どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「プログラミング初心者だけど、副業にチャレンジしたい。現役フリーランスの話を聞いてみたいな」
「プログラミングを学んで副業をしたい。月5万円くらい稼ぐステップを知りたい…」

上記の悩みにお答えします。

今回は、プログラミング初心者や、これから副業を始めたい、プログラミングを始めたいという方向けに、

副業で「月5万円稼ぐ方法とステップ」

について解説します。

ちなみにこの記事を書いているわたしは、アラサーで現役フリーランスです。
Web系企業に入社した新卒1年目の頃から副業を始め、2年目には副業の収入が会社の給料をはるかに超えることができました。

Web系スクールで講師をしていた時期もあり、プログラミングやWebデザインも教えた経験をベースに、今回の記事を執筆してまいります。

この記事を読んだあとは、継続することの重要性が理解でき、行動する勇気が持てるようになると思います。
ぜひ実践してみてください。

プログラミング副業で「月5万円稼ぐ方法」は2つ

プログラミングの初心者が月5万円稼ぐのであれば、

  • クラウドソーシング
  • 友人、知り合いからの紹介

上記のどちらかの方法で可能です。

一番手っ取り早いのは、友人や知り合いから仕事をもらいつつ、実績を増やしていくことですね。
わたしもフリーランス仲間から仕事をもらうこともありますし、仕事を任せることもよくあるので、仕事が途切れることがなくなります。

とはいえ、最初からフリーランス仲間がいる方はそう多くないと思いますので、後ほどクラウドソーシングでの仕事の探し方も解説します。(月5万円稼ぐまでの方法とステップを順で、解説します。)

まずは基礎スキルを習得する

まずは基礎スキルを習得しましょう。

習得すべきスキルは、

  • HTML
  • CSS

この2つのみです。上記を徹底的に学習して、身につけましょう。

スキル習得期間は、最短で3ヶ月くらい(1日2時間 ✕ 90日 = 180時間)ですね。
長くて半年くらいあれば、身につくと思います。

独学する際におすすめの学習方法

学習は独学でもできるので、下記サイトで学習してみてください。

  • ドットインストール(動画型)→ まずこれやる
  • Progate(スライド型)→ 手を動かしながら理解する
  • Udemy(動画型)→ 現役エンジニアから実践で学ぶ

学習サイトの詳細やオススメの講座は、下記記事で解説してます。

上記の記事では、PHPやJavaScriptなどのオススメ講座も紹介してますが、やらなくてもいいです。

独学だと自信が持てない方は、プログラミングスクール

「独学だと自信が持てない…」
「いきなり受注は不安…」

という方は、一度転職すべきです。

転職するためには、実践的なスキルも学んでおく必要があります。
結論から言うと、「就職・転職サポート付きのプログラミングスクール」で学ぶのが手っ取り早いです。

受講費はかかりますが、現役エンジニアの講師に質問して、アドバイスをもらいながら学習できるので、実践的な内容を学べます。
同じスクールで学ぶ受講生とも仲良くなれば、仕事のパートナーとして協力し合うことも可能なので、モチベーションも保ちやすいです。

一度転職してしまえば、すぐに費用は回収できますし、副業で稼げるようになれば受講費が何倍にもなって返ってきますよ。

スキルを磨いたら、自分でサイトを1つ作ってみる

独学か、プログラミングスクールで基礎スキルを身につけたら、自分でサイトをコーディングしてみましょう。

今持っている知識で簡単に作れそうなWebサイトを探して、模写コーディングしてもいいですし、自分でオリジナルで作ってもいいと思います。

参考サイトを探すときは下記が役立ちます。

スクールで学ぶ方は、オリジナル作品を制作する機会もあると思うので、講師にアドバイスもらいながら制作できますよ。
だいたい制作期間は、2週間〜1ヶ月(1日2時間 ✕ 14日 = 28時間)あれば、できると思います。

自分で作ったサイトも実績になるので、ぜひチャレンジしてみてください。

月5万円の副業案件を受注する方法【クラウドソーシングの使い方】

クラウドソーシングは、

「仕事を受注したい人」と「仕事を依頼したい人」をマッチングするサービス

です。
Webサイト、アプリ、ロゴ、名刺、イラストなどの制作案件がたくさんあり、基本的には依頼主が仕事内容と納期を決めます。
受注したクリエイターは、仕事を納期までにきっちり完了させて提出。そして、報酬を受け取れるというシンプルな仕組みですね。

今回は、代表的なクラウドワークスで受注する方法をご紹介します。

プログラミング案件を探す

クラウドワークスでカテゴリーごとに仕事を探せる

クラウドワークスはカテゴリーごとに案件を探せるのですが、コーディング案件を探すときは「HTML・CSSコーディング」カテゴリーで仕事を探します。
下記で気になる案件をチェックしてみてください。

見てもらうとわかると思いますが、おおよそ「1万円〜5万円」くらいの単価で、小規模サイトのコーディングが多いです。
LP(縦長1ページ)の案件もデザイン込みで「5万円」くらい単価がけっこうあるので、デザイナーと組んで美味しい案件を狙うのもアリです。

ちなみにわたしの場合、LP案件(コーディングだけ)で、「12万円」とかで受注することもざらにあります。(まだまだ単価を上げる予定です)
コーディングだけなら、実工数2日もかからないですね。LP案件だと、時給にすれば1万円とか余裕で超えますよ。

「どうやって単価を上げてるのか」聞かれることもありますが、実績を積んで、信頼度をアップすることが大切です。
初心者はいきなりたくさん受注すると納品が大変なので、まずは1件1件を丁寧かつ迅速な対応をして、実績を増やしていくことに専念するといいですよ。

もしデザイン込みの案件がある場合は、デザインができるデザイナーさんを、パートナーにしましょう。
パートナーがいないという方は、Web系スクール(通い型)でデザインを学んでいる人と仲良くなったり、SNSで初心者を見つけて、「一緒にやりませんか?」とコンタクトを取ったりすれば見つかるはずです。

提案・自己紹介

提案、自己紹介は、下記をコピペして、自分なりに書き換えてみてください。

はじめまして、【活動エリア】を中心に活動しております【名前】と申します。
「丁寧に・即レス・迅速な制作対応・期待を超えるクオリティ」を心がけています。

納期は◯日程度で可能です。土日も対応可能です。

一度ご利用していただけますと、スピードや、クオリティもわかっていただけると思います。
もし、成果物にご納得いただけない場合は返金保証付きなので、ご安心くださいませ。
バグなどの無料保証もついております。

—–

■できること

  • サイトのコーディングはまるごとお任せください。
  • HTML・CSSを使ったホームページ制作・ランディングページの作成
  • コーディングは3回まで無料で修正可能
  • 納品物に納得がいかない場合は、100%返金保証(規定あり)
  • 納品後のバグ対応は、3年間無料保証

■制作実績

  • URL: 自分でコーディングした制作物

—–

ご一緒にお仕事をする機会を楽しみにしております。
「頼んでよかった!」と思っていただけるようなサービスをご提供することをお約束いたします。

ご不明点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

上記の提案文をベースにしていただければと思います。ポイントは下記のとおり。

ポイント

  • 本名、活動エリア
  • 迅速な対応が喜ばれるので、納期は早いほうが良い
  • できれば最初は土日対応
  • できることを明確に書く
  • 修正回数、返金制度、保証など付加価値で差をつける
  • 制作実績は紹介しておくと、信頼度アップ
  • 制作実績が少ない場合は、こんな感じのサイト作れますと提案すればOK

自己紹介はシンプルでOKです。

「プログラミング初心者だけど、副業するのが不安…」という方向け!【質問に回答します】

プログラミング初心者なら、不安があって当然です。

ここでは、Web系スクールで講師をしていたときに質問されたことなどを含め、よくある質問や相談に回答していきたいと思います。

途中厳しい言い方もするかもしれませんが、この記事を読んでいただいているあなたの不安をひとつひとつ取り除いて、行動に移してもらうのが目的です。
なので、丁寧に回答します。

いきなり受注するのが不安というか、怖いです…

コーディング初級者だと、わからないことが出てきて当たり前です。
わたしもそうでしたし。

基本はググればだいたい解決しますが、どうしても不安なことやわからないことがある場合は、下記サイトがオススメです。

teratailは完全無料です。
タイムチケットは、相談役となる各個人のメンターさんが「1時間〇〇円」という感じでチケットを売っているので、買って相談することができます。

もしどうしても受注する自信がないという方は、1、2年ほどWeb系企業に入社して、実務を積みながら実績を増やしておくといいです。
転職するためには、「就職・転職サポート付きのプログラミングスクール」に入ってから、講師(メンター)の元で実践的なスキルを磨いて、Web系企業を紹介してもらう流れが一番いいですね。

受講費はかかりますが、30万円くらいで一生使えるスキルが手に入るなら、個人的には投資すべきだと思います。
Web系企業に入ってから1、2ヶ月くらい働けば、すぐに回収できますからね。

お金は使うべきタイミングで使わないと、一生後悔することになります。

通う時間がないという方は、TechAcademyならオンラインで学べます。

現役エンジニアがメンターになるので、スキルのことだけでなく、仕事の受注方法などアドバイスをもらうことをオススメします。
まずは無料体験から始めてみるといいですよ。

TechAcademyの無料体験

そもそも副業禁止の会社で働いてます…

自分なら無視して、副業します(笑)
就業後や、土日はどう使おうが、本人の自由だと思ってるので。

とはいえ、不安な方もいるとも思うので、下記記事を読んでいただければと思います。

上記記事でも解説してますが、本気で稼ぐ気があるなら、環境を変えてでも副業にチャレンジすべきですよ。
やらなかった後悔は一生残りますからね。

プログラミングの学習をする時間や、副業をする時間がなかなか取れないです…

副業だから、片手間でも稼げると思っているなら、その考えは今すぐやめてください。
片手間でできるなら、社会人全員がプログラミングの副業をしてますよね?

サイト制作を依頼するクライアントもプロを求めてます。
依頼されて、本気でやるか、それともテキトーにやるかで、今後副業で稼げるかどうかが決まります。

「本業が忙しくて、できない」というのもよく聞きますが、それは言い訳です。厳しい言い方かもしれませんが。
「今は忙しいから…」、「落ち着いたら…」とか「今日は忙しいから、明日から」とか言っていては、永遠に副業で稼げないですよ。

忙しいサラリーマンでも1日2時間くらいは、学習時間や作業時間が取れると思います。

ちなみにわたしが新卒1年目の頃は、

  • 残業はやらない。定時で絶対仕事を終らせる
  • 飲み会はすべて断る(歓送迎会、忘年会は参加しました)
  • 仕事が終わっても帰れない雰囲気のときは、会社のPCで学習
  • 平日は2、3時間学習(忙しいときは30分でもやってました)
  • 土日は最低6時間学習または副業(遊びも減らしました)

という感じで時間を確保してましたね。
続けた結果、2年目には副業収入が会社の給料を超えることができました。

副業するまでに必要なスキルを磨く段階で、ほとんどの人が諦めてしまうので、まずは平日30分でも作業時間を確保しましょう
最初の3ヶ月くらいはしんどい毎日です。3ヶ月超えると、少しずつ成長していると実感できるはずです。

「時間がない、忙しい」と言うのはカンタンなので、「どうやって時間を作ればいいか」を考えてほしいなと思います。

まとめ:ここまで読んでいただいた方へ、月5万円の副収入は人生が変わります。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

大半の人は、プログラミングで副業を始める前に、基礎学習の段階でフェードアウトしてしまいます。
わたし自身、Web系スクールで講師をしていたときに、何十人も「本業が忙しくなって…」とやめてしまう人を見てきました。

基礎学習の段階では、絶対に諦めてほしくないです。

なぜなら、プログラミングを身につけたあとに、副業で稼げるようになって、人生が変わったからです。
講師時代にも、ブラック企業で「働きすぎて疲れた」というスキルなしの社会人が、プログラミングを学んでフリーランスとして独立したという成功モデルも見てます。

副業収入が月1万円でも稼げると、嬉しくて誰かにご馳走したくなりますし、
初任給の100倍くらい嬉しいですよ。

月5万円稼げると、ほんと人生変わります。
年間60万円のボーナスを獲得するのと同じですからね。

月5万円を達成できるようになると、「月10万円 → 15万円 → 30万円」という感じでどんどん伸びていきます。
そのまま継続できれば、会社にも頼らなくていい状態になるので、独立して自由に生活できるようになると思います。

まずは動かないと何も変えることはできません。
この記事を最後まで読んでいただいた方は、素直な方だと思うので、すぐ行動に移せると信じてます。

まずは基礎スキルを独学なり、スクールに通うなりして、学ぶところから始めてみてください。

もし不安なこと、わからないことがあれば、フォームからご質問いただければ、お答えします。
(返信遅めですが、礼儀があり、わかりやすい言葉で誠実に質問してくれる人だけに、お返します。)

というわけで以上です。

この記事を閉じた瞬間から、行動に移しましょう。

「プログラミングの始め方」を知りたい方向け