けても何も良いことは起きません。

「我慢、耐える」を美徳とされがちですが、「新しい挑戦」を美徳にしたほうが、幸福度はアップするはず。

「仕事なんてしたくない」「もう限界」と思う前に、いつでも辞められるようにしておくことが大切です。

心や体が資本なので、逃げたいと思ったときに、自分を守る行動を最優先に取ってください。

自分を守る行動ができれば、自分の人生が良い方向に向かいますし、業界で生き残るブラック企業も淘汰できます。

関連記事も合わせてどうぞ

下記では、納期がつらくて転職しようか迷っている方向けに、「今すぐに転職活動を始めるべき理由」を解説しています。

下記記事は、希望退職を募る企業が増えている現状を深堀りしつつ、「自分を守るために副業をすべき」というテーマでお話しています。