これからPhotoshopでデザインを学ぶ方は、必ず覚えてほしいカラーモードについて、解説してまいります。

パソコンのディスプレイでみた時と、印刷した紙で見た時、同じ色なのに色が違うということを感じたことはありませんか?
実は色を表す方法は、ディスプレイと紙では、異なります。
その色を表す方法を、「カラーモード」と呼びます。

カラーモードは、いくつか種類がありますが、今回はよく利用される「RGBカラー」と「CMYKカラー」の2種類について説明してまいります。

RGBカラーはディスプレイ用

RGBとは、「光の三原色」と言われる「Red(レッド)」「Green(グリーン)」「Blue(ブルー)」の3色で色を表現する方法です。
RGBは、Red・Green・Blueの頭文字をとっています。

Photoshop RGBモード

RGBカラーは「Red(赤)」「Green(緑)」「Blue(青)」を混ぜて色を再現していますが、
色が混ざると白に近くなっていますよね。

「赤」「緑」が混ざった部分は「黄色」になり、
3色全てが混ざった真ん中部分は、「白」になっているのがわかります。

テレビやWebページなどのディスプレイで見る色は、「RGB」で表現されています。
Webデザインの場合は、「RGBモード」で作るのが一般的です。

CMYKカラーは印刷用

CMYKとは、「色の三原色」と言われる「Cyan(シアン)」「Magenta(マゼンタ)」「Yellow(イエロー)」の3色に、「Black(ブラック)」を組み合わせて表現する方法です。

Photoshop CMYKモード

インクで色を混ぜるイメージで、色が混ざり合うと濃くなっているのがわかりますよね。
「CMY」の「Cyan(シアン)」「Magenta(マゼンタ)」「Yellow(イエロー)」3色全て混ざった部分は、「黒色」になっています。

実際には、「CMY」の3色を混ぜ合わせるだけでは、完全な「Black(ブラック)」を表現するのは難しいため、
「CMYK」は「Black(ブラック)」を加えた4色で色を表現しています。

メモ

「Cyan(シアン)」「Magenta(マゼンタ)」「Yellow(イエロー)」で頭文字とって「CMY」はわかるけど、「Black」の「B」じゃなくて、
なぜ「K」なの?と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

実は「CMYK」の「K」は、ブラックではなく、「Key plate(キープレート)」の頭文字をとっています。
キープレートとは、画像の輪郭などを表現するために用いられた印刷版のことで、基本は「黒」しか使用しないです。

プリンターは家庭用や業務用を問わず、「CMYK」で色を表現しています。
DTPなど印刷物の場合は、「CMYKモード」で作るのが一般的です。

まとめ

この記事のまとめ

  • 「RGB」は、「Red(レッド)」「Green(グリーン)」「Blue(ブルー)」の3色で色を表現する方法
  • 「CMYK」は、「Cyan(シアン)」「Magenta(マゼンタ)」「Yellow(イエロー)」の3色に、「Black(ブラック)」を組み合わせて、色を表現する方法
  • Webの場合は「RGB」、DTPの場合は「CMYK」で、制作物を作る