アラサーのWeb系フリーランスです。
国にも会社にも頼らず、自分で豊かに生きれる人生を築いてる途中です。

20代後半になると、

「20代後半だし、そろそろ真剣に結婚も考えたい」
「結婚したいけど、どんな人とすればいいんだろう」
「これからの時代考えると経済的に不安で、結婚に踏み出せない」

とか将来のことを考えるようになりますよね。
わたしのまわりにも、今年になって一気に結婚する人が増えましたし。

ということで、今回は、20〜30代で結婚願望がある方向けに、

「終身雇用崩壊の時代に、パートナーに求められること」
「資産形成するうえで、パートナーとどう付き合うか」

というテーマでお話したいともいます。

独身アラサーの自分にとっても他人事ではないので、
自分の考えをまとめてみました。

お金の話もしますし、少し堅い内容かもしれませんが、
これからの人生を考えるために少しでも有益になるよう記事を書きたいと思います。

結婚願望がある20代がパートナーに求めることが変わってくる

最近だと、「終身雇用が継続できない」「年金がどんどん受け取る額が減っている」「老後2000万不足」というお金や仕事に関するニュースが、若い人の間で話題になっていると思います。
経済界のトップや、金融庁が発言すると、やはり不安になるものです。

20代後半になれば、結婚も考える時期ですが、
不確定要素が増えるとなかなか踏み出せないだろうなーというのが正直な感想です。

時代が少しずつ変わってくるんだなと感じている人も多いと思いますが、
変わるのは国や会社だけではないです。
それぞれ個人も同じように、考えに変化が出てくるはずです。

とくに今回のテーマである、「結婚」に対しての考えも変わるでしょう。
具体的に言うと、「パートナー選び」にも変化が生まれてくるのではないかと思います。

今後、女性が求める理想の男性

まず女性ですが、今現在は

  • 最低でも年収500万以上
  • 大手企業か公務員
  • とにかく安定

上記のような、理想の男性像が人気ですよね。

中には年収500万でも低いと思う人もいるかもしれませんが。
ひとつ厳しい現実言うと、未婚男性の半数以上が「年収300万未満」というデータもあります。
年収1,000万とかの男性は競争率高いでしょうし、そこを求めるくらいなら、自分が年収1,000万稼いだほうがいいかもしれないですね…

年収500万が見込めそうな大手企業でも実は今年になって、
続々と早期退職者を募集していたり、
45歳くらいの人をリストラし始めているという事実もあります。

  • 損害保険ジャパン日本興亜:4000人(約15%)
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ:ロンドンで500人
  • ジャパンディスプレイ:1,000名
  • 日産自動車:世界全体で4,800人
  • 東芝:823人
  • アルペン:355人
  • 富士通:2,850人
  • パイオニア
  • コカ・コーラボトラーズジャパン:950人
  • カシオ計算機
  • NEC:3,000人
  • アステラス製薬:700人

有名企業ばかりですよね。

※下記のページでも、大手企業が安泰でないことをお伝えしてます。

多くの日本人が求めた終身雇用が崩れている 【将来を恐れずにすむ必要な力とは】

近い将来「終身雇用崩壊」で不確定な要素、不安になるような未来が待っているので、
そのうち、大手企業で働く男性を選ばなくなる可能性も十分ありえますね。

個人的には、今後女性が求める男性の人気職業はエンジニアになると思ってます。

なぜかというと、

  • 堅実かつ誠実なタイプが多い
    →無頓着なところも見受けられると思いますが、優しい人多いですし、付き合ってからかっこよくなってもらえばいいと思います。
  • 年収1,000万とかなれる職種
    →ぶっちゃけると、フリーランスエンジニアでそのクラスはたくさんいますね。
  • 働き方が超自由
    →家で仕事したり、複数の会社と仕事できるのでわりと安定しやすいです。
  • 家族との時間が増える
    →知り合いのエンジニアとか見てると、家族の時間が増えて、幸せそうにしている人は多いです。

副業可、リモートワーク可の求人もどんどん増えていますし、
エンジニアは世界中に仕事があります。

稼げるうえに、働き方が自由ですからね。
最強だと思いませんか?

ただし、最近は無料で簡単に学習できるサービスや、プログラミングスクールも増えてきています。
なので、チャラ男の新規参入もどんどん増えてくる可能性があるので(すでにたくさんいるかもなので)、しっかり相手を見極めることは重要ですね。

「安定」の代名詞、公務員の話もしておきます。
大手企業ほどではないですが、正直な話、公務員も今後は危ないかなと思ってます。

役所とか行く人はわかると思いますが、ムダな作業をしているなと感じることが多々あります。
いまだに紙ばかり使ってますからね。

この記事書くのに、地元の役所を調べたのですが、事務員を新しく募集してました。
ですが、ほとんどの事務作業は自動化できると思います。

今後、ムダな仕事はどんどん排除されるので、公務員が安定かというとそうは言い切れないかなと思います。

なので、大手企業の正社員とか、公務員が人気というのは、変わってくるかなと。

今後、男性が求める理想の女性

次は男性が女性に求めることを考察していきます。

男性が仕事、女性が家を守るみたいな風潮から、
少しずつ女性が社会進出してきた背景がありますね。

しかし、それでもまだ専業主婦は多いと思います。
出産・育児のタイミングで仕事やめてしまう人も多いですし、
復帰するとブランクがあったりして結局やめてしまうというパターンもありますからね。

ただ、未婚男性のほとんどが300万未満という現実なので、
しだいに、奥さんと子どもを男性一人で養うことは無理ですね。
男性もおそらく限界を感じるようになると思います。

年収1,000万でも、都内での生活は正直きつくなるかなと。

大手企業でも安泰ではない時代にきてますし、生涯年収も不確定な要素になりつつあるので、女性にも働いてもらいたいと思うのは普通なことです。

なので、これからの時代は稼ぐ女性はモテるようになるかなと思います。

年収1,000万とか稼ぐのは難しいかもしれませんが、
経済的に支え合う気があるかどうかはけっこう見られる可能性は高いです。

「今フリーターだから、不安」「これから正社員として働く自信がない」という女性もいるかと思いますが、心配いらないです。

会社に務めなくても、家で仕事するか、好きなことを仕事にすればいい話です。

例えばですが、

  • ライター
  • アフィリエイト
  • 投資

とかは未経験でも仕事にしやすいです。
もちろん知識は学ぶ必要がありますが。

あと好きなことやるなら、

  • ハンドメイド作品作って、ネットショップで売る
  • ネイルサロン始める
  • ベビーシッター
  • 料理レシピ動画

とかいくらでもチャレンジできると思います。

下記の記事で、在宅での仕事について解説してます。参考にどうぞ。

「バリキャリ」とまでは言いませんが、
女性も経済的に支えようとしてくれるのであれば、
男性も喜んでくれるかもしれないです。

理想なのは、「資産形成を協力し合う」「価値観が合うかどうか」

パートナー同士、うまくいく関係になるには、下記2つが大事かなと思います。

  • 価値観があうかどうか
  • 協力し合う姿勢があるかどうか

1つずつ解説します。

価値観が合わないと話にならない

どちらかが稼いでいたとしても、パートナーのお金の使い方が悪ければ、一生資産は増えていかないです。
金銭感覚が合わないと、家族が苦労します。

若いうちからお金の使い方に気をつけていれば問題ないですが、
長年散財してきた人だとそう簡単には直せないです。

どうしても好きなのであれば、話し合わなければいけないですが、
聞く耳持ってなかったら正直きついと思います。

なので、お互いの価値観は結婚する前に把握しておくべきですね。

協力し合う姿勢

お互いが経済的に協力し合うのであれば、

  • 共働き
  • 資産運用

ということを考える人が多いと思います。

先ほど、稼ぐ女性が男性に人気になると話しましたが、
結婚はあくまで幸せになれるかどうかの問題なので、
男性が女性に共働きを強要するは違うかなと思います。

仕事し始めて、忙しさのあまりすれ違ってしまっては意味がないですし、
ストレス溜めすぎて心が病んでしまってはつらいだけです。
あと子どもがいれば、一生に一度の時間をできるだけ大切にすべきだと思います。

単純に収入が2倍になるってだけの話なので、共働きに関しては話し合いましょう。
会社に勤務しなくても、家でできる仕事をやれば、子供との時間は増えますね。

また、共働きは厳しいので、「資産運用」を始めることも考えると思いますが、
お互いが投資をやることに賛成でないとできないです。

「損するかもしれない」
「貯金じゃダメなの?」

と資産運用について詳しくないパートナーに、こういうことを言われるかもしれません。

それでコソコソ隠してやるのもおかしいので、
一緒に資産運用を学んで行けばいいと思います。

最初は知識がなくても徐々に学んでいけば、続けようという気持ちになるはずです。
なので、一緒に学んでくれるような関係は理想ですね。

価値観があうかどうか」、「協力し合えるかどうか」も、
結局のところ「話し合う姿勢」が大事です。

お互いの意見がぶつかる可能性もありますが、しっかり向き合って話せば、深い絆で結ばれると思います(思いたいです)。

まとめ

今回は、結婚を考えている20代向けに、

「終身雇用崩壊する時代に、パートナーに求められること」
「資産形成していくうえで、パートナーとどう付き合うか」

という内容で、話しました。

「終身雇用崩壊」「年金が減るかも、受給が遅くなるかも」「老後2000万不足」というネガティブな未来が待っていると思いがちですが、
ネガティブになってもしょうがないので、パートナーとしっかり向き合うことが大切です。

最後にまとめますが、

この記事のまとめ

  • 将来どうなりたいか、二人で話し合う
  • 資産形成を協力し合う

上記の2つをやることで、強い絆で結ばれるかもしれないです。

今フリーターの方も、無理に会社に勤務しなくても、家で仕事すればいいだけの話です。
今後個人で仕事する人がどんどん増えるので、まわりに反対されても、気にしなくて大丈夫です。

お金や仕事、将来が心配になる気持ちは分かりますが、
まずは理解し合えるパートナーと、幸せに温かく、人生を過ごしていけるように、
時代の変化をキャッチしつつ、自分も変わっていくことから始めましょう。