今回の記事は、

「はじめてPhotoshopを起動する」
「ツールやメニューが多くて、よくわからない」
「この画面エリアのこと調べたいけど用語、名称がわからない」

という方向けに基本画面の見方や用語の説明をしてまいります。

Photoshopの起動の方法やファイルの開き方がわからない方は、下記ページをご覧ください。

基本画面各エリアの見方

Photoshopは、下図のような画面構成になっています。

画面上部には、「メニューバー」、「オプションバー
画面左側には、「ツールパネル
画面右側には、「パネルグループ」、「ドック

というようにそれぞれ分かれています。
まず上記のエリアの名称は覚えておきましょう。

中央の開いたファイルが表示されている部分は、「ドキュメントウィンドウ」と呼ばれています。

では、さっそく一つ一つ解説してまいります。

メニューバー

画面の一番上(水色枠)にある「ファイル」「編集」「イメージ」…と並ぶ部分を「メニューバー」と呼びます。

メニューバーには、Photoshopの機能が、機能別に分かれて表示されています。
一つ一つメニューを説明していきます。

Photoshop CC

Photoshopの環境設定を行うことができます。
単位・定規、書き出し、インターフェースの設定をするときに使います。

Windowsの場合は、[編集]メニューの中に[環境設定]の項目があります。

ファイル

新規ファイルの作成、ファイルを開く、ファイルの保存、書き出し、印刷などを行うことができます。

編集

コピーやペースト、一段階進むや一段階戻る、自由変形などを行うことができます。

Windowsの場合は、[編集]メニューの中に[環境設定]の項目があります。

イメージ

カラーモード、色調補正(彩度や明るさ)、画像解像度やカンバスサイズの変更、画像の回転などを行うことができます。

レイヤー

レイヤースタイル、クリッピングマスク、スマートオブジェクトなど、レイヤー操作全般を行うことができます。

Photoshopには、「レイヤー」という概念があります。
簡単に説明しますが、レイヤーは「層」という意味で、透明なフィルムのようなものです。
文字や画像は一枚のフィルムとして扱われます。
このレイヤーを重ねることで、画像を加工できる仕組みとなっています。

レイヤーについては、別の記事で詳しく説明したいと思います。

書式

文字に対する各種設定などを行うことができます。
現場では、「パネルグループ」の「文字パネル」などを実際に使うので、あまり使う機会はないでしょう。

選択範囲

選択範囲全般の操作や保存などを行うことができます。
選択範囲を使いこなすと、画像を切り取ったり、一部分だけぼかしたり、色を変更できたりと、テクニックの幅がグッと広がります。

フィルター

オシャレな写真に仕上げる際に、各種フィルター(特殊効果)を使用して、画像加工することができます。

基本的な操作を覚えると、このフィルターを活用して、オシャレな画像を作りたくなるでしょう。

3D

3Dオブジェクトの作成、3Dオブジェクトの操作と結合、3Dテクスチャの作成をすることができます。
初心者の場合は、あまり使う機会はあまりないので、このサイトでは説明する予定はありません。

表示

ズームイン・ズームアウトなど表示倍率の変更、ガイドや定規、グリッドの表示設定などを行うことができます。

ウィンドウ

各種パネルの呼び出し、ワークスペースの管理を行うことができます。

ポイント

「文字パネル」が消えた!などパネルグループから機能が消えてしまったときには、
[メニューバー] → [ウィンドウ] から使用したい機能を呼び出すということを覚えておきましょう。

ヘルプ

ヘルプ機能や公式チュートリアルを確認できます。
何かわからないことがあり、Adobe公式の情報を確認したいときには使えます。

また、Adobeアカウント情報の確認、Photoshopのアップデート情報の確認もできますが、パソコンに通知する設定を行ったりしていれば特に使わないです。

ツールパネル

画面の左側(赤枠)にある様々なアイコンが並ぶ部分を「ツールパネル」と呼びます。

[選択ツール]で各レイヤーを選択・移動したり、[長方形ツール]で長方形を描画したり、[横書き文字ツール]で横書き文字を書いたりすることができるツールなどがまとめられています。
このツールパネルは特によく使うので、それぞれのアイコンが何に使う機能なのか、実際に触って慣れていくことが大切です。

「このアイコン何するツールだったかな?」
「リサイズしたいけど、どのアイコンだったか忘れてしまった…」
ということもあると思います。

忘れてしまった場合は、各ツールのアイコンにカーソルを合わせると、何に使うツールか動画で簡単に説明してくれます。

例えば、上記画像のようにカーソルを合わせると、[長方形ツール]だということが動画でわかります。

オプションバー

画面上部のメニューバーのすぐ下にある(ピンク枠)は、「オプションバー」と呼びます。

選択しているツールの設定を行うことができ、選択しているツールによって、表示が変わります。
また、現在選択しているオブジェクトに対する設定項目が表示され、確認、編集することができます。

パネルグループ

画面の右側(緑枠)にある設定ウィンドウの集まりを「パネルグループ」と呼びます。

オブジェクトなどの色を設定するための[カラーパネル]、
書式設定を変えるための[文字パネル]、
レイヤーを作成、並べ替えなどの操作をするための[レイヤーパネル]などがあります。

作業中のオブジェクトなどの設定をするために必要なウィンドウです。
メニューやツールから呼び出した機能の詳細設定をすることができます。

デフォルトでは一部の設定パネルしか表示されていないので、
必要になった設定パネルを表示させたいときは、
メニューバーの[ウィンドウ]から表示されていない他のパネルを表示させることができます。

間違えてパネルグループから消してしまった場合は、メニューバーの[ウィンドウ]から再表示させましょう。

ドック

画面右側パネルグループの左側(オレンジ枠)を「ドック」と呼びます。

メニューバーの[ウィンドウ]から表示したパネル類をアイコン化して表示してくれます。
自分がよく使う機能などを整理して、まとめておくことで作業効率をアップすることができます。

まとめ

この記事のまとめ

  • 画面の構成は、メニューバー、オプションバー、ツールパネル、パネルグループ、ドックに大きく分かれる。
  • メニューバーは環境設定、新規ファイル作成、保存、パネルの呼び出しなど基本機能の使用や設定ができる。
  • ツールパネルは、移動ツール、文字ツール、長方形ツールなど様々なツールが集まっている。
  • オプションバーは、ツールパネルの各ツールの細かな設定を行うことができる。
  • ドックやパネルグループはよく使う機能を整理してまとめると、作業効率が上がる。
  • 「〇〇パネルが消えた!」というときは、メニューバーの[ウィンドウ]から呼び出す。

今回は、Photoshopの起動から終了までの基本操作と画面各エリアの説明をしてまいりました。

この記事を読んだだけでは、各エリアがどんなことをするかいまいちイメージがつかないと思いますが、各用語を覚えておくことは重要です。

例えば、パネルグループの「カラーを設定するパネルメニューがなくなった!」というときには、
メニューバーの[ウィンドウ] → [カラー] を選択すれば、パネルが表示されるということが頭に入っているだけで焦ることはなくなります。

それぞれの機能の使い方については、実際に操作しながら覚えられるように別の記事でご紹介していきたいと思います。