Photoshopで、Webデザインや写真編集を行うときに、「画像解像度」という言葉を耳にしたことはありますか?

Photoshop初心者の方の中には、聞いたことはあるけどよく理解できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では、「画像解像度」の仕組みと、Photoshopで「画像解像度」を変更する方法について学んでいきましょう。

画像解像度とは

画像解像度とは、ビットマップデータにおける画像の細かさを表すものです。

ビットマップデータがわからない方は、下記の記事をご覧ください。

ビットマップデータにおける画像の細かさを表すとは、どういうことかというと、
画像データ内の1インチ(2.54cm)中に含まれるピクセル数はいくつかという「密度」を表すということです。
解像度の単位は「ppi」です。ppiはピクセルパーインチ(pixel ⁄ inch)の略です。

デジタル画像の場合は、「ピクセル(小さな四角)」として表現されるので、「ppi」で表記されます。
印刷用のデータの場合は、「ドット(小さな点)」として表現されるので、「dpi」で表記されます。
「dpi」はドットパーインチ(dot ⁄ inch)の略です。

画像解像度が大きいほど、ピクセルの密度が濃くなるため、多くの色を再現した、滑らかな画像になります。
ただし、データ量は増えるので、ファイルの容量も大きくなってしまうというデメリットもあります。

画像解像度を変更してみよう

Photoshopで下記の花の写真の画像解像度を変更してみましょう。

メニューバーの[イメージ] → [画像解像度]をクリックします。

画像サイズ変更

覚えようショートカット

画像解像度のショートカットは、よく使うので覚えておきましょう。

Macの場合

⌘(command)+option+I

Windowsの場合

Ctrl+Alt+I

[画像解像度]ダイアログボックスが開きます。

画像サイズ変更

縦横比を固定ボタンをクリックして、横幅を「800」pxを指定すると、縦横比を保ったまま縦幅も自動で変更されます。
数値を指定して、「OK」ボタンをクリックしましょう。

画像サイズ変更

画像解像度を変更することができました。

元画像より画像解像度を大きくすると画像が劣化し、ぼやけた印象の写真になってしまうので注意しましょう。

まとめ

この記事のまとめ

  • 画像解像度とは、画像データ内の1インチ(2.54cm)に含まれるピクセル数の密度。