「毎日節約してるのに、思うように貯金が増えない…」
「給料が上がらないし将来不安だから、節約して貯金するしかない…」

というように、20代であれば、お金の悩みはつきものです。

本記事では、なかなか貯金が増えないなという20代前半の会社員や学生に向けて、

「20代は、節約より自己投資したほうが貯金が増える」

ということをテーマに解説してまいります。

わたし自身、新卒1年目で会社にいた頃から、
毎月最低でも「1万円」、平日は毎日「3時間」と、
自己投資に「お金」と「時間」を使い続けました。

その結果、新卒2年目には、副業の収入が本業の収入をはるかに超えることができました。

今回は、わたしの過去の経験をふまえて、お話させていただきます。

20代は、節約より「自己投資」にお金を使うべき3つの理由

「若いうちに貯金はたくさんしておいたほうがいいよ」とまわりの大人たちから言われることってよくありますよね。
散財するよりは、もちろんお金を貯めるほうが大事なことだと思います。

しかし、20代のときからお金を貯めることばかり考えすぎて、節約しても人生は豊かになりません。

自己投資のための出費を惜しんでいたら、まったく自分自身の能力が上がっていかないので、給料も上がらないですからね。
自分の成長のための自己投資には、どんどんお金を使っていいと思います。

節約より自己投資すべき理由は、下記3つです。

自己投資すべき理由

  • 自分の市場価値があがる
  • 若い時から貯金しても、あまり貯まらない
  • 個人で「稼ぐ力」がついてくる

一つずつ説明します。

自分の市場価値があがる

下記2つのうち、どちらが能力が伸びるかは、一目瞭然です。

  • 毎日決められた仕事をそつなくこなす → 残業代をもらうために残って仕事 → 家帰って一日を終える
  • 仕事を定時までに終わらせる → 仕事が終わったらプログラミングスクールで学ぶ → 帰って少し読書して寝る

前者のほうが残業代をもらえるうえに、すぐ帰って寝るだけなので、お金は貯まっていきます。

後者は残業代もらえないうえに、仕事終わりはプログラミングスクールに数十万円使っているので、
短期的にみれば、前者のほうがお金はたまるでしょう。

ですが、あくまで短期的な目線で見た話です。

後者は毎日仕事を定時で終わらせるために生産性をあげる工夫をしているでしょうし、
仕事終わりには自分の成長のために新しい技術を磨いたり、
読書して新しい知識も取り入れています。

それを毎日続けることで能力が上がり、
仕事の「質」も「スピード」も、数年後には前者と大きな差が生まれているでしょう。

毎日自分のために「お金」と「時間」を使う人は、右肩上がりに成長するので、
自分自身の市場価値、市場価格もどんどん上がっていきます

転職を検討する頃には、自分の能力がかなり上がっているので、
今の会社より高い給料の会社へと転職することもできるはずです。

なので、「自己投資しない人」より「自己投資し続ける人」のほうが、
給料にも大きな差が出て、毎月の貯金額も増えていくという好循環が生まれますね。

若い時から貯金しても、あまり貯まらない

そもそもですが、20代で普通に会社員として働いても給料がそこまであがらないので、
貯金額もそこまで増えないです。

会社員になると毎月給料をもらいますが、
例えば給料の一部、月10万円を貯金するとします。

月10万円 × 12ヶ月 = 1年に「120万円」貯まる

大学卒業後から30歳まで普通に働いたとしても、自分の能力に磨きをかけていないなら、
給料も当然大きく上がることはないので、毎月の貯金額も残念ながら上がっていかないです。

自己投資している人なら、数年後には毎月の給料自体が「10万円」ほど上がっている可能性は十分あります。

25,6歳までに結婚を考えているなら節約を優先するのは仕方ないですが、
そうでないなら自己投資をしないで節約することは、合理的ではないです。

個人で「稼ぐ力」がついてくる

会社から毎月もらう給料の一部を自己投資すると、新しいスキルや知識が手に入ります。

わたし自身、新卒1年目の会社員のときに毎月最低でも「1万円」分の本を買って読書していました。

買った本から得た知識やスキルで、さらに今の能力に磨きをかける

身につけたスキルで副業を開始

徐々に仕事が増え、実績も増える

また依頼が来る

生産性をあげるためにまた自己投資して、工夫する

効率的に仕事を進めることができて、本業と副業の収入がアップ

上記のように、わたしは読書や勉強を続けてスキルを磨き、本業でも副業でも仕事の質とスピードがあがり、結果が出るようになりました。

1年目から副業を始めて、2年目には会社の給料を超えることができ、
個人で稼ぐ力も身につきましたね。

本業以外に「個人で稼ぐ力」をつけて、副業でも収入を得ると、

  • いつ会社をやめても問題ない
  • 会社にしがみつく必要がない
  • 収入がアップするので、またチャレンジできる

という感じで心に余裕ができます。

本業収入が手取り20万だとして、副業で月10万の収入があれば、
毎月「30万円」の収入となりますよね。

同じ会社で同じ給料をもらっている何もしていない人より「10万円」も月収が高いことになります。
当然ですが、毎月の貯金額も必然的にあがることになります。

なので、「個人で稼ぐ力」を磨いたほうがより貯金額がアップするのでオススメです。

20代が自己投資すべき5つの分野

20代が自己投資するなら、下記の5つをやるといいです。

毎月1万円からでいいので、自己投資してみてください。

自己投資すべき5つ

  • 自分の今の仕事に役立つスキルを磨く
  • 将来やりたいことに必要な新しいスキルを習得する
  • 詳しくない分野を調べて、新しい知識を取り入れる
  • 健康管理を怠らない
  • 世界を旅行して、肌で感じる

自分の今の仕事に役立つスキルを磨く

まずは本業のために、スキルを磨く自己投資をすべきです。
本業の年収があがれば、毎月の貯金額もあがりますからね。

積極的に新しい知識、スキルを取り入れれば、
本業の生産性もあがり、評価される人材になります。

  • 残業代もらうために残業する人
  • 生産性をあげて定時に帰る人

両者を比べると、会社としては後者のほうが当然評価しますよね。

将来やりたいことに必要な新しいスキルを習得する

今の仕事はあまり続ける気がなく、将来本当にやりたい仕事があるという人もいるでしょう。
そういう方は、本業を頑張りすぎず、帰って本当にやりたいことのために「お金」と「時間」をかけたほうがいいです。

今の仕事をダラダラと続けていても、上がらない給料でますますモチベーションが落ちますし、時間がもったいないです。

将来的にやりたいことがあるなら、今すぐ準備をはじめましょう。

詳しくない分野を調べて、新しい知識を取り入れる

本とかネットとかニュースなどいろんな媒体で、今は情報が手に入ります。

詳しくない分野の情報も目にすることがあると思いますが、
多くのものに触れると、自然とまた新しい人と出会ったりすることができます。

知識豊富は人は話が面白いので、話も弾みます。
もちろんうんちくの言い過ぎは嫌われますが…

わたし自身、Webの仕事をしているので、いろんな業界のクライアントがいます。

最近だと、外国人材向けのサイトのマーケティングと制作を行ったときに、
日本における外国人材のニュースとかを片っ端から調べました。

片っ端から調べていくと、
外国人材がいま不当に働かされていたり、
正当な報酬がもらえないせいで生活が苦しくなっていたりと、
社会問題になっていることを知りました。

企業の利益を考えつつ、この社会問題を解決するための企画を提案したところ、
クライアントにも認められ、また新しいクライアントを紹介して頂けました。

新しいクライアントも人材系の会社で、
すでに人材業界の知識も少し頭に入っていたので、スムーズに仕事が進められましたね。

全く畑違いの人とも話すと得るものもたくさんあるので、
どんどん知識を取り入れていきましょう。

健康管理を怠らない

自分の健康はまず第一です。
健康があってこその仕事です。

フィットネスジムに通えということではないです。

  • 毎日3食しっかりお金を使ってご飯をつくる
  • 歯医者に定期的に通う
  • ランニングのためのシューズを買う

など、簡単にできることをして健康維持することも、自己投資にあたります。

「お金」という資産だけでなく、自分の「健康」という資産にも、自己投資しましょう。

世界を旅行して、肌で感じる

わたしもフリーランスなので、よく仕事しながら旅することもあるのですが、
「世界をみて、視野を広げる」のも自己投資のひとつです。

旅で得られることは、「経験」です。

世界には日本とは全く違う「文化」「価値観」「景色」があります。
それを自分の目や耳、肌で体感してくることはかけがえのない経験になります。

その経験が、「人としての器が大きくなること」にもつながってくると思います。

それぞれの価値観にもよりますが、
「結婚式」よりも「新婚旅行」にお金をかけるのもアリだと思ってます。

あとは、疲れた心を癒やすリフレッシュにもなるので、年に「1回」くらい行くのをオススメします。

まとめ

20代、特に20代前半の学生や社会人は、結婚や出産の予定がないなら、
節約して貯金するのはまだ早いかなと思います。

せっかく自分に対してたくさん「お金」と「時間」が使える時期に、
自己投資しないのはもったいないですからね。

わたしも20代後半になりましたが、まだまだ成長できると思っているので、
貯金もしつつ、自己投資は続けたいと思ってます。

最後にまとめますが、節約より自己投資すべき理由は、下記3つです。

この記事のまとめ

  • 自分の市場価値があがる
  • 若い時から貯金しても、あまり貯まらない
  • 個人で「稼ぐ力」がついてくる

まずは、ひとまず毎月「1万円」からでいいので、自己投資を初めてみてください。

お金の使い方はよく考える必要がありますが、
自分のためと思える自己投資に大切な「お金」を使うといいですよ。

20代は、

「攻撃が最大の防御」

「節約より自己投資」

です。