どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「訓練校でWebの勉強してます。課題は毎日やってますが、不安…」
「3ヶ月で100時間ほど学びました。まだ就活する自信がありません…」

上記の悩みにお答えします。

今回は、Web系を目指して学習をしている方向けに、

  • 「3ヶ月で100時間勉強しました」と伝えても、面接でアピールにならない
  • 必要になったときに学ぶスタンスの重要性

というテーマでお話します。

この記事を書いているわたしは、アラサーで現役Web系フリーランスです。
スタートアップを経験したこともあり、過去にスクール講師もしてました。

スクール講師時代に、20代の学生や社会人の未経験者からたくさん質問され、技術だけでなく仕事のことや就活のことも教えてきたので、不安になる気持ちもよく分かります。

本記事は、これまでの経験をベースに語ります。

Web業界を目指す方へ。面接で「100時間勉強しました」と言ってもアピールにならないです

わたし自身Web系スクールで講師をしたことがあるので、受講生に面接のアドバイスもしていたのですが、
今回の記事で、Web業界を目指してる人へ伝えたいことがひとつあります。

面接の場で、Web系を目指す初心者にありがちなのが、「〇〇時間勉強しました!」とアピールすることです。

結論を言うと、「3ヶ月で100時間勉強しました」と言っても、残念ながらアピールにはならないんですよね。

確かに学習意欲、学ぶ姿勢をアピールするために、時間を伝えるのは分かりやすくていいのですが、正直「〇〇時間学んだ」というだけでは伝わらないです…

そもそも時間で伝えるなら、「3ヶ月で100時間勉強しました」は足りなさすぎますね。

優秀な現役エンジニアやデザイナーは、

  • 本業で160時間
  • 本業以外で80時間以上、副業か学習

1ヶ月でこれだけ実務を積みながら、スキルを磨いてます。
3ヶ月で比べると、少なくとも480時間以上の差が出ているわけです。

なので、「3ヶ月で100時間勉強しました」は、残念ながらまったくアピールになりません。

重要なのは、「学習時間」ではない

「じゃあ何時間学べばいいんですか?」と聞きたくなるかもしれませんが、
重要なのは、「学習時間」ではないです。

学習意欲で評価されたいなら、

  • 学習の密度
  • 自走能力(自分で考えて行動できる能力)

をアピールしましょう。

では、初心者はどのようにすれば、伝わるか。

職業訓練校で学んでいる人なら、「出されている課題を一生懸命こなしています!」と言っても、「学習の密度」や「自走能力」の面はあまり評価されないです。
なぜなら、自分で考えて行動しているのではなく、学校の指示通り動いてるだけだからです。

伝えるには、「職業訓練校のカリキュラムや課題以外でも、行動しているかどうか」をアピールする必要があります。

  • 自分で考えてなにか作っているか
  • どれだけの作品(ポートフォリオ)を作っているか
  • 作品をつくるうえで、必要なスキルを適切に学べているか

といったことをアピールできれば、面接の合格率も上がると思います。

書籍やスクールなど、カリキュラムやテキストに沿って時間をかけて学んでいても、指示通りに動く人材にしかなれないです。
自分で考えて、行動しながら学びましょう。

「まだ詳しくないから、もう少し勉強したい」と言う初心者の方へ

「3ヶ月で100時間勉強しました」では、アピールにならないと言われると、もっと勉強しないといけないのかなと不安になるかもしれません。

不安になった初心者の人が、3ヶ月〜半年ほど学習した後に、取ってしまいがちな行動は、また机の上で勉強しようとすることです。

「まだ詳しくないから、もう少し勉強したい」
「もうちょっと勉強してからじゃないと」

という人がけっこう多いんですよね。

たしかに学ぶことが多すぎるという気持ちはわかりますし、謙虚で良いことだと思います。

その学習意欲はとても素晴らしいですが、自分で勉強し続けても、現役のエンジニアやデザイナーより詳しくなることはないです。
理由は先ほど話したとおり、「優秀なエンジニアやデザイナーは、実務を積みながら、圧倒的に作業しているから」です。

初心者の大半は、自信が持てなくて当然なので、みんな同じように学習をやるんですよね。

初心者同士の群れから抜け出し、現役エンジニアやデザイナーと肩を並べるには、「実務で実践的に学ぶ」以外の方法はありません。
なので、自分で成果物をたくさん作って、面接を受けてほしいです。

大半の人が行動できないからこそ、やる意味があります。

初心者なので、不安なことはたくさんあると思います。
スクール講師をしていたときにも、「未経験でもデザイナーになれますか?」と質問してくる人もいました。

断言しますが、「なれるかどうか」を考えて、不安になったりしても、何も進展は望めないです。

もう一度スタートに立ち返って、

Web系の仕事を本当にやりたいかどうか

を考えてみてください。

答えが「Yes」なら、悩んでいてもしょうがないので、学習はほどほどにして、「未経験でも評価される人材になるにはどうすればいいか」を考えて行動に移しましょう。

必要になったときに学ぶスタンスでOK

「まだ詳しくないから、もう少し勉強したい」
「もうちょっと勉強してからじゃないと」

という人は、日本の小中学校で行われている教育から抜け出せていないです。

あれこれ学ばなくていいので、必要になったときに必要なことを学ぶスタンスでOKですよ。

自分はなにも詳しくない、まだまだだ。

「もっと勉強しないといけない」と完璧に覚えようとする

書籍やProgateを繰り返す

少し理解してきたような気がする

でもほかにも覚えなきゃいけないことがたくさんある

また違う書籍を買ってくる

上記の場合、最初の謙虚な気持ちは素晴らしいですが、完璧を求めすぎて、気づいたら時間だけが過ぎてるってパターンに陥ります。

自分はなにも詳しくない、まだまだだ。

「これ以上机の上で学んでいてもしょうがない」と勉強をやめる

作品をつくって、面接を受ける

内定をもらい、働き始める

優秀な人が多すぎて、「やばい」と焦る

実務をやりながら、先輩にアドバイスをもらい、家でも学習

少しずつ仕事で成果が出てくる

実務でわからないことがあったから、また調べて学習

またできることが増える

上記のように、走りながら、考えて、学べばいいんですよ。

書籍とか買ってきても、1ページ目から全ページを読む必要もありません。

〇〇を作りたい。JavaScriptの〇〇を調べよう(アウトプット前提のインプット

調べたことをちょっと試してみよう(アウトプット

こうやって使えるのか、なるほど(習得した!

という感じで必要になったら、必要な部分を学ぶでOKです。

インプットは書籍だけじゃない

インプットは書籍だけではなく、日常でアンテナを張り続けることでも可能です。

例えば、デザイナーなら

  • 電車広告はどのようにデザインされているか?
  • あの店のメニューブックは人気商品をどうやってみせているのか?

などを分析してみるとかもいいでしょう。

エンジニアも同様に、日常にアンテナを張ってことで、

  • これはWebサービス開発のヒントになるかもしれないな
  • これはユーザーの行動のヒントになるかもしれないな

と気づきがたくさんあると思います。

自分の机だけでは時間が限られるので、日々の行動のなかで、効率よくインプットをしていきましょう。

まとめ

必要になったときに必要なことを学ぶスタンスでOK」とお話ししましたが、

会社に入って、実務をこなす

わからないことだらけ…

調べながら、モクモクと作業

つまったら先輩にアドバイスをもらう

帰宅して、自分なりに調べながらなにか作ってみる

理解して、ひとつできることが増える

できることが増えると、さらに学ぶのが楽しくなる

という感じの良いサイクルになってきます。
上記を繰り返すことで、さらに理解が深まるはずです。

わたしも日本の詰め込み式の学習をやめて、「必要になったら必要なものを学ぶ」スタンスで学び始めたら、副業収入が会社の給料を超えました。
思考を変えた結果、本業も副業も成果が出て、独立できたわけです。

冒頭でも話しましたが、面接で「3ヶ月で100時間勉強しました!」は、残念ながらまったくアピールになりません。

重要なのは、「学習時間」ではないです。

学習意欲で評価されたいなら、

  • 学習の密度
  • 自走能力(自分で考えて行動できる能力)

を意識することが大切です。

というわけで以上です。

「まだ詳しくないから、もう少し勉強したい」「もうちょっと勉強してからじゃないと」と言う方や、「〇〇時間勉強しました!」と言う方は、思考を切り替えましょう。

「すぐに成果物をつくり始めて、必要になったら必要なことを学ぶ」

これでOKです。

本やProgateで学んでいても、優秀なエンジニアやデザイナーになれません。
アウトプット前提のインプットを続けていきましょう。

下記記事もお時間あるときにどうぞ。