今回は、
「Photoshopのレイヤーは理解しているが、レイヤーパネルに触れるのは初めて」
「レイヤーの操作を思い出したい」
という方向けに、レイヤーの基本操作について解説してまいります。

具体的には、レイヤーの選択・作成・複製・削除・表示切り替えの方法をそれぞれ説明していきたいと思います。
覚えておくと便利なショートカットもご紹介します。

「レイヤー」とはどういうものかよくわからないという方は、下記記事で簡単にまとめているので、ご参考ください。

レイヤーを選択する

レイヤーは個々のレイヤーごとに、編集作業ができます。
そのためには、まず編集したいレイヤーを選択する必要があります。

パネルグループにある「レイヤーパネル」に注目してください。
もし、レイヤーパネルが表示されていない場合は、メニューバーの[ウィンドウ] → [レイヤー]から表示しましょう。

編集したいレイヤーは、クリックして選択します。

レイヤーの基本操作 選択をする

選択されている状態であれば、選択しているレイヤーのみ編集できる状態なので、ほかのレイヤーに影響を与えることはありません。

複数のレイヤーを選択する方法

「移動ツールで複数のレイヤーを移動したい」など、
複数のレイヤーに対して同じ作業をしたいという場面がたくさんあります。
その場合は、複数のレイヤーを選択しなければなりません。

複数のレイヤーを選択する方法は、大きく分けて2つあります。

1つ目が、Shiftキーを押しながらクリックする方法です。
Shiftキーを押してクリックすることで、選択したレイヤーの間にあるすべてのレイヤーが選択されます。

レイヤーの基本操作 複数選択をする

2つ目が、Ctrlキーを押しながらクリックする方法です。

Macの場合は、⌘(command)キーを押しながらクリックしてください。

Ctrl(またはcommand)キーを押しながらクリックした場合は、それぞれ個々のレイヤーを選択することができます。

レイヤーの基本操作 複数選択をする

2つの方法をうまく使い分けて、作業を効率化しましょう。

ポイント

レイヤーの複数選択は、よく使うので覚えておきましょう。

一気にレイヤーを選択する場合

Macの場合

shiftを押しながらレイヤーをクリックする。

Windowsの場合

Shiftを押しながらレイヤーをクリックする。

個々のレイヤーを選択する場合

Macの場合

⌘(command)を押しながらレイヤーをクリックする。

Windowsの場合

Ctrlを押しながらレイヤーをクリックする。

移動ツールでレイヤーを選択する方法

レイヤーパネルで選択する方法以外に、「移動ツール」を使用して選択する方法も便利なので、ご紹介します。

特にWebデザインを作るときは、レイヤーがどんどん増えていきます。
特定のレイヤーを編集したいときに、レイヤーパネルでレイヤーを選択しようとすると、探すのに時間がかかり効率的ではありません。
「移動ツール」を使用してレイヤーを選択するワザを覚えてしまえば、
直感的にレイヤーを探せるので、探す手間を省くことができます。

では、さっそくマネしてみてください。

まずはツールパネルから「移動ツール」を選択します。
(ショートカットは、V

レイヤーの基本操作 移動ツールで選択をする

「移動ツール」を選択したら、オプションバーの「自動選択」という項目で下記2点を確認します。

  1. 自動選択の左にあるチェックボックスのチェックを外す(初期設定ではチェックは外れている)
  2. 自動選択のプルダウンメニューは「レイヤー」を選択
レイヤーの基本操作 移動ツールで選択をする

オプションバーの設定ができたら、Windowsの場合は、Ctrlを押してみましょう。

Macの場合は、⌘(command)を押してください。

Ctrl(またはcommand)キーを押している間は、オプションバーの「自動選択」のチェックボックスにチェックが入り、選択することができます。

レイヤーの基本操作 移動ツールで選択をする

実際にやってみましょう。

選択したいオブジェクトにカーソルをあわせて、
Ctrlを押しながらオブジェクトをクリックします。

Macの場合は、⌘(command)を押しながらオブジェクトをクリックします。

レイヤーの基本操作 移動ツールで選択をする

レイヤーパネルを確認すると、しっかり選択できています。

レイヤーの基本操作 移動ツールで選択をする

さらに、Ctrlと同時に、Shiftキーも押しながらクリックすると、
複数選択することができます。

Macの場合は、⌘(command)shiftを同時に押しながらクリックすると、
複数選択することができます。

「レイヤーパネル」上でレイヤーを選択する方法と、
「移動ツール」でレイヤー選択する方法をご紹介しました。
うまく使い分けて、作業の効率化をしましょう。

レイヤーを作成する

レイヤーを新規で作成する場合は、パネル下部の「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックしてください。
クリックすると、透明な通常レイヤーが新規で作成されます。

レイヤーの基本操作 新規レイヤーを作成

グレーと白の市松模様は、透明を表しています。

レイヤーを複製する

レイヤーの複製は複製したいレイヤーを選択した状態で、
Windowsは、Ctrl+J
を押すと複製できます。

Maの場合は、⌘(command)+Jを押すと複製できます。

レイヤーの基本操作 レイヤーを複製

覚えようショートカット

複製のショートカットは、よく使うので覚えておきましょう。

複製したいレイヤーを選択してから、ショートカットキーを試してください。

Macの場合

⌘(command)+J

Windowsの場合

Ctrl+J

移動ツールでレイヤーを複製する方法

「移動ツール」を使って、複製する方法もご紹介します。

まずは、先ほど「レイヤーを選択する」の章で紹介しましたが、
「移動ツール」を使って複製したいレイヤーを選択してください。

選択できたら、Windowsの場合はAltを押しながら、
ドラッグすると複製することができます。

Macの場合は、optionを押しながら、
ドラッグで複製できます。

レイヤーの基本操作 移動ツールでレイヤーを複製

不要なレイヤーを削除する

Webデザインをする場合は、レイヤーがどんどん増えていきます。
なので、不要なレイヤーは、削除するクセをつけましょう。

削除したいレイヤーを選択してから、
パネル下部の「レイヤーを削除(ゴミ箱)」ボタンをクリックしてください。

レイヤーの基本操作 レイヤーを削除

覚えようショートカット

削除のショートカットは、よく使うので覚えておきましょう。

削除したいレイヤーを選択してから、Deleteを押す。

表示・非表示を切り替える

一時的にレイヤーを非表示にしたいというときには、
レイヤーパネルの「目」のマークをクリックします。

再表示したいときは、「目」のマークを再度クリックします。

レイヤーの基本操作 レイヤーの表示・非表示切り替え

「目」のマークをクリックすることで、表示・非表示を切り替えることができます。

まとめ

この記事のまとめ

  • レイヤーパネルか移動ツールを使い分けて、レイヤーを選択する。
  • レイヤーを新規作成すると、透明レイヤーが作成される。
  • 複数選択のやり方は必ず覚える。
  • 複製のショートカットは、Macは⌘(command)+J、WindowsはCtrl+J
  • 不要なレイヤーは削除するクセをつける。
  • レイヤーパネルの「目」のマークをクリックすることで、表示・非表示を切り替えることができる。