今回は、Photoshopのラスタライズについて解説してまいります。

ラスタライズするメリット、注意点を解説して、実際に文字をラスタライズする方法をご紹介します。

ラスタライズとは

ラスタライズを一言でいうと、「ベクトル画像をビットマップ画像に変換する作業」のことです。

ここで「ベクトル画像」と「ビットマップ画像」がピンと来ない、初めて聞いたという方は、下記記事で簡単にまとめているので、ご参考ください。

「ベクトル画像」と「ビットマップ画像」の違い

「ベクトル画像」と「ビットマップ画像」には、大きな違いがあります。

ポイント

「ベクトル画像」は、点と線を数値化して再現した画像で、イラストやロゴ、図形に向いている。

「ビットマップ画像」は、点の集合体で構成された画像で、写真や風景画に向いている。

「ベクトル画像」と「ビットマップ画像」の2つは、再編集(拡大・縮小)を繰り返すと…

ビットマップ画像は、ピクセルが、びっしり並んで構成されたデータとなっているので、拡大・縮小を繰り返すと、劣化するというデメリットがあります。

ベクトル画像は、ピクセルではなく、点と点を繋いだ線、色、カーブなどを数値としてコンピューターが計算して再現しているので、
拡大・縮小を繰り返してもコンピューターが計算しなおし表現してくれます。
つまり、劣化することがない、画質が落ちないということです。

ベクトル画像とビットマップ画像

冒頭で一言で表しましたが、もう一度「ラスタライズ」とはなにか思い出してみてください。

ポイント

ラスタライズとは、「ベクトル画像をビットマップ画像に変換する作業」です。

ラスタライズのメリット

なぜ画質が落ちない「ベクトル画像」を、「ビットマップ画像」に変換するの?

という疑問が出てきますよね。

実は、「ラスタライズ」にもメリットがあります。

ブラシツールや、消しゴムツールが使える

例えば、ベクターデータである「文字」を、ラスタライズの作業をすることで「ビットマップ画像」として扱われます。
「ただの画像」なので、自由にペイントすることができます。

作業用のデータの容量が軽くなる

ラスタライズによって、「ベクトル画像」が「ビットマップ画像」に変換されると、データの容量が軽くなるというメリットがあります。

ラスタライズのデメリット

ラスタライズの作業には、注意してほしいデメリットがあります。

あとからの変更が難しい

さきほどは、「文字」を例に出しましたが、一度文字をラスタライズすると、あとから文字の変更をすることができなくなります
文字はビットマップ画像に変換されたので、「ただの画像」として扱われるからです。

拡大・縮小の繰り返しはNG

ビットマップ画像に変換されたので、元の画像よりサイズを大きくしてしまうと、ぼやけてしまいます。

また、ラスタライズしたオブジェクトを一度縮小すると、あとから拡大した場合劣化してしまいます
つまり、画質が落ちてしまうということです。

この2点を頭に入れて、ラスタライズを行わなければいけません。

ここまでの説明で、ラスタライズがどういうものか理解できましたでしょうか。

最後に実際にラスタライズの作業をしてみたいと思います。

文字をラスタライズしてみよう

まずは、「横書き文字ツール」で文字を入力します。

横書き文字ツール

今回は、

フォント: メイリオ(Macでメイリオない方はヒラギノ角ゴProでも構いません。)
文字の太さ: レギュラー
フォントサイズ: 30px

に設定しています。

文字の入力が完了後、「レイヤーパネル」を確認してみてください。
入力した文字の「レイヤー」が自動的に作成されています。
レイヤーについては、下記記事で簡単にまとめているので、ご参考ください。

※レイヤーパネルが表示されていない場合は、メニューバーの[ウィンドウ] → [レイヤー]から表示してください。

「レイヤーパネル」から、ラスタライズしたいテキストレイヤー(Tマークのレイヤー)を選択します。

レイヤーのラスタライズのやり方

テキストレイヤーを選択後、メニューバーの[レイヤー] → [ラスタライズ] → [テキスト]を選択します。

レイヤーのラスタライズのやり方

選択すると、Tマークがついていたテキストレイヤーが、Tマークがない通常のレイヤーに変わっていることがわかります。

レイヤーのラスタライズのやり方

試しに「消しゴムツール」で消してみましょう。

ツールパネルの「消しゴムツール」を選択します。

消しゴムツール

ラスタライズしたレイヤーを選択した状態で、文字の上をドラッグしてみてください。

消しゴムツール

消すことができました。

まとめ

この記事のまとめ

  • ラスタライズは「ベクトル画像をビットマップ画像に変換する作業」
  • ラスタライズしたあとのレイヤーは、ブラシツールや、消しゴムツールが使える。
  • ラスタライズしたあとのファイルは、容量が軽くなる。
  • ラスタライズしたあとのレイヤーは、編集が難しい。
  • ラスタライズしたあとのレイヤーは、縮小・拡大を繰り返すと画質が落ちる。
  • レイヤーのラスタライズは、[レイヤー] → [ラスタライズ]