今回は、「低賃金で働く正社員の方」「働かない正社員に不満を持つ非正規社員の方」「会社に不満を持つ会社員の方」向けのお話です。
特に20代〜30代前半の社会人たちにスポットを当てていきたいと思います。

具体的な内容は、

  • 「今までの当たり前だったことがこれからきつくなる」
  • 「今まで安定と言われていた20代会社員(大手正社員・都心一人暮らし)は安定と言えなくなる」
  • 「じゃあこれからどう働くのがベストか」

といったテーマで、深掘りしていきたいと思います。

わたしは過去、会社員の時から副業を始め、コツコツやり続け、給料を超えました。
そして、新卒で入社して2年で独立したので、その経験も踏まえお話したいと思います。

今まで当たり前だった5個のことがこれからきつくなる

今まで、世間一般的に思われていた当たり前が崩れかけています…
20代であれば、下記の5つが普通なことだったと思います。

今までの当たり前

  • 正社員
  • 社会人は一人暮らし
  • 都心で働く
  • 大手社員、公務員になれば安心
  • 将来はマイホーム買う

この上記の生き方だと、これからはかなりしんどくなります。
結婚相手でも男性女性限らず、こういう条件はけっこう良しとされてるところもありますが…

正直上記だと貯金も難しいですし、カツカツな状況も変わらないかなと思います。
給料がなかなか上がらないと嘆いている人も実際多いですし。

もちろん生活を切り詰めればどうにかなるでしょうけど、
それがはたして「幸せ」かというと疑問です。

じゃあこれからの普通とはなにか

これからの普通とは

  • フリーランス・非正規
  • 地方暮らし
  • 都心から離れて働く
  • 大手も公務員も安定とは言えない
  • マイホームはただの負債・借金

これからは上記のようなことが普通になるのではと思います。

大手企業や公務員は安心できない

今までは、新卒で正社員として入社して、長く働けるような環境が揃っていました。

「大手企業に入れば、バンザイ。」
「公務員になれば、バンザイ。」

というように安心・安全・安定な働き方ができる仕事は今でも人気ですよね。

ですが、最近は大手企業で人件費のコストカットを容赦なく実行されたり、
今後IT、AI、ロボットもより発達・普及してきます。

大手企業でもいつ自分がコストカットの対象になるかわかりません。
(最近だと損保ジャパンも4,000人近く、全体の15%も削減するそうです。)
会社のために働いてきたという家族持ちの40代が切られたら、ほんとつらすぎます…

公務員も例外ではないです。
以前、知り合いのスタートアップ企業の社長が話していたのが今でも頭に残っているのですが、

社長
「最近(前職が)公務員の28歳くらいの男性から、エンジニアとして働きたいって応募があったんだよね。」

わたし
「採用するか迷ってるんですか?」

社長
「うん。独学で学んでいてやる気はありそうなんだけど、正直公務員ってできること少ないよね。
年齢がまだ30歳手前だから迷うけど、他にも若い人から応募があるんだよね」

経営者目線で言えば、同じ28歳でも、企業でマーケティングを経験してた、前職SEだった、とかじゃない限り、採用しづらいですよね。

公務員は、仮に公務員の外に飛び出した(放り出された)ときに、持ってる武器が少ないので、低賃金で苦しむかなと思います。

公務員はクビとか大丈夫だろうと思うかも知れませんが、役所に行ってみてください。
事務作業とか窓口対応とかムダそうな作業しているのがよく見えるので。。
「単純な事務作業はロボットに置き換えられるよね。」って将来的にそうなる可能性は考えられます。

フリーランス・非正規のほうがトクが多く、幸せになれる

正社員の場合、

  • ムダの多さ(余計な残業、会議、接待など)
  • 給料が全然上がらない
  • 原則副業禁止

こういうデメリットがありますが、
非正規であれば、副業もやりやすいですし、手当も多いです。

フリーランスの場合は、稼げれば、場所も時間もわりと自由ですし、好きな仕事が選べます。
そうなると自然と幸福度も高くなりますね。

正社員で仮に、一生懸命会社のために働いたとしても、
40代で切られたらかなりきついです。
最近だと先ほども言った損保ジャパンだけでなく、東芝など、名だたる超有名大手企業が続々と退職者募集してますし。。

なので、正社員、非正規限らず、複数の収入源を持っておこうと考える人が今以上に増えます。
仕事を掛け持ちするというのが普通になる可能性は高いですね。

会社にしがみつかず、うまく利用することが必要な時代になってくるので、
フリーランスや非正規という働き方を考える人がどんどん増えていくでしょう。

都心一人暮らし、家族暮らしはきつくなる

会社の仕事一筋な正社員で、なかなか上がらない賃金(収入)のまま、
都心に暮らすとまったく貯金も出来ないと思います。

一度、住む環境、生活レベルを上げると、それ以下の環境には戻りづらいです。
なので、大手企業で働いているし、将来的に収入が上がるだろうと見込んで、
都心に住むとあとで首をしめるかもしれません。

子どもを全員私立の学校に行かせるとなると、学費もそれなりにかかりますし。
住む場所、家、普段の生活レベルによっては、年収1,000万でもきついですね。

なので、今後は田舎、海外に滞在しながら、仕事をする人も増えるでしょう。

わたしのまわりにも、東京より物価が安い海外や地方に拠点置きながら、
日本の仕事をしている人が何人かいるのですが、
共通して幸福度は増したと話してました。

都心に住むメリットも減っているので、今後地方に移住したり、海外に移住する人たちがどんどん増えてくるはずです。

時代の流れや自分の状況考えつつ、住む場所を柔軟に考えることが重要ですね。

マイホーム購入はただの負債になりえる

わたしの実家も両親が一生懸命働いて建てたマイホームなので、マイホームを持つことっていいなと思っています。
こだわりの家で、家族と住むって幸せなことでもありますし、子どもとして感謝もしています。

ただ、親の時代は「安心な終身雇用」や「安心な年金制度」があったので、マイホーム購入が当たり前だったかもしれませんが、これからは難しいかなと。

現に、経済界のトップやトヨタの社長も「終身雇用の継続は難しい」と発言しています。
ニュースをみてれば分かると思いますが、大手企業では希望退職を何千人と募集している企業も増えています。

そんな状況で30年以上のローンとか組むことはかなりリスク高いです。
それこそ40代とかで切られてしまえば、負債を抱えることになります。

フリーランスは信用力がないのがデメリットですが、大手企業の信用力も落ちてくるかもしれないです。

もしマイホームを買うのであれば、
合致した条件で売れる」「高値で貸す」ということを考える必要もありますし、
今の生活が維持できるか」どうかも考えておいたほうがいいです。

老後に自分の家、マイホームがあるということは精神安定剤にもなるので、
家に関してはよく考えて買ったほうがいいですね。

不安な正社員、不満を持つ非正規の人にも平等にチャンスがある

ここまで大手企業や公務員でも安定ではないと話してきました。
公務員は価値が低い仕事が多いとも話しましたが、下に見ているとかそういうことではありません。
公務員の人たちがいないと社会も回らないわけなので。

ただ、この記事を読んでいる方は、
危機感を感じて、将来働き方を変えたり、フリーランスにも興味があるという方が多いと思います。

今までの当たり前がこれから厳しくなると気づいている人はあとは行動に移すだけです。

特に「将来が不安な正社員の方」や「会社や正社員に不満を持っている非正規の方」は、何か学ぶことから始めてみてください。

学ぶ分野としては自分の資産となる、そして成長できる分野がオススメです。

例えばですが、

4つの分野

オススメは下記ですかね。

  • プログラミング
  • デザイン
  • マーケティング
  • ライティング

上記のようなスキルすべて身につける必要はないですが、
組み合わせると自分の価値が向上します。

あとは会社で稼いだお金で、「投資」を始めてみましょう。
若いうちから始めると、「複利」でお金がどんどん増えていきます。

なにか興味のあることから学んでみて、ある程度基礎が身についたら、
副業なり投資なりを始めてみるといいですよ。

勘違いしてほしくないのは、今すぐ独立しろとは言ってないです。

ですが、この先会社の仕事だけに依存すると、
クビにでもなれば収入面も精神面も厳しくなります。
新卒から10年とか続けてもなかなか給料も上がってこないですし、視野も狭いままです。
その事実は受け止めて考える必要があります。

わたしも新卒のときは会社の成長に貢献するために頑張ろうと思っていましたが、
自分で学習しつつ副業を始めてみてからは、外との繋がりができて、視野が広がり、
もっと自分の成長のためにスキルを磨こうと決意しました。

自分のスキルを磨き続けると、自分より優秀な人たちが視野に入ってきます。

最近だと、FXで1ヶ月300万増やした人(複利で増えるので今はそれ以上)が身近にいたり、自分で運営しているメディアで月100万以上稼ぐ人も何人かいます。

わたしのまわり以外にもネットで検索すれば、それ以上稼ぐ人もたくさんみつかると思います。
YouTuberだと「ヒカキン」とか見ると良いです。
みている人が楽しめるコンテンツを発信してるので。

今の時代いくらでも学べる環境や、稼げる環境が整っています。
それは正社員、非正規、公務員とか関係ないです。
性別も関係ないです。

今までは大手企業で稼ぐ男性がモテていたり、女性が不利とか言われてきましたが、
これからの時代は誰でもチャンスはあるかなと。
自分で稼げる女性もかなりモテると思いますよ。

会社にだけ依存せず、自分で何かできることからチャレンジしてみましょう。

まとめ

「副業」とか「投資」などを話すと、うさんくさいと思われるかもしれませんが、
本業以外の収入源を持つことを考えるのが当たり前の時代になってきています。

もし何か始めようと決意して自分のまわりに宣言したとき、
批判を言われたり、うさんくさいと思われるかもしれません。
ですが、それはその人たちの視野が狭いだけなので、気にする必要ないです。

もちろん、詐欺まがいの「副業」案件や「投資」案件も増えて問題になっているので、自分で見極める力も必要です。

自分で判断する力をつけるには、日々学ばなければいけません。
おいしい話や誰にでも稼げるという仕事は絶対にないので、注意してもらいたいですが、
誰にでもチャンスがあるのは事実です。

プログラミングを身につければ、スタートアップに入って、画期的なサービスを開発できるかもしれません。

デザインを身につければ、独立して、在宅でWebサイトをつくる仕事もできます。

マーケティングを身につければ、自分が働く会社の経営者から好まれると思います。
経営者に好まれれば、「給与の大幅アップ」、「在宅勤務」、「育児休暇が取りやすい」といったおいしい条件のオファーもついてくるかもしれないです。

わたしも会社員時代は、仕事を早く終わらせて、すぐ帰宅。
家では勉強か副業の時間にあてた結果、スキルが伸びて、
会社では1年目でMVPをいただき、2年目には副業が給与を超えるということに成功しました。

アラサーになりましたが、
今後このまま収入源を増やして稼ぎつつフリーランスで生きていくか、
それとも良いオファーがあれば会社に転職するのか、
はなにもわからないです。

あくまで正社員、フリーランス、非正規は働き方のひとつにすぎないので、
会社員のほうがおいしいと思えばすんなり働き方を変える可能性もあります。

その時の状況や考え方で、臨機応変に対応して生きていきたいので、
これからも継続してスキルを磨くつもりです。
スキルを磨いて、学び続け、行動を継続すれば、自由に生きられると考えてます。

これで以上ですが、会社に依存しなくてもいいスキルを身につければ、資産になります。

皆さんもぜひ人生を豊かにするために頑張っていきましょう。