Photoshopで選択範囲を作成するとき、一度でキレイに選択範囲を作成できればよいのですが、はみ出したりして意図通りに選択できないことがよくあります。
そういうときに必ず使えるワザをこの記事ではご紹介します。

「選択範囲ってなに?」
「選択系ツールを使ったことない」

という方は、下記の記事を読んでから、本記事を読んでいただくことをオススメします。

今回の具体的なテーマは、選択範囲の「追加」と「削除」です。
追加と削除をうまく使いながら、キレイに選択範囲を作成、調整する方法を説明してまいります。

選択範囲の追加

まずはツールパネルの「長方形選択ツール」をクリックします。
「長方形選択ツール」は、長方形の選択範囲を作成できます。

長方形ツールを使用する
長方形ツールで選択範囲を作成する

花だけを長方形にキレイに選択できました。

一度で選択範囲が作成できればよいのですが、
下図のように選択範囲が小さくて足りない場合がよくあります。

Photoshopで選択範囲を追加する

選択範囲が小さすぎた場合は、あとから選択範囲を追加することが出来ます。

長方形ツールの場合など、シンプルな形に選択範囲を作成する場合は、解除してもう一度選択範囲を作成すればよいのですが、
今回は選択範囲を追加してみたいと思います。

「長方形選択ツール」を選択した状態で、オプションバーに注目してください。

Photoshopで選択範囲を追加する

「選択範囲に追加」というボタンがあるのでクリックしてください。

Photoshopで選択範囲を追加する

クリックしたら、追加したい箇所をドラッグアンドドロップすることで、選択範囲を追加することができます。

Photoshopで選択範囲を追加する

追加できました。

覚えようショートカット

選択範囲追加のショートカットは、よく使うので覚えておきましょう。

追加したい箇所を、Shiftを押しながら、ドラッグアンドドロップ

選択範囲の削除

次は選択範囲の削除を行います。
先ほどの画像の一部(赤枠部分)を削除したいと思います。

Photoshopで選択範囲を削除する

「長方形選択ツール」を選択した状態で、オプションバーの「現在の選択範囲から一部削除」というボタンをクリックしてください。

Photoshopで選択範囲を削除する

クリックしたら、追加したときと同じように、削除したい箇所をドラッグアンドドロップすることで、選択範囲を削除することができます。

Photoshopで選択範囲を削除する

覚えようショートカット

選択範囲の一部削除のショートカットは、よく使うので覚えておきましょう。

Macの場合

削除したい箇所を、optionを押しながら、ドラッグアンドドロップ

Windowsの場合

削除したい箇所を、Altを押しながら、ドラッグアンドドロップ

まとめ

この記事のまとめ

  • 選択範囲追加のショートカットは、Shiftを押しながら、ドラッグアンドドロップ
  • 選択範囲の一部削除のショートカットは、
    Macの場合はoptionを押しながら、ドラッグアンドドロップ
    Windowsの場合はAltを押しながら、ドラッグアンドドロップ
  • 選択範囲の追加と一部削除を繰り返しながら、キレイに選択範囲を作成しましょう