Photoshop初心者の方にとって、ツールパネルはアイコンが多すぎて、
どれが何の機能かわからなくなり、ゴチャゴチャになりますよね。

「ツールパネルのツールが多すぎて、使いこなせるか不安」
「どのツール使えば良いかわからないんだけど…」
という方向けに今回の記事では、ツールパネルの使い方を説明してまいります。

「ツールパネルって何?」
「ツールパネルってどこに表示されてるの?」
という方は、下記の記事を先にご覧くださいませ。
ツールパネルなどのPhotoshopのインターフェースについて説明している記事です。

ツールパネルを触ってみよう

ツールパネルには、アイコンがたくさん表示されており、様々な機能が用意されています

ツールパネルの隠れているツールもまとめた図が下記です。

区切り線左側がツールパネルです。
区切り線右側に非表示になっているツールを全て含めたものをまとめました。

左側の番号と、右側の番号がそれぞれ紐付いた関連ツールです。

たくさんのツールがあることがわかります。

ツールの切り替え

ツールの切り替えは難しくありません。
それぞれのツールアイコンを適当にクリックしてみてください。
それぞれのアイコンをクリックすることで、ツールを切り替えることができます。

隠れている関連ツールの切り替え

ツールアイコンをよく見ると、右下に小さな三角形アイコンが表示されているものがあります。
各ツール右下にある小さな三角形アイコンは、関連のツールが隠れているということを表しています。

右下の小さな三角形アイコンが表示されているツールを長押しすると、関連の隠れているツールを表示させることができ、使いたいツールをクリックすることで、切り替えることができます。

覚えようショートカット

実はそれぞれのツールは、ショートカットがあります。

例えば移動ツールの場合は、
V
を押すだけで、ツールを切り替えることができます。

ショートカットがわからなくなった場合は、各ツールを選択する際にショートカットも表示されているので、確認しましょう。

文字ツールで文字を入力しているときには、ショートカットは使えません。

メモ

すべてのツールのショートカットを覚えるのは難しいので、よく使うものから覚えるのをオススメします。
もし忘れてしまった場合は、各アイコンの上にカーソルを合わせましょう。
「リッチツールヒント」というツールの使い方を動画で説明してくれる機能が表示されます。

リッチツールヒントをよく見ると、ショートカットを小さく表示してくれます。
覚えるまでは確認しながら、ツールパネルを使いこなしましょう。

ツールパネルの表示切り替え

ツールパネルの表示形式は2列表示にすることもできます。
2列表示に切り替える場合は、ツールパネル左上の三角形(2つ)アイコンをクリックすることで変更可能です。

ツールパネルとオプションバーの関係

オプションバーは、ツールパネルで選択したツールに関する各種設定を行うことができます

つまり、ツールパネルで選択したツールによって、オプションバーの設定項目が自動で切り替わります。
選択したツールの詳細な設定をするために使います。

グラデーションツールを選択した場合は、グラデーションツールに関する項目が表示されます。

グラデーションの設定ができるのですが、線形グラデーションにしたり、円形グラデーションにしたりと、グラデーションの方向も決めることができます。
グラデーションの色も変更も可能です。

文字ツールを選択した場合は、文字ツールに関する項目に切り替わります。

長方形ツールを選択した場合は、長方形ツールに関する項目に切り替わります。

メモ

Q.オプションバーが表示されてないのですが、どうしたらよいですか?

表示されてない場合は、メニューバーの[ウィンドウ]-[オプション]をクリックすると、表示・非表示を切り替えることができます。

まとめ

この記事のまとめ

  • ツールパネルのアイコンをクリックすることで、ツールを切り替えることができる。
  • ツールパネルの各ツール右下の小さな三角形アイコンが表示されているツールは関連のツールが非表示なっている。ツールアイコンを長押しすると、関連の隠れているツールを表示させることができる。
  • オプションバーはツールパネルで選択したツールによって、オプションバーの設定項目が自動で切り替わります。