今回はPhotoshop初心者の方向けに、
文字ツールの基本である「ポイントテキスト」と「段落テキスト」の違いと使い分けについて、
詳しく解説してまいります。

初めて「文字ツール」に触れる方は、下記記事で「文字ツール」の基本操作を説明しているので、ご参考ください。

「文字ツール」を使用して文字を入力する時は、
ポイントテキスト」と「段落テキスト」という2つを使い分けることができます。

結論から先に言ってしまうと、範囲を指定せずに入力するときは「ポイントテキスト」、
範囲を指定して複数行の文字入力をするときは「段落テキスト」
という使い分けをします。

さっそく学んでいきましょう。

ポイントテキストで文字を入力してみよう

「ポイントテキスト」は、文字の入力範囲は指定せずに、文字の入力をする方法です。

横書き文字ツールで入力した場合は、改行をしないかぎりひたすら右に文字が続きます。
縦書き文字ツールで入力した場合は、改行をしないかぎりひたすら下に文字が続いていきます。

では、実際に「ポイントテキスト」を入力していきましょう。

横書きで長い文字を入力すると、改行しないかぎり、文章がずっと右に長く続いてしまい切れてしまいます。

ポイントテキスト 横書き

縦書きで長い文字を入力すると、改行しないかぎり、文章がずっと下に長く続いてしまい切れてしまいます。

ポイントテキスト 縦書き

段落テキストで文字を入力してみよう

段落テキスト」は、文字の入力範囲(ボックスのサイズ)を決めて文字を入力する方法で、指定した範囲内で行が自動的に折り返されます。
Webデザインをする場合は、複数行にわたる文章を入力することが多いので、複数行の文章を入力するときに使うととても便利です。

使い方は簡単です。
ツールパネルの「横書き文字ツール」を使いながら説明していきます。

「横書き文字ツール」を選択した状態で、カンバス上を任意の大きさでドラッグしてください。

段落テキストの使い方

ドラッグされた範囲で文字入力をするためのボックスが表示されます。
このボックスは、「テキストボックス」または「バウンディングボックス」と呼ばれます。

では、なんでも構わないので、長めの文章を入力してください。

段落テキストの使い方

上図のように文章が指定された範囲内で、自動的に改行されます。

段落テキストのテキストボックスのサイズを数値で指定して、入力しよう

Webデザインを作る場合は、レイアウトの段階であらかじめサイズが決まっているということがあります。

あらかじめ段落テキストの範囲が決まっている場合は、
「テキストボックス」(または「バウンディングボックス」)のサイズを数値で直接入力して、ボックスを作成するほうが早いです。

実際に操作してみます。

ツールパネルで「横書き文字ツール」を選択してください。

カンバス上の任意の位置で、

Macの場合は、optionを押しながら、クリックしてみてください。

Windowsの場合は、Altを押しながら、クリックしてみてください。

[段落テキストサイズ]ダイアログボックスが表示されます。

段落テキストの使い方 サイズ指定

「幅」と「高さ」の数値を入力して、「OK」ボタンを押すと、指定したサイズのテキストボックスが作成されます。

段落テキストの使い方 サイズ指定

段落テキストのテキストボックスのサイズを変更してみよう

「テキストボックス」(または「バウンディングボックス」)のサイズを変更したいときは、
ボックスの上下左右と四つ角にある□をドラッグすることで自由にサイズを変更できます。

ボックスの縦横比を固定したまま大きさを変更する場合は、図形ツールと同様に、Shiftを押しながらドラッグしましょう。

段落テキストの使い方 サイズ自由変形

ボックスのサイズを変更すると、改行も変更した範囲内に合わせて自動的に変更されます。

指定したサイズのテキストボックスから文章が収まりきらない…

任意のサイズで作った「テキストボックス」(または「バウンディングボックス」)に文字が収まりきらないときがあります。
文章が収まらない場合、ボックスの右下に「+(プラス)」のようなアイコンが表示されます。
これを「オーバーフローアイコン」と呼び、指定したサイズのボックスに文章が収まっていないということを表しています。

段落テキストの使い方 文字が収まりきらない

もしボックスに文章が収まりきれていない場合は、サイズを変更しましょう。

ポイントテキストを段落テキストに変換してみよう

「ポイントテキスト」で入力した文章を、やっぱり「段落テキスト」として扱いたいというときもあります。
「ポイントテキスト」を「段落テキスト」に変更する方法があります。

方法は簡単です。

まず変換したいテキストレイヤーを選択します。

ポイントテキストと段落テキストの変換

選択後、メニューバーの[書式] → [段落テキストに変換]を選択してください。

ポイントテキストと段落テキストの変換
ポイントテキストと段落テキストの変換

変換できました。
同じ方法で、「段落テキスト」から「ポイントテキスト」に変換することも可能です。

注意しよう

段落テキストをポイントテキストに変換するときは、ボックスからはみ出ている文字がすべて削除されてしまいます。

テキストが削除されないようにするために、変換前にあらかじめボックスのサイズを調整して、すべてのテキストが表示されるようにしておかなければなりません。

まとめ

この記事のまとめ

  • 「ポイントテキスト」は、文字の入力範囲は指定せずに、文字の入力をする。
  • 「段落テキスト」は、文字の入力範囲をドラッグして決めて、文字を入力すると指定した範囲内で行が自動的に折り返される。
  • 「テキストボックス」(または「バウンディングボックス」)のサイズを数値を入力して決まったサイズのボックスを作成できる。
  • 任意のサイズで作った「テキストボックス」(または「バウンディングボックス」)に文字が収まりきらないときは、「オーバーフローアイコン」が表示される。
  • 「ポイントテキスト」を「段落テキスト」に、「段落テキスト」を「ポイントテキスト」に変換できる。
  • 範囲を指定せずに入力するときや、1行のときは、「ポイントテキスト」を使う。
  • 範囲を指定して複数行の文字入力をするときや、あらかじめレイアウトで文章の幅が決まっているときなどは、「段落テキスト」を使う。