今回の記事では、Photoshopで初めてペイント系ツールなどで描画する方向けに、
「カラーパネル」や「スウォッチパネル」を使用して、色の指定方法を学んでいきたいと思います。

Photoshopの色の基本である「描画色」と「背景色」については、下記記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

ツールバーのカラーピッカーを使用する

「カラーパネル」や「スウォッチパネル」を触れる前に、
まずはじめにツールパネルの[カラー選択ボックス]で色を指定する方法を学んでいきます。

ツールバーのカラーピッカーで色を指定する方法は、下記の記事でもご紹介している方法なので、すでに知っている方は読み飛ばしてください。

下図の四角形が重なっている赤枠部分に注目してください。
初期設定では、「描画色」が「黒」、「背景色」が「白」になっていると思います。

Photoshopの描画色と背景色

実際に色を指定してみます。
「描画色」のボックスをクリックしてください。

Photoshopの描画色設定

クリックすると、[カラーピッカー(描画色)]ダイアログボックスが開きます。

[カラーピッカー(描画色)]は、基本的に「カラーフィールド」と「カラースライダー」を使って、好きな色を指定します。

Photoshop カラーフィールド・カラースライダー

「カラースライダー」を上下にドラッグして、色相を決めます。

Photoshop カラースライダーを上下にドラッグ

色相が決まったら、「カラーフィールド」で好きな色をクリックして、色を指定してください。
現在の色の上に、新しい色が表示されるので、自分の指定した色を確認できたら、「OK」ボタンをクリックします。

Photoshop カラーフィールドの使い方

色を指定した後に、ツールパネルの[カラー選択ボックス]で、
「描画色」が指定した色に変わっていることを確認します。

Photoshop 描画色の設定

設定を変えることができました。

「カラーフィールド」「カラースライダー」で色を指定する方法以外にも、
「RGB値」や、#で始まる6桁の「16進数値」を直接入力して色を指定することも可能です。

Photoshop RGB・16進数での指定

カラーパネルで色を指定する

ここからが本記事でのメインテーマである色の指定方法です。

「カラーパネル」は、Photoshopウィンドウ右側のパネルグループに表示されています。

「カラーパネル」が表示されていない方は、まず表示させましょう。
メニューバーの[ウィンドウ] → [カラー] をクリックしてください。

Photoshop メニューバー→ウィンドウ→カラーパネル開く

「カラーパネル」のインターフェースは、先ほど紹介したツールパネルのカラーピッカーとあまり変わりません。

Photoshop カラーパネルの使い方

「カラースライダー」を上下にドラッグして色相を決めたあとに、
「カラーフィールド」で好きな色をクリックして、色を指定してください。

Photoshop カラーパネルの使い方

「カラーパネル」の「描画色」か「背景色」どちらか設定したいボックスをクリックすると、
[カラーピッカー(描画色)]ダイアログボックスを開くことができるので、数値を直接入力することもできます。

Photoshop カラーパネルの使い方

スウォッチパネルで色を指定する

「スウォッチパネル」も、「カラーパネル」と同様にPhotoshopウィンドウ右側のパネルグループに表示されています。

「スウォッチパネル」が表示されていない方は、まず表示させましょう。
メニューバーの[ウィンドウ] → [スウォッチ] をクリックしてください。

Photoshop メニューバー→ウィンドウ→スウォッチパネル開く

「スウォッチパネル」は、最近使用した色やよく使用する色を一時保存しておくことができます。

上段は最近使用した色が表示されています。
(最近使用した色が表示されるので、下図とは違う色になっていても、問題ありません。)

下段はよく使用する色が表示され、標準で色がすでに登録されています。

Photoshop スウォッチパネルの使い方

「スウォッチパネル」上に、カーソルを移動するとスポイトのようなアイコンに変わるので、
使用したい色をクリックするだけで「描画色」として設定することができます。

メモ

「スウォッチパネル」で任意の色を、
⌘(command)+ 「クリック」

Windowsの場合は、
Ctrl+ 「クリック」
をすると、「背景色」の色を設定することができます。

まとめ

この記事のまとめ

  • 「カラーパネル」は、メニューバーの[ウィンドウ]→[カラー]から開くことができる。
  • 「カラーパネル」は、「カラースライダー」で色相を指定し、「カラーフィールド」で色を決定する。
  • 「スウォッチパネル」は、よく使用する色を保存できるパネルで、使用したい色をクリックすることで「描画色」として設定できる。
  • 「スウォッチパネル」は、メニューバーの[ウィンドウ]→[スウォッチ]から開くことができる。