Photoshopのパネルグループ機能は、作業を効率化させるために、自由にカスタマイズできる仕様になっています。
パネルグループから単独で機能を分離させたり、別のパネルに合体させたり、自分で好きなような組み合わせにすることができます。

今回の記事では、
「初めてパネルグループに触れる」
「パネルグループの〇〇パネルを間違えて消してしまった…」
という方向けに、パネルグループの使い方を説明してまいります。

「パネルグループって何?」
「パネルグループってどこに表示されてるの?」
という方は、下記の記事を先にご覧くださいませ。
パネルグループなどのPhotoshopのインターフェースについて説明している記事です。

パネルグループを触ってみよう

パネルグループは、メニューやツールから呼び出した機能の詳細設定をするためのパネルウィンドウが集まった部分です。

パネルグループの格納・展開

パネルグループの上部の三角形アイコンをクリックすると、パネルを一時的に格納してパネル名のみの表示にしたり、展開したりすることができます。

【展開時の場合】

【格納時の場合】

展開することで、作業ウィンドウは狭くなってしまうので、必要に応じて格納しましょう。

必要のないパネルを閉じる

必要のないパネルは非表示にすることも可能です。

今回は、[CC ライブラリ]というパネルは必要ないので閉じます。
[CC ライブラリ]タブで右クリックして、[閉じる]をクリックしましょう。

上記手順で閉じることができました。

必要のないパネルは閉じたほうがスッキリします。

「やっぱりパネルを表示させたい」
というときは、メニューバーの[ウインドウ]-[CC ライブラリ]をクリックすることでパネルが再表示できます。

パネルの切り替え

各パネルはタブをクリックすることで切り替えることができます。

パネルの移動

タブはドラックして切り離せば、好きな位置に分離することができます。

一度切り離したパネルは、パネル上にドラックすることで、別のパネルグループや元のパネルグループに設置することができます。
設置する場合は、パネル上にドラッグすると、青い枠が表示されるので、その枠の部分にドロップすると、グループにドッキング(合体)されます。

切り離したパネルで独立した新しいパネルグループを作ることもできます。
切り離したパネルを下図のように青いラインが表示される場所にドラックすることで、新しいパネルグループが作れます。

ドックもパネルの移動方法と同じ

ドック部分のパネルグループを移動させる場合もドラックで可能です。
下図のようにアイコン上部の点の部分をクリック、ドラッグすることで好きなエリアに設置ができます。

ワークスペースをカスタマイズしよう

ワークスペースとは

ワークスペースとはパネルグループの配置場所・表示を保存しておける機能のことです。

先ほど、パネルグループはドラック操作で好きな場所に設置することを説明しました。

自由度が高いので、表示するパネル、設置位置を整理しておかないと、
「〇〇のパネルが消えた…」
ということにつながります。

バラバラになってどこにどのパネルを設置したかわからなくなったときに、便利なのが「ワークスペース」です。
ワークスペースを活用することで、初期設定の状態に戻すことができます。

さらに、ワークスペースは自分用にカスタマイズして、保存することもできます。
オリジナルのワークスペースを作成することで、Photoshopを閉じた後、再起動しても、自分用のオリジナルワークスペースを呼び出すことができます。

Webデザイナーの人と、レタッチをする人では、使う機能も違うので、自分専用のワークスペースを作ってみてください。

次に、実際に新規でワークスペースを作成していきます。

ワークスペースを新規作成する

メニューバーの[ウィンドウ]からワークスペースの新規作成を行うことができます。
では、現在のパネルの状態を保存してみましょう。

メニューバーの[ウィンドウ]-[ワークスペース]-[新規ワークスペース]をクリック。

今回は、「オリジナルワークスペース1」と名前をつけたいと思います。
他の設定は、特に行わず、このままで良いです。

保存が完了したら、確認してみましょう。

メニューバーの[ウィンドウ]-[ワークスペース]を確認します。

「オリジナルワークスペース1」という新しいワークスペースができていますね。
たったこれだけで自分専用のオリジナルワークスペースを作成して、保存ができます。

よく使うパネルを自分で使いやすいように整理して、ワークスペースとして保存すれば、作業効率をさらにアップさせることができますね。

まとめ

この記事のまとめ

  • パネルグループの配置、組み合わせは自由にカスタマイズできる。
  • カスタマイズしたパネルグループの配置はワークスペースとして保存することができる。
  • メニューバーの[ウィンドウ] → [ワークスペース] → [新規ワークスペース]で名前を付けて、オリジナルのワークスペースを作成・保存できる