「学歴に自信はないけど、稼げるようになりたい…」
「学歴がない分、なにかを学んで、差を埋めたい…」

と学歴でなんらかの悩みを抱えている人もたくさんいると思います。

今回のテーマは、学歴が低いと気にしている方向けに、

「マネーリテラシーの知識を学ぶ必要性」

についてお話してまいります。

学歴にコンプレックスがある方は、若いうちからお金の教養を学ぶといいですよ。

わたし自身、社会人になってからお金の教養を学び始めましたが、
結果的に副業の収入が、会社のお給料をはるかに超えるという成果にもつながりましたからね。

さっそく本題に入ってまいります。

学歴にコンプレックスがある人こそ、お金の教養を学ぶべき

冒頭でも言いましたが、学歴にコンプレックスがある人こそ、マネーリテラシーを身につけるべきです

日本では、学校でも社会でも、お金の知識なんて教えてもらえないです。
なので、自分で学ぶしかないんですよね。

なぜ学歴が低い社会人は、お金の教養を学んだほうが良いのか。

理由は、下記ですね。

  • マネーリテラシーがないと、「学歴」が高いと言われる人たちに搾取され続けることになる
  • マネーリテラシーを身につけると、お金の収支の管理が適切にできるようになる
  • 資産形成を早いうちから始めると安定した人生を送れる

1つずつ解説します。

「学歴」が高いと言われる人たちに搾取され続けることになる

日本は資本主義社会です。

マネーリテラシーがない人は、頭のいい人間が作った仕組みに、一生搾取され続ける人生になります。

世の中は、頭のいい人に都合のいいようにできていると思っておいたほうがいいです。

「ドラゴン桜」という有名な漫画を知っている人も多いと思いますが、
その漫画でも言われていたことです。

誰かによって、作り出された仕組みに搾取されないためにも、
「マネーリテラシー」を学ぶことが必要なわけです。

お金を稼ぐ方法は、正社員としてマジメに会社で働くことだけではありません。

仕組みをうまく利用すれば、搾取されずに済みますよ。

お金の収支の管理が適切にできるようになる

マネーリテラシーを学び始めると、

  • 家計の管理
  • 将来設計とマネープラン
  • 保険
  • クレジットカード

などの基本的なマネー知識に興味を持てるようになると思います。

特に家計の管理、つまり支出の管理と思っていただければわかりやすいと思いますが、
お金のムダ遣いが減り、貯金のために工夫するようになります。

今毎月の固定費がいくら発生しているか、把握してますか?

これが把握できてない方は、一度家計を見直したほうが良いです。

ほとんどの人はお金に困らないくらいのお金持ちではないと思うので、
貯金ができていない人こそお金の教養を学ぶ必要があります。

資産形成を早いうちから始めると安定した人生を送れる

日本はいまだに、

大手企業なら安泰

という考えが根強くありますよね。

正直言うと、大手企業は学歴が高い人が入りやすいです。
面接では、学歴フィルターが存在していたりしますからね。

ただ、「大手企業が安泰」なんて保障はどこにもない時代になってきています。
2019年に入って、有名企業の多くが、リストラをし始めています。

学歴が低いと気にしている人にとっては、チャンスがたくさん転がっているので、
マネーリテラシー学びつつ、「個人で稼ぐ」能力を磨くべきです。

企業で働きつつ、「副業」を始めれば、会社の給料の倍以上稼ぐことも十分可能ですよ。

若いうちから資産形成に励めば、大手企業に入れなくても安定した人生を送ることができます。

少しずつ「副業解禁」した企業が増えてきているので、副業を始める準備を今すぐ進めるべきかなと思います。

ちなみに、学歴関係無しで稼げる職業は、「Web系の職種」です。

本記事では、テーマから脱線するので詳しく解説しませんが、
下記の記事でも詳しく解説してますので、ご参考いただければと思います。

学歴が高い人でも、お金について学んでいない人はぶっちゃけ多い

高学歴な人でも、

  • 投資とか失うリスクしかない
  • 大手企業に入れば、そこそこ良い給料もらえるし安心
  • 年収1,000万あれば、都内で余裕のある暮らしできる

など考えている人も多いです。

上記3つのようなことを考えている人は、マネーリテラシーがない人たちです。

年収1,000万あっても、都内で暮らせない人もいます。

良いマンション住んで、高級車買って、時計も買っちゃおう

お金の使い方も下手、だからお金も貯まらない

いい暮らししたいはずが、気づいたら借金まみれ

上記のように、お金の管理ができず、まったく幸せになれない人もいますからね。

そんな人生送るくらいなら、年収300万くらいで、地方に住んだほうがよっぽど幸せになりますよ。

「稼ぎたい」「資産も増やしたい」と思っているのであれば、
しっかりお金の教養を若いうちから学ぶべきです。

もしお金の教養を学びたいのであれば書籍でもいいと思いますし、
無料で学べる「お金の教養講座」で有名な「ファイナンシャルアカデミー」もオススメです。

「お金とはなにか」って説明できますか?
「家計管理」の方法は理解できてますか?
「貯蓄」や「投資」でお金を増やす方法を知っていますか?

いまいち分からないという方は、下記講座だと無料で学べるので、若いうちからこういうセミナーに参加するのもアリかなと思います。

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

ファイナンシャルアカデミーはすべて無料ではなく、その裏でしっかりしたビジネスモデルで儲けてるので、ビジネスモデルを考えつつ無料セミナーで学ぶのも勉強になると思います。

まとめ

学歴にコンプレックスがある方は、若いうちからお金の教養を学んだほうがいいです。

マネーリテラシーがない人は、頭のいい人間が作った仕組みに、一生搾取され続ける人生になります。

仕組みをうまく利用しつつ、搾取されない側に回れるように、
若いうちからマネーリテラシーを身につけていくべきですね。

お金の基礎、お金の教養などの書籍はたくさん売っているので、
学び始めると社会の仕組みが理解できます。

書籍だけでなく、下記のような無料セミナーもあります。お金の基礎を学ぶくらいならちょうどいいです。

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

最初は難しいかもしれませんが、徐々に理解していけばOKです。

学び始めると、経済ニュースに興味を持ったり、お金の収支の管理が適切にできるようになるので、身につけて損はないですよ。

資産形成、特に副業は、できれば早いうちから始めたほうがいいです。
とはいえ、何かを始めることに遅いとかないので、30代でも40代でもお金の教養を学びつつ、資産運用もはじめていきましょう。

というわけで、今回は以上です。

お金についての情報や、副業についての情報も発信してますので、
初めて読んでいただいた方は、また当ブログの記事を読んでいただければと思います。

社会に出たら、学歴とか関係ないです。
1つずつ学んで、できることを増やしていきましょう。