Photoshopは、

「これからWeb業界へ飛び込みたい」
「デザイナーになりたい」
「写真の加工・編集をしてみたい」

という方は、覚えておいたほうがよいツールの一つです。

この記事を見に来ていただいた方の中には、デザインの作成、写真の編集などに興味がある方がほとんどでしょう。
調べていくうちに、「Photoshop」というソフトがあることを初めて知った方もいらっしゃるのではないかと思います。

じゃあ具体的に

「Photoshopってなに」
「Photoshopってどんなことができるのだろう」

ということを今回はテーマにして、具体例を出しつつ紹介していきます。

Photoshop(フォトショップ)とは

Photoshopとは、アメリカのアドビシステムズという会社が開発した画像編集ソフトです。

Webやデザイン業界では、「フォトショ」と略して、呼ばれる事が多いです。

画像編集ソフトは他にも、無料で使える「GIMP」、かつてアドビシステムズが開発していた「Fireworks」などがあります。

Photoshopは、Webデザイン、印刷物、写真の分野で、プロだけでなく一般の個人ユーザーまで幅広く利用され、世界で最もポピュラーな画像編集ソフトの一つです。

Photoshopってどんな職業の人が使うの?

Photoshopはプロから一般ユーザーまで幅広く使われていると説明しましたが、プロはどんな人が使っているのでしょう。
ざっくりですが、下記のような職種の人たちが使っています。(使う頻度は様々です)

  • Webデザイナー
  • アプリデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • フォトグラファー
  • イラストレーター
  • ブロガー
  • アフィリエイター
  • Webエンジニア

これだけの職種の人たちが使うので、上記のような仕事をしたいという方はPhotoshopのスキルを身につけるべきです。
別記事で使い方など紹介するので、参考にしていただければと思います。

Photoshopはどんなことができるの?

画像編集ができるということはわかりました。
じゃあどのような場面で使用されるの?と気になりますよね。

Photoshopでできる画像処理は、下記のような場面で使用されています。

  • 写真の加工・補正・合成
  • Webサイト・アプリ用の素材作成
  • イラスト・漫画等の印刷物の素材作成

など
写真編集だけでなく、デザインを作ることもでき、
機能を覚えれば覚えるほど様々なことができるのです!

Photoshopでできる具体的な例

言葉でざっくり説明してきましたが、実際に例を見ていきましょう。

写真に写っているいらない要素を消す

写真に写ったゴミや、いらない邪魔なものを消すことで写真の印象も変わります。

写真を補正する

写真の明るさや色彩を調整することもできます。ちょっと暗かったですが、明るさや色彩変えただけで、写真が別のものへと生まれ変わります。

写真の一部を別の写真に合成させる

写真とイラストを合成して、色合いを変えるだけでも雰囲気の伝わる画像が作成できます。

ブログ用のアイキャッチを作成する

Photoshopってなにができるの?

実は今見ていただいている記事の一番上のアイキャッチ画像は、Photoshopで作成しています。
ブログのアイキャッチをもし自分で作れたら、自分のブログもオリジナル感を出せますね。

Web用のデザインを作成する

上記画像のようなコーポレートサイトのデザインやECサイトのデザインなどもPhotoshopで作成することが多いです。

まとめ

この記事のまとめ

  • Webデザイナー、アプリデザイナー、グラフィックデザイナー、フォトグラファー、イラストレーターを目指す人は必ず覚えるべきツール!
  • Photoshopを使えば、写真の編集・加工、イラスト等の作成、ブログ用のアイキャッチ作成、Webサイトやアプリのデザイン作成ができる!

Photoshopで色々なことができることを理解していただけましたでしょうか?

現在のPhotoshopは、開発初期の頃とは比べものにならないくらい多機能になりました。
はじめのうちは、

「この機能何に使うんだろう?」
「実際に仕事で役に立つのかな?」

というような疑問がたくさん出てくるはずです。

今まで使っていた機能がさらに使いやすくバージョンアップしたり、新しい機能が実装されたりと、
どの機能を使えばよいか迷うときもあるかもしれません。

当サイトでは、仕事現場で役に立つ基本スキルや様々な機能を、別記事で詳しく紹介していきます。

あなたが実際にWebの仕事につき、現場で働くことになったとき、
便利な機能を使いこなしてデザインを制作している優秀なデザイナーに出会う可能性もありますし、
あなた自身が基本を覚えて磨きをかけ、より良い方法を見つけるかもしれません。

このサイトでまず基本を覚えて、他の勉強になるサイトを見たり、本を買ったりして調べつつ、
実際にPhotoshopを触って、「デザインを作ってみる」、「写真を編集してみる」といった実践を繰り返すことが上達の秘訣です。

別記事では実際にPhotoshopを使いながら、あまり難しい言葉を使わず説明していきますので、
少しでもあなたのヒントになれば幸いです。