どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「今の仕事は面白くもないし、給料も低い。このままでいいのかな…」
「もっと成長したいけど、今の職場では成長できないかも…」
「今の仕事はつまらないし、自分がやりたいことではない…」

上記のモヤっとした悩みに答えていこうと思います。

今回は、今の職場、環境は「なんとなく違う」という違和感がある20代のサラリーマンの方向けに、

  • 週5、40時間以上もの時間をただ浪費しているなら、環境をすぐに変えるべき

というテーマでお話します。

成長意欲のあるサラリーマンの方もご一読くださいませ。

本記事を書くわたしは、元サラリーマンで、今はフリーランスとして生計を立てています。

新卒1年目はWeb系企業に入社し、デザイン、プログラミング、企画の仕事をして、独立するためのスキルを磨きました。

大学時代の飲食アルバイトは「時間もったいないなー」と思いながらダラダラ仕事してましたが、卒業後に入社したWeb系企業はわりと自分のやりたいことにチャレンジできる環境だったので、時間を浪費している感覚はあまりなかったです。

そういった過去の経験をもとに深堀りしてお話しますので、参考にどうぞ。

週5・40時間も「ただの浪費」をしているサラリーマンは、環境を変えるべき

タイトルのとおりですが、

時間の浪費をしている感覚があるサラリーマンは、環境を変えるべきです。

サラリーマンのなかでもいろいろなタイプがいると思います。

  • 生活できる最低限の給与さえもらえればいい。そして、プライベートが楽しめればいい
  • 今の仕事はやりたい仕事ではない。楽しめる仕事をしたい
  • とにかく稼げる仕事がしたい。副業もチャレンジしたい
  • 常に成長できる環境に身をおいて、市場価値を上げたい
  • 自由な生活がしたいので、独立を目指したい

などなど。

サラリーマンひとりひとりに「なんのために仕事をしているか」「どうなりたいか」問うと、まったく違う答えが返ってくるでしょう。

「自分がなんのために仕事をしているか」という目的に対し、まったく違うことに時間を割いていると、

「このままでいいのかな…」
「なんか今の仕事は違うな…」
「自分には向いてないかも…」
「こんなはずじゃなかったんだけどな…」
「毎日楽しくないかも…」

といった感じで、「違和感」や「不満」が生まれてくるものです。

サラリーマンは基本的に、週5、計40時間以上(月にして160時間くらい)もの時間を使って仕事していると思いますが、残業や通勤を含めれば、1日10時間前後は、会社のために時間を使ってますよね。

モヤッとした違和感や不満があるなら、「自分の人生を考えたときに、なにが大切なのか」を一度考えて、環境を選んだほうがいいです。

先ほど例に挙げた、サラリーマンのタイプ別で考えてみましょう。

生活できる最低限の給与さえもらえればいい。そして、プライベートが楽しめればいい
平均年収くらいの給与がもらえて、定時で帰宅できる仕事をする

今の仕事はやりたい仕事ではない。楽しめる仕事をしたい
自分が苦に感じない仕事をする。もしくはやりたいことがあるなら、挑戦する

とにかく稼げる仕事がしたい。副業もチャレンジしたい
IT系の企業で、副業を始めてみる

常に成長できる環境に身をおいて、市場価値を上げたい
自分が毎日成長を感じられる環境、かつ市場価値の上がる仕事をする

自由な生活がしたいので、独立を目指したい
独立するためのスキルが磨ける環境で仕事をする

それぞれのタイプで、目指すべき適した環境が変わるはずです。

今の職場が自分に適した環境ではないなら、「時間をただ浪費している」という状態なので、環境を変えたほうがいいです。

目の前のことを一生懸命がんばるのも良いことですが、一度向き合って、考えてみてください。

「時間をどう使うか」を考えて、行動しよう

  • 奨学金(借金)を返さないといけないから、今の仕事をするしかない
  • 適した環境を見つけるべきだなんて、強者の論理
  • そんなカンタンに自分に適した環境なんて見つからない

こういった反論も出てくるかもしれません。

サラリーマンの場合、毎日決まった時間は会社に出勤しないといけないので、「どうしても考える余裕がない」という気持ちはよくわかります。

会社から帰宅したら、ご飯食べて、お風呂入って、寝る時間になるという人も多いはずです。

ほとんどのサラリーマンが、毎日10時間前後は時間を取られるわけですが、「幸せになりたい」「自分の人生を少しでも豊かにしたい」と思う気持ちがあるなら、「その状況、問題をどうやって解決するか」を少しずつでいいので、考えるべきです。

「今の仕事はなんか違う。今より収入をアップさせたいし、将来は独立したい」と思うのであれば、

  • 今の会社に見切りをつけて、必要なスキルを身につけて、環境を変える
  • 本業のスキルを活かし、時間的に余裕のあるホワイト企業に転職して、副業をする
  • 今の環境で副業を始めて、本業の収入を超えてから、独立
  • 半年以上なにもしなくても生きられるくらいのお金を貯めて、独立
  • 今の会社から仕事を請け負う契約を結んで、独立

上記のようにいろいろな選択肢があるわけなので、自分に合う環境は絶対にあると思います。

ちなみにわたしの場合、3つ目の「今の環境で副業を始めて、本業の収入を超えてから、独立」という選択をしました。

平日時間が取れないときもありましたが、「副業で稼げれば、ひとつの会社にしがみつかずに済む」と考えていたので、疲れた体に鞭打って、行動に移すようにしてました。

土日なら遊ばなければ、8時間以上は時間が取れます。

平日がどんなに忙しくても、土日で時間も取れるはずです。

今自分に適した環境が見つけられていない人は、「限られた時間をどう使うか」を考えながら、行動しなければ、一生時間を浪費し続けることになってしまいます。。。

まとめ:別の手段も持てれば、幸せになりやすい

「今の仕事はなんか違う。どうやったら、幸せになれるだろう」とか考える人も多いでしょう。

今の環境に満足していない人のなかには、心の奥底では下記のようなことを考えている人も多いと思います。

  • 好きなことをして生きたい
  • 年収を増やしたい
  • ひとつの会社にしがみつきたくない

しかし、どちらの欲望も、本業ばかり一生懸命やっていても、おそらくかなわない夢です。

  • 好きなことをして生きたい → 趣味、プライベートの時間を増やす
  • 年収を増やしたい → 副業やスキルアップの時間を増やす
  • ひとつの会社にしがみつきたくない → 複数の選択肢や収入源を持つ

上記のとおりでして、「本業以外の別の手段」がないと、自分が満足する生き方はなかなか実現できないと思います。

目の前のことばかり考えると、自分の生き方や、働き方について、考える余裕もなくなりがちです。

平日は9時〜18時の時間を取られ、残業や通勤に時間を奪われて、結果時間がなくなるという人はたくさんいますし。

「やりたい仕事ができていない。でも、やりたいことがなにか分からない」と悩むのであれば、まずは「自分が苦に感じないことをなにか」を考えつつ、環境を変えることをオススメします。

営業が苦手。苦痛。

「なぜ営業は苦に感じるのか」を考える

ノルマ、残業がつらい。特に夏にスーツ着て、歩き回るのがつらい

「ノルマ、残業がない仕事はなにか」「歩き回らない仕事はなにか」を考える

ノルマも残業もないホワイト企業に入って、定時で帰宅して、ひたすら好きなことにのめり込む

あくまで一例ですが、上記のように「自分が苦に感じないこと」を考えて、環境を変えると、自分の好きなことも実現しやすいと思います。

「もっと稼ぎたい。将来的には独立したい」と考えているのであれば、「稼げてるうえに、独立もしやすい仕事はなにか」を考えて、環境を変えればいいです。

もっと稼ぎたい。将来的には独立したい

「稼げて、独立もしやすい仕事はなにか」を考える

IT・Web系を目指す

「未経験で独立するか、IT企業に入ってスキルを磨くか」を考える

副業から始めて、軌道に乗ってから、独立することを決意する

スキルを磨きつつ、副業ができる転職先を探す

という感じですね。

「今の仕事は、ただの時間浪費」と感じているなら、「どうやったら有意義な時間を増やせるか」を考えたほうがいいです。

自分の人生を豊かにするためにも、少しずつ前進していきましょう。