Photoshop初心者からよく聞かれるのですが、

「選択範囲を一度作成するとあとからサイズは変更できないんですか?」
という質問をもらうことがあります。

他にも、
「選択範囲のみ移動しようとすると、選択範囲と一緒に画像自体も移動してしまう…」
というようなことも起きがちです。

今回の記事では、選択範囲の「拡大・縮小」と「移動」をテーマにし、トラブルの対処法もご紹介してまいります。

「選択範囲ってなに?」
「選択系ツールを使ったことない」

という方は、下記の記事を読んでから、本記事を読んでいただくことをオススメします。

それでは、選択範囲のサイズ変更の方法から説明していきます。

選択範囲の拡大・縮小

まずはツールパネルから「長方形選択ツール」を選び、
長方形の選択範囲を作成します。

花のまわりも含めて、長方形の形に選択範囲を作成してみましょう。

長方形ツールで選択範囲を作成する

選択範囲を作成したら、次は右クリックを押してください。
押すとメニューが表示されるので、[選択範囲を変形]をクリックします。

選択範囲を変形

もしくは、上部のメニューバーの[選択範囲]-[選択範囲を変形]をクリック

メニューバーから選択範囲を変形

クリック後、バウンディングボックスが表示されるので、拡大・縮小したい方向にドラッグすれば、変形することが出来ます。

選択範囲を変形で、拡大・縮小

あらかじめサイズが決まっている場合は、オプションバーからサイズ指定したほうが早いです。
オプションバーでは、縦横比の固定の設定や、サイズを直接数値で入力して変形することが可能です。

サイズ指定する場合は、デフォルトでは単位が「パーセント」表記になっているはずなので、
入力欄を右クリックすると「ピクセル」指定も可能です。

選択範囲を変形で、拡大・縮小

選択範囲の移動

選択範囲の移動は、選択系ツールを使用しているときのみドラッグすれば、画像を動かすことなく移動させることができます。

選択範囲を移動する

注意しよう

選択範囲だけ移動しようとすると、選択範囲と同時に画像も切り取られて、移動してしまいます…

結論からいうと、「移動ツール」を使用中のままドラッグすると、選択した範囲の画像が切り取られて移動してしまいます。

選択範囲を移動する

なので基本的には、必ず選択系のツールを使用しているときのみドラッグしてください。
そうすることで、選択した範囲の画像には影響を与えず、選択範囲のみを動かすことが出来ます。

まとめ

この記事のまとめ

  • 選択範囲作成後、右クリックして、[選択範囲を変形]をクリックすると、画像自体に影響を与えず選択範囲のみ変形できる
  • 選択範囲作成後、基本的には選択系ツールを使用しているときのみドラッグすると、画像自体に影響を与えず選択範囲のみ移動できる