どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「プログラミング学習を始めたい…」
「でも何から始めればいいかわからない…」
「上達までのステップを教えてもらいたい」

というプログラミング初心者のよくある悩みにお答えします。

今回は、プログラミングをこれから始める方や、学習を始めたばかりの方向けに、

  • プログラミングの始め方【5つのステップ】
  • プログラミング初心者のよくある質問集

というテーマでお話しします。

この記事を書いているわたしは、大学在学時にプログラミングの学習を始め、ITスタートアップ企業にアルバイトで入りました。

アルバイトで実務経験を積んだおかげで、大学卒業後、Web系企業に入ることができました。

現在はフリーランスとして活動してますが、過去にWeb系スクールの講師も経験したので、その経験からお話してまいります。

この記事を読んだ後は、すぐに行動する勇気が持てるようになると思います。

すぐにでもプログラミング学習を始めたい方は、下記学習サイトをお試しください。

Web系スクール講師がオススメする学習サイト

  • ドットインストール(動画型)→ まずこれやる
  • Progate(スライド型)→ 手を動かしながら理解する
  • Udemy(動画型)→ 現役エンジニアから実践で学ぶ

初心者のためのプログラミングの始め方【ステップは5つ】

プログラミング学習の初心者は、下記5つのステップでプログラミングスキルを磨くといいです。

  1. 「どこを目指すか」を決める
  2. 「最初に何の言語を学ぶか」を決める
  3. 基礎スキル習得
  4. 自分でなにかつくる
  5. 環境に飛び込む

わたしも上記のステップで、Web系企業に入りました。

ひとつずつ解説しますので、これからエンジニアになりたいという方は、ご参考ください。

どこを目指すか

まずは、どこを目指すか自分なりに考えてみてください。

  • Web業界に入る
  • フリーランスになって、自由に働きたい
  • ゲームアプリ会社に入って、アプリを開発したい
  • スタートアップ企業でWebサービスを作りたい
  • 将来的にフリーランスになって、稼ぎたい
  • Webメディア運営事業で、起業したい
  • 人工知能やIoTなど最先端の技術を身につけたい

という感じで、人によってどうなりたいかが全く違うはずです。

わたしの場合、大学時代に「どうなりたいか」を少しだけ考えていました。

Web系スクールで学び始めた頃に

  • 「フリーランスという生き方があるのか。個人で稼げるようになったら、会社に依存しなくても良さそう」と思い始める
  • スクール講師の紹介で、フリーランスにもたくさん出会い、卒業後はWeb系企業に入ることを決意
  • Web系企業に入るために、必要なスキルを洗い出し、ポートフォリオ(作品)を量産すると決める
  • 作りたいものをどうやって作ればいいか、現役フリーランスからアドバイスをもらう

上記のように、どこを目指すか、どうやって達成するか考えてみてください。

最初に何のスキルを学ぶか

「何から学べばいいですか?」とか「おすすめの言語ありますか?」と聞かれるのですが、作りたいものから決めるのが一番いいです。

理由は、作りたいものによって、学ぶべき言語が変わるからです。

特になければ、「Web系の言語」から始めることをオススメします。

「Web系の言語」を身につけておけば、独立しやすくて、稼ぎやすいですからね。

目的によって、学ぶべき言語が違うというのは、例えばですが、下記をご覧ください。

Webサイトを作る場合

Webサイトを作るときは、

  • HTML
  • CSS
  • jQuery
  • PHP基礎
  • WordPress

などのスキルが必要です。

Webサービスを作る場合

Webサービスを作るときは、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP(またはRuby)
  • Laravel(RubyならRails)
  • Git

などのスキルを学ぶ必要があります。

上記のように目的に応じて、学ぶスキルは変わるので、作りたいものがあるなら「作るために必要なスキルはなにか」洗い出してみてください。

スマホアプリを作る場合は、また違う言語を学ぶ必要があります。

自分の作りたいものがあると、学習のモチベーションも保ちやすいので、考えてみてください。

基礎スキル習得

基礎スキルを磨くときは、下記3つのサイトを使えばOKです。

  • ドットインストール(動画型)→ まずこれやる
  • Progate(スライド型)→ 手を動かしながら理解する
  • Udemy(動画型)→ 現役エンジニアから実践で学ぶ

上記のサイトだけでも十分学べます。必要に応じて書籍を買えばいいですよ。

Udemyは、学習したい言語を検索すれば、関連の動画が出てきます。

わたし自身、上記3つのサイトを使って学習もしてましたし、スクールの受講生にもオススメしてました。

書籍やサイトもそうですが、2周か3周すれば、十分基礎は理解できるかなと思います。

・1周目
サンプルコードを写経しつつ、動作確認する

・2周目
サンプルコードを写経しつつ、アレンジしてみる

・3周目
理解度の低い箇所を重点的にやるか、課題をやってみる

こんな感じですね。

注意点は下記です。

  • サンプルコードをなんとなく写経せず、ひとつコードを書いたら、動作確認すること
  • サンプルコードをアレンジするときは、いきなり難しいことをやらず、少し変えてみればOK
  • 理解度の低い箇所をやるときは、覚えなくて良い箇所まで無理してやらないこと
  • 動画の場合は、ひとつずつ一時停止したり、巻き戻して、コードをゆっくり書くこと
  • Progateの場合は、レベル上げとか気にしなくていい

自分でなにかつくる

基礎を学んだ後は、実践あるのみです。
自分でなにか作ってみることにチャレンジしてみてください。

例を挙げてみます。

HTML、CSS、jQueryの基礎を学んだなら、

  • 簡単なWebサイトを作ってみる
  • 作れそうなサイトを模写コーディングしてみる

JavaScriptの基礎を学んだなら、

  • スマホ用メニューを作ってみる
  • 写真のスライドショーを作ってみる
  • ストップウォッチを作ってみる

PHPの基礎まで学んだなら、

  • 簡単なフォームを作ってみる
  • 簡単な掲示板(アップロード機能付き)を作ってみる
  • 簡単なTodo管理アプリを作ってみる

基礎を学んだだけだと忘れてしまうので、基礎を学んだ後は、上記のように実際に作ってみることがすごく大事です。

わたしも上記はすべてやりました。

また、まわりに聞ける人がいるなら、作ったものを見せることをオススメします。

アドバイスをもらえたり、「こんな感じで個人開発してるよ」と開発してるものを見せてもらえたりするので、勉強になりますよ。

まわりにいない場合は、プログラミングスクールに通ってみるといいです。

受講生や講師さんに見てもらうだけで、なにか発見があるはずです。

下記記事では、Web系スクール講師、フリーランスが、「プログラミングスクールの選び方」について書いてますので、参考にどうぞ。

環境に飛び込む

最後は、新しい環境に飛び込めばOKです。

  • 学生なら、IT企業にインターンやアルバイトとして入る
  • 社会人なら、IT企業に転職する

ずっと学習していても、プログラミングスキルは磨かれないので、環境に飛び込んで追い込んだほうがいいですよ。

面接では、学習してきたことや、自分で作ったものをアピールすれば、受かるかなと思います。

「今はまだ実績不足ですが、未経験なりにこういうものを作り(見せつつ)、スキルを磨き続けました。」
「御社に入ってからも、個人開発は続けてスキルを磨き、エンジニアとして貢献していきたいです。」

みたいな感じで、やる気を見せつつ、自己アピールしましょう。

企業に入ってから、実務で経験を積むことが一番効率いい学習方法なので、チャレンジしてみてください。

スクール受講生からよく聞かれた質問

わたし自身、Web系スクールで講師として、Webデザインやプログラミングを教えていました。
講師時代のときに、受講生からよく聞かれた質問もまとめて見たいと思います。

パソコンはなにがオススメか

パソコンは正直スペックが良ければ、なんでもいいと思っている派です。
わたし自身、MacもWindowsも使ってますし。

すでにパソコンを持っている方は、今のパソコンで学習を始めましょう。

「就職が決まってから新しいパソコンを買う」でも遅くはないです。

入社後に新しいSurfaceやVAIO、MacなどのPCを社員に支給している企業もあるので、焦らなくてもいいと思います。

これからWeb業界を目指してパソコンを買いたい方は、Mac(13インチ、Corei5、メモリ8GBくらいのスペック)買うことをオススメします。
ベンチャー企業はMacを使用している人が多く、お堅い大企業はWindowsが多めですね。

あとは好みで決めてください。優秀なエンジニアでWindows派の人もいれば、Mac派の人もいるので。

ストレージの容量はあまり気にしなくてもいいです。ちなみにわたしは128GBです。

容量を補うために、Dropbox(2TB)と外付けハードディスク(3TB)を使ってますが、パソコンのストレージはまだいっぱいになってないですね。
ほかにもGoogleドライブとかクラウドをうまく使えば、なんとかなります。

書籍の選び方を教えて下さい

本屋にまず行ってください。
そして、自分がわかりやすいかもと思ったものを素直に買えばOKです。

企業で実際に働いている人(インターンやアルバイト含め)は、優秀なエンジニアからオススメしてもらったならその日に買うべきです。
理想としている人物からアドバイスをもらったなら、すぐAmazonで買いましょう。

どうやって覚えてますか?

あまり覚えようとしてないですね。

プログラミングを続けているうちによく使うパターンは、使っているうちに覚えました。
普段の仕事ではよく使うコードは、テンプレを用意して、コピペで実装してます。

もし忘れてしまった場合は、ググればいいです。
エラーなどわからない場合も、ググるのが基本ですね。

現役エンジニアもみんなググりまくってます。

エラーで躓いたときはどうしてますか?

基本自分でググって解決します。
それでもわからない場合は、質問サイト(teratailなど)を利用したり、フリーランス仲間に質問すれば、解決できますね。

初心者の方の場合は、メンターがいたほうが心強いと思うので、プログラミングスクールで講師に質問しまくることをオススメします。

その他ご質問あれば、お問い合わせください

プログラミングを学び始めると、たくさん壁にぶつかるので、悩みや質問があれば、当ブログのフォームからお問い合わせしていただければと思います。

フォームはこちら

「自立した生活がしたい」「好きな場所で、好きな時間に働きたい」「自分の時間を大切にしたい」という方は、フリーランスを目指してプログラミングに挑戦してほしいです。

まとめ

まとめなので、おさらいします。

  1. どこを目指すか
  2. 最初に何の言語を学ぶか
  3. 基礎スキル習得
  4. 自分でなにかつくる
  5. 環境に飛び込む

上記の5つが大切です。

例えば、エンジニアを目指す場合の行動のステップは下記のとおり。

フロントエンドエンジニアを目指したい

HTML・CSS・jQueryを身につける

学習サイトと書籍を使いつつ、基礎学習する

独学で詰まった場合は、プログラミングスクールでアドバイスをもらう

簡単なWebサイトを作ってみる

フロントエンドエンジニアを募集している企業に面接を受けにいく

という感じで行動すればOKです。

必要に応じて、プログラミングスクールで学んで効率化するといいですよ。

「プログラミングスクールは行くべきか」という論争もよくありますが、

  • 現役エンジニア、フリーランスからアドバイスをもらいたい方
  • 独学だとモチベーションが続かない方
  • できるだけ時間をかけずにスキルを身につけたい方

上記のどれかに当てはまる方は、プログラミングスクールで学ぶといいです。

わたし自身、会社員時代にはできなかった

  • 平日昼間から遊ぶ
  • 平日も旅行しつつ、仕事する
  • 休みは自分で決める

という働き方が今できています。

この働き方をするまで、プログラミングを猛烈に学習しました。
今はわりと自由に生活してるので、この記事を読んでいただいた方を少しでも勇気づけらればと思いつつ、執筆しました。

最後に伝えたいことは、この記事を読んでも行動しないと、プログラミングは習得できません。

行動する人は、5%もいないです。

5%に入れるように行動していきましょう。

というわけで、今回は以上です。

質問がありましたら、メールフォームからお願いいたします。

プログラミング初心者の方にオススメする学習サイト

  • ドットインストール(動画型)→ まずこれやる
  • Progate(スライド型)→ 手を動かしながら理解する
  • Udemy(動画型)→ 現役エンジニアから実践で学ぶ