どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

キャリアサポートをしていたこともあり、「異業種からWeb業界に転職しようか迷っている方」から相談を受けることがよくあります。

例えばですが、以下のような悩みです。

「異業種からWeb業界に転職しようか迷う…」
「いくつか気になる企業もあるけど、転職すべきか悩む…」
「自分に合っているかどうかもわからないし、タイミング的にもどうなのかな…」

上記の多くの方が持つ悩みに答えていこうと思います。

今回は、異業種からWeb業界に転職しようか悩んでいる方向けに、

  • 「転職しようか迷う…」と悩むより、まず就活スタートして、内定を頂いてから悩んだほうがいい【根拠は3つ】
  • 自分の好きなタイミングで環境を変えるために、定期的にやっておくといい5つのこと

上記の内容についてお話します。

本記事を書くわたしは、「スタートアップ → Web系企業・副業ワーカー → 講師 → フリーランス」というキャリアを歩んできました。

Web系スクールで講師として、社会人や学生のキャリアサポート経験もあるので、そういった過去の経験をベースにお話します。

企業の採用担当者さんと話す機会も多かったので、これから就職活動、転職活動される方はぜひご一読くださいませ。

「転職しようか迷う…」→就活始めて、内定を頂いてから悩めばいい

「転職しようか迷う…」という社会人は、まず就活をスタートして、内定を頂いてから悩んでください。

なぜ、内定を頂いてから悩んだほうがいいのか。

理由は、下記のとおりです。

  • 時間かけて面接準備までしたのに、すぐ落ちる可能性も十分あるから
  • 手札(=選択肢)が複数ある状態は、心の安定を生むから
  • 自分のポジション、市場価値を確認することで、目標もできるから

ひとつずつ深堀りします。

時間かけて面接準備までしたのに、すぐ落ちる可能性も十分あるから

迷っている人にありがちなのが、下記のとおり。

転職するか迷いながら、たくさん求人を探す

「気になった企業が5社くらいあったから、受けてみようかな…」

「応募する前に、気になった企業を少し調べてみるか…」

「転職口コミサイトを見ると、評判悪いな。どうしよう…」

「とりあえず志望動機だけ考えるか、なに書こう…」

志望動機を完成!なんだかんだ1ヶ月以上もかかった…

応募してみたら、書類で即落選…

時間をかけて、面接の志望動機を考えても、書類であっさり落とされる可能性も十分ありえることです。

リサーチするのはいいですが、時間をかけて悩んでいる間に、企業がいい人材を見つけているかもしれません。

内定もらう前から時間をかけて悩むことのデメリットは、「落とされるリスクがある」だけではありません。

例えばですが、

転職するか迷いながら、求人をたくさん探す

気になった企業が5社くらいあった

「でも、応募すべきか迷う…」

迷っている間に求人の募集が終わっていた…

上記のように、時間をかけすぎて、求人募集が終わってしまうこともあります。

どんなに机の上で悩んでいても、なにも起こらないので、意味がありませんよ。

手札(=選択肢)が複数ある状態は、心の安定を生むから

すでに内定をいくつか頂いていると、余裕を持って、転職活動ができます。

自信にもなると思うので、その自信がまた良い仕事を呼び込んでくれる可能性もあります。

「いつでも転職できる」という気持ちを持って、働くこともできるので、ひとつの会社にしがみつく必要もなくなりますよね。

複数のカード(選択肢)を持っていない場合、

  • ほかの企業で通用するか分からないから、今の仕事を続けるしかない
  • 仕事を辞めてしまったから、とにかく受かったところに入るしかない

といった感じで、追い詰められてしまいます。

一方、複数のカード(選択肢)を持っている場合、

  • 今の仕事を続けるか
  • それとも新しい環境を求めるか

をじっくり考えることができると思います。

心の安定があるか、ないかは、仕事や転職活動に影響してきます。

自分のポジション、市場価値を確認することで、目標もできるから

次の章でお話しますが、定期的に「キャリアの棚卸し」、「経歴書の更新」をしたりして、自分が成長しているか確認することをオススメします。

就活でうまくいかない人は、つい「自分の市場価値」を過大評価したり、過小評価してしまいがちなので、「半年に1回」くらいは、転職エージェントを利用するのもアリです。

複数の選択肢を持っていない状態で悩んでも、時間がもったいないです。

転職エージェントを活用して、転職活動をすれば、自分の立ち位置、ポジションがよく分かってくると思います。

いざ就活を始めてみると、書類で落とされまくるかもしれませんし、面接で落とされる可能性もあります。

通るとは思っていなかったけど、あっさり通過したというケースもあるので、転職活動しないと見えてこないこともあるでしょう。

転職活動を始めてみることで、

  • 今の年収は高いのか
  • 今の年収は低いのか
  • 自分のスキルは評価されているのか
  • 自分のスキルは評価されていないのか

上記がハッキリ見えてくるはずです。

「自分が想定していた市場価値」が「実際の市場価値」と合致しているのか。

それとも、大きく乖離しているのか。

行動せず、机の上で悩んでいても、答えは出ません。

自分の本当の姿を理解するためにも、転職活動を始めて、内定をもらってから悩むべきですよ。

日頃から定期的にやっておくといい「5つ」のリスト

終身雇用や年功序列が崩壊中の時代なので、常に転職活動のための準備はしておくべきです。

定期的にやっておくといいことは、下記5つです。

  1. 求人サイトをチェック → 気になった企業は、即応募でOK
  2. エージェントや社員さんと話す機会をつくる → 常に情報収集
  3. スキルや経験の棚卸し → スキル、プロセスを客観的に確認
  4. ポートフォリオや経歴書の更新 → 自分の履歴のアップデート
  5. 情報を得て、自分の意見を持つ → インプットから何を考えたか

特に3つ目と4つ目は、自分を客観的に見ることができるので、絶対にすべきです。

わたしの場合、ポートフォリオサイト(当ブログとは別)を「半年に1回」は更新しています。

(※会社にお勤めの方は、経歴書、転職サイトのプロフィールなども更新しておきましょう。)

具体的には下記のような項目を、ポートフォリオサイトに盛り込んでいます。

  • 実績
  • プロジェクトで工夫したところ
  • 持っているスキル
  • プロフィール
  • 勉強していること

上記を更新して、「自分の市場価値はどれくらいか」「市場に評価されるか」を考えるようにしてます。

各項目で、どんなことを考えて、更新しているか。

  • 実績 → どんな成果物をつくったか
  • 工夫したところ → プロセスなにを考え、どう行動したのか
  • 持っているスキル → どんな環境でも活用できる再現性のあるスキルか
  • プロフィール → 人として成長できたか
  • 勉強していること → 学ぶモチベーションを持ち続けているか

という感じで、「自分の市場価値は上がっているか」を定期的に確認しています。

過大評価しても良くないですし、過小評価しても良くないです。

自分では「本当の評価」は見えづらいので、実際に転職活動をして「自分は評価されるかどうか」を確認してみるといいですよ。

情報を得て、自分の意見を持つことも大切

経営者側の視点に立つと、「面接者はなにを考え、どう行動してきたか」をよく見てると思います。

例えばですが、面接で時事ニュースの話題になることもありますよね。

そういう場面のときに、経営者・採用担当者側は、

  • 面接者はどうやって情報を得ているのか
  • 面接者はその情報を知り、どう考えているのか
  • 面接者はどんな立場(角度や視点)からその情報を見ているのか

といったことを確認しています。

日頃から情報収集して自分の頭で考えていなければ、自分の意見は持てないでしょう。

一番効果があるのは、自ら発信することです。

今ならSNS、ブログ、YouTubeなど、インターネット上で発信できます。

友人同士、仕事仲間で話してもいいと思います。

ひとづだけ注意してほしいのは、「情報をたくさん知っていることが重要ではない」ということです。

重要なことは、下記です。

  • どんな思考を持っているのか
  • 思考した結果、どんな行動をする人なのか
  • そもそも考えてもいないのか

上記のようなことを、優秀な経営者や採用担当者は見極めています。

普段からアウトプットを前提にして、インプットすることから始めてみてください。

下記記事では、情報収集について解説していますので、参考にどうぞ。

まとめ:「明日の仕事が面倒だな」という方は、とりあえず動いてみる

「明日も仕事めんどくせえ」と1年以上悩んでいるのであれば、かなり時間をムダにしているかもしれません。

仕事が毎日憂鬱なサラリーマンこそ、転職活動をしてみることをオススメしたいです。

人間なので、面倒くさいと憂鬱な気持ちになることも当然あります。

しかし、一度立ち止まって考えてみてください。

  • どんな仕事なら、毎日「明日も仕事めんどくせー」と思わずに済むか
  • 幸せになるためには、今の生き方、今の働き方でいいのか
  • 1日の半分の時間を占める仕事をどうやったら苦に感じないか

といったことを考えながら、転職活動してみてください。

まず動いてみて、走りながら考えればOKです。

仮に内定をいただいても、必ずしも転職する必要はありません。

内定を頂いてから、

  • ほんとうにこの企業は自分がさらに成長できる環境なのか
  • 自分が輝ける環境なのか
  • 働きやすい環境なのか
  • やりたいこともできるのか
  • 自分の家族にとってベストか

といったことを内定いただいてから、再度悩めばいいわけです。

社内でストレスを抱えるくらいなら、気分転換として「転職活動でいろいろな企業を見てみる」のもアリだと、わたしは思います。

「内定をいただく = 入社する」ではないので、自分のキャリアを考えるきっかけにしてみてください。

今の仕事を始めて3年経っていない方向け

下記の記事は、世間でよく聞く「3年は同じ会社で働いたほうがいい」というアドバイスは基本的に無視でいい理由を解説しています。

「会社に入って3年も経っていないのに辞めてもいいのか」「今の仕事はなんか違うな」といった悩みを持っている方は、ご一読いただければと思います。

今の仕事が合わず、退職を検討中の方向け

下記の記事は、「今の職場が合っていないかも」と悩んでいる方向けに、「会社を辞めたあとに考えるべきこと」について解説しています。

「今の仕事は、環境(人間関係など)が合わないかも」「今の仕事はもう嫌だな」といった悩みを持つサラリーマンの方は、ご一読いただければと思います。