どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「就活控えてます。企業が欲しくなる人材ってなんだろう…」
「企業が欲しがる人材は素直な人らしい。どうやってアピールしよう…」
「いらない人材ってどんなタイプだろう…」

上記の悩みに答えていこうと思います。

今回は、就活を控える大学生や、転職活動をしている社会人向けに、

  • 企業が欲しい人材は素直な人。ただし、いらない素直もある

という内容でお話します。

この記事を書いているわたしは、アラサーで、現役フリーランスです。
Web系スクールで、面接を控える学生やサラリーマンの方をサポートしてきた経験もあります。

まわりに有名ベンチャーや中小企業で人事を担当してた仕事仲間も多いので、
自分の過去の経験とまわりの経験をもとに、「企業が欲しがる人材」について考えてまいります。

「自分は素直なほうだ」と自覚している方も、ぜひご一読くださいませ。

企業が欲しい人材は「素直な人」です

まずタイトル通りですが、企業が欲しがる人材は「素直な人」です。
→これはよく聞くと思います。

「一緒に働く同僚・部下」や「未経験で入社してきた人」が、

  • 素直じゃない
  • プライド高い
  • アドバイスや指示に耳を傾けない

こういうタイプだったら、当然仕事しづらいですよね。

素直な人の良いところは、試すのがとにかく早いことです。

  • すでにある成功例をマネしてみる
  • 他人のアドバイスにも耳を傾ける
  • スポンジのように吸収しまくる

上記のように、「自分には自分のやり方があるんだ」というプライドを持っていないので、初速も早くなります。

「分かりました。やってみます!」と言って、素直なフリをし、まったくやらない人も中にはいるのですが。。。

面接でも、曖昧に答えるのではなく、素直にホンネで答えるべき

最近、ある有名ベンチャー企業出身の人事の方とお話する機会があったのですが、「面接で素直にホンネで話せる人は信頼できる」と話してました。

絶対やってはいけないのは、曖昧な返答をすることです。

面接を例にしますが、

面接官:なぜ、弊社に応募されたのですか?

応募者:プログラミングの仕事をしたいからです。

面接官:エンジニアなら、他社様でも募集してますが?

応募者:御社は成長もしていて、多くの人に役立てるからです。

面接官:(うちのこと調べてないな。どこでもいいんだろうな…)

上記は、曖昧すぎる回答です。
企業に入ることが目的になっていると、曖昧な答えになりがちなので、気をつけてください。

「なぜプログラミングの仕事をしたいのか」、「なぜこの会社で働きたいのか」を明確にしなければ、採用担当者は「この人どこでもいいんだろうな」と思ってしまいます。

もうひとつ例を挙げます。

面接官:なぜ、前職を辞める決意をされたのですか?

応募者:今の会社ではやりたいことが実現できないので…

面接官:やりたいこととは?

応募者:人の役に立てて、貢献できるような仕事です。

面接官:ほんとは不満があったのではないですか?

応募者:不満は特にないです。

面接官:(素直に言ってくれたほうがいいんだけどな…)

上記は、素直に答えられないパターンですね。

「社風が合わなかったのか」「給料に不満があるのか」「仕事がハードすぎたのか」などなど、辞めた場合は何かしら不満があるはずです。

就活本や転職本、大手人材会社のWebメディアとかには、「ネガティブなことや不満を口にしないほうがいい」と書いてあるのかもしれませんが、本音で話したほうが信頼されやすいですよ。

弱みを聞いても、

応募者:仕事に一度集中すると、つい夢中になってしまい、働きすぎることです。

面接官:(それ弱みじゃないな…)

上記のとおりでして、「弱みを強みっぽく言う」小手先のテクニックを使って話す人も、信頼されにくいです。

不満があるなら正直に伝えたほうが、会社側としては、助かるはずなんですよね。
なぜなら、お互いミスマッチも起きないですし、「その不満は、うちの会社なら解決できることだな」と判断できるからです。

個人的には、本音を堂々と話したくらいで落とす会社には、入るべきではないと思ってます。

素直なことは素晴らしいです。しかし、いらない素直もあります

下記は以前書いた記事の引用ですが、「素直は強み」という内容で、お話したことがあります。

「素直すぎるくらいがちょうどいい」

引用: 素直は強み。企業に面接行ったときに「君、素直すぎるね」と言われた話

ここで注意して欲しいのは、素直なことは素晴らしいのですが、「いらない素直」もあるということです。

「いらない素直」とは具体的になにか。下記のとおりです。

  • 意見やアドバイスを鵜呑みにして、自分で考えようとしない
  • 行きたくない飲み会に、愚痴を言いながら無理に参加する
  • 任された仕事をただマジメにこなし、不満を言うだけ

などですね。

一言で言えば、「なんでもYESと答えるイエスマン」は良くないです。
イエスマンを欲しがるのは、ブラック企業だけかなと。。。

ひとつずつ解説します。

意見やアドバイスを鵜呑みにして、自分で考えようとしない

悪い例

  1. 意見やアドバイスに耳を傾け、忠実にやってみる
  2. 忠実にやっても、うまくいかない…
  3. 「やってみたけど、うまくいきませんでした!」と報告する

上記は、素直とは言えるかもしれませんが、「自分で考えず、ただ鵜呑みにしている」とも言えます。
これでは、ただの思考停止です。。。

良い例

  1. 意見やアドバイスに耳を傾け、忠実にやってみる
  2. 忠実にやっても、うまくいかない…
  3. 自分なりに仮説を立てつつ、分析する
  4. 考えたことを再度試してみる
  5. やっぱりダメか…
  6. 試したこと、問題点を整理して、上司に相談

上記のとおりでして、自分で考えて、試し、失敗することも成長するうえでは、大切なことです。

行きたくない飲み会に、愚痴を言いながら無理に参加する

2019年末は、「忘年会スルー」という言葉が話題になっていましたね。

下記記事によると、忘年会したくないのは、「若者」だけでなく、「上司」も増えているとのこと。

昨今、「忘年会スルー」したがる上司も激増している。上司の説教や、自慢話に付き合いたくないと、若い世代の人たちが忘年会を嫌がっているだけではない。

引用: 忘年会、スルーしたいのは若者だけではない! 「同一飲食同一支払」を求める管理職の悲痛な叫び

これも嫌なら、参加しなきゃいい、やらなきゃいい話なんですよね。

「誘われたから、仕方なく行く」「毎年やっているから、仕方なくやる」ってムダすぎませんか?
本来なら飲み会は、楽しい会ですよね?

不満を言いながら、ダラダラやる時間がもったいないですよ。

わたしの場合、フリーランス仲間と飲み会することもありますが、わたしより歳が20歳近く上の大先輩もたくさんいます。

いつも仕事の話もしますが、

「旦那と息子と新しいゲームにハマっちゃってさ」
「この前オススメしてくれた店、奥さんと一緒に行ってきたよ」
「ガキ使と、M-1グランプリ観ました?」

とか普通にプライベートの話もするので、楽しいんですよね。

忘年会で不満が生まれるくらいなら、いっそのこと「年末の忘年会は廃止して、家族や好きな人と有意義に過ごしてください」と変えたほうが、上司や部下との会話も生まれると、わたしは思ってます。

任された仕事をただマジメにこなし、不満を言うだけ

これが一番問題です。

任された仕事をただマジメにこなして、「仕事がつまらない」とか「給料が低い」とか、文句だけ言ってもなにも変わらないです。

こういったタイプの人が転職活動で面接するとき、「前の会社の不満とかありますか?」と聞いても、「特にありません」と答えるでしょう。
(→転職する以前の問題で、辞めない人のほうが多いかもですが。。)

  • やりたくないなら「NO」を言う
  • とりあえずやる。やりながら、上司がなにを求めているか考える
  • 残業したくないなら、定時で帰る
  • 給料が低いなら、必要な努力をして、交渉する
  • もう限界なら、会社をやめる

上記のように自分で考えることができないと、ただの「扱いやすい人材」になり、どこの企業で働いても不満を溜め続けることになります。

ただ不満を言うだけではなく、

  • 自分で改善、解決できることなのか
  • まわりを巻き込めば、改善、解決できることなのか
  • 自分だけでは、どうにもできないことなのか

上記を考えつつ、環境を変えるべきか、判断すべきですよ。

「マジメにこなす=素直」ではないことは強調しておきます。

「こんなに頑張っているのに、給料が低い」と不満を言う人は勘違いしてます。

「報酬 = 自分の労働力やクオリティへの対価」ではなく、
「報酬 = 自分が提供した価値への対価」ということを忘れてはいけないですよ。

頑張ることも大切ですが、「頑張っているのに」と不満を溜めても、給料はなかなか上がりません。

「価値」にフォーカスしつつ、自分で考えながら行動しましょう。

まとめ:「必要な素直」なら、自分もまわりも、モチベがアップする

わたし自身、スクール講師時代もそうですが、仕事仲間の後輩、学生、社会人の方たちに、プログラミングやデザインなどのスキルを教えてきました。

必要な素直さがある人は、圧倒的に成長します。
教える側も素直な人に教えると、モチベーションが保てるんですよね。

  • 意見やアドバイスをする
  • 素直な人はすぐに実行
  • 目に見える成長を感じ、お互い喜ぶ
  • うまくいかなかったときは、一緒に考える

という感じで、「お互いが一緒に頑張ろう」という空気になってくるんですよね。

うまくいかなかったときに、「なぜか」を一緒に考えていくと、教える側も成長できます。
Win-Winな関係が築けるわけです。

社内でも同じようなことが連鎖すれば、かなり働きやすい環境になるので、会社側も嬉しいですよね。

みんなが幸せに働くためにも、「必要な素直さ」を持つ人材になりましょう。