どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

Web系フリーランスとして独立して3年以上経っているのですが、これからフリーランスになる方や、フリーランス駆け出しの方から質問を受けることがあります。

「フリーランスとして独立するために自分のサイトを作りました。料金表も掲載すべきですか?」
「料金表を載せてしまうと、比較されてしまいますよね?」
「自社サイトに料金表載せるより、毎回値段の交渉をしたほうがいいですよね?」

といった質問を受けることが多いです。

結論から言うと、料金表を設定して、自サイトに掲載すべきです。

今回は、これからWeb系フリーランスとして稼ぎたい方、特に自分のサイトを持っている方(持つ予定の方)向けに、

  • 自サイトに値段を載せて、比較されるべき3つの理由
  • シンプルな料金表とプラン
  • 値段相応ではなく、お値段以上のものを提供すること

上記についてお話します。

ちなみにこの記事を書いているわたしは、ベンチャー企業を複数経て、フリーランスとして生計を立てています。

Web系スクールで講師をしていたこともあり、「料金表」「単価」などについてかなり聞かれるので、今回記事にすることにしました。

3分くらいで読める内容なので、サクッと読んでいただければと思います。

自社サイトに料金表を載せて、他と比較されるべき理由

「料金表を載せると比較されてしまうから載せないほうがいいですよね?」と疑問を持たれる方も多いですが、わたしは毎回こう答えています。

「載せたほうがラクできて、いいですよ。」

わたし自身、このメディアとは別で「Webのお仕事」を引き受けるための自社サイトも運営しており、そのサイトからも定期的にお仕事の相談があるのですが、料金表を公開しています。

なぜ、料金表を公開して、比較されるべきなのか。

理由は下記のとおり。

  • お問い合わせを頂いてからの無駄を省けるから
  • モンスタークライアントを排除できるから
  • 価格以上のものを提供しようというモチベーションになるから

という感じ。

別に隠す理由もですし、「比較されてしまう」というマインドではなく、「どうぞじっくり選んでください」という考え方のほうがラクなので、公開しています。

上記3つの理由をそれぞれ深堀りしていこうと思います。

お問い合わせを頂いてからの無駄を省けるから

下記のような失敗をする駆け出しフリーランスが多いです。

  • お問い合わせに丁寧に対応し、見積もりを送った後に返信が来なくなる
  • 対面で1時間ほど打ち合わせしてからお見積もりを送るも、「比較した結果、他社に決めました」と連絡が来る
  • サンプル作成を無料で引き受けた結果、後日「別の業者に頼もうと思います」と連絡が来る

という感じで、丁寧に対応してからの失注はかなり精神的にこたえると思います。

あらかじめ料金表を掲載しておけば、「いくらですか?」と聞かれることもありません。

お問い合わせを送った時点で、クライアントの予算感も見合っているということになるので、受注率もアップします。

モンスタークライアントを排除できるから

単価を設定し、料金表も公開しておけば、「安くしてよ」と言ってくる人もいません。

個人的には、Webサイト制作事業なら「テンプレートを利用した制作」のサービス提供をオススメしています(※特に実績が乏しい人)。

実績が乏しい人が企画から制作まで、オールインワンで対応すると炎上しやすいので…

事前に「良質なテンプレートを利用した制作となります。」と伝えて、完成のイメージを共有しておくといいです。

  • 実績がない人:テンプレートを使ったサンプルデザインをいくつか用意する
  • 実績が多い人:同様のテンプレートを使って制作したサイト(成功事例)を送る

上記のとおり、「テンプレートでもここまで高品質なWebサイトを作ってもらえるんだ!」と思わせることが大切。

格安での制作の場合、モンスタークライアントからの依頼が増えがちです。

なので、もし駆け出しフリーランス(実績なし)がモンスタークライアントを避けるなら、

テンプレート制作の料金(低単価)を自社サイトに掲載し、引き受ける

経験と実績が増えたら、単価をアップし、サービスも拡充

単価アップさせたことで、モンスタークライアントを避けることに成功

という感じの流れがベストです。

価格以上のものを提供しようというモチベーションになるから

わたし自身、このメディアとは別で「ポートフォリオ、料金システム、サービス内容などを載せたサイト」も運営しているのですが、料金表を載せるようになってから「どうすればクライアントから選んでもらえるか」を考えるようになりましたね。

あらかじめ料金表とサービス内容を確認してからお問い合わせしていただくお客様がほとんどなので、ほかと比較して選んでもらったからには「喜んでもらいたい」という気持ちが強くなりますよ。

値付けをした後に料金表を掲載して、他社と比べてもらうことで、

  • 自分の市場価値に対して、この価格は見合っているか
  • 自社のサービス、自分のサービスをいかに選んでもらえるか
  • クライアントにどんなことをすれば、喜んでもらえるか
  • 信頼されるにはどうすればいいか
  • クライアントが知り合いに紹介したいと思えるサービスになっているか

上記を考えようというモチベーションに変わってくるはずです。

「他社には負けない」という自信も大切かもしれませんが、それよりも「この価格とサービスなら絶対に喜んでもらえる」という自信のほうが圧倒的に大切なので、満足してもらえるサービスを提供しましょう。

「他社より安く」「他社には勝てる」という思考ではなく、「知り合いに教えたくなるくらい満足してもらえるサービスを提供する」という思考に変えてみてください。

料金プランはシンプルでOK。見積もり書をつくる時間を省くべき

駆け出しのWebデザイナーの場合だったら、下記のようなイメージ(コーディングも同様)。

  • トップページデザイン(パソコン用): 20,000円
  • トップページデザイン(スマホ用): 5,000円
  • 下層ページデザイン(パソコン用): 8,000円
  • 下層ページデザイン(スマホ用): 2,000円
  • LPデザイン(ランディングページ): 40,000円
  • 追加費用: 2,000円(Word A4程度)

こんな感じで、シンプルに載せておけばOK。

経験年数と実績が増えれば増えるほど、単価をアップしていけばいいと思います。

注意点をひとつだけ伝えておきますが、「〇〇円〜」と表記してしまうと、お客様に「値段が上がるかも」と思われる可能性があります…

「〜」という表記はなくし、「うちはこの値段でやっています」と自社サイトで断言したほうがお互いストレスなく、話が進みますよ。

パッケージにしたほうがもっとラクできる

Webサイト制作なら、「商品のパッケージ化」をしたほうが見積書を細かく作らなくて済むので、ラクです。

例えばですが、

Webサイト制作パッケージ

  • 10ページ制作
  • 企画提案
  • ワイヤーフレーム
  • オリジナルテンプレート
  • WordPress構築
  • スマホ・タブレット対応
  • 電話サポート

合計:〇〇万円

上記のような感じで、パッケージ化してしまえば、見積書もテンプレートで済ませることができます。

毎回依頼される度に、電卓で計算しながら見積書を作るのは効率が悪すぎ。

「見積書作成」という同じ作業は繰り返さないようにすれば、生産性も爆発的にアップしますよ。

保守のプランは3つくらいあればOK

月額5,000円

  • サーバー管理
  • ドメイン管理

月額10,000円

  • サーバー管理
  • ドメイン管理
  • バックアップ・データ管理
  • WordPressアップデート・管理
  • プラグインアップデート・管理

月額30,000円

  • サーバー管理
  • ドメイン管理
  • バックアップ・データ管理
  • WordPressアップデート・管理
  • プラグインアップデート・管理
  • セキュリティ監視(※不正ログインの監視)
  • 月4時間の更新作業(※ページ作成は別途お見積)
  • 電話サポート

上記のように3つくらいプランを提案すると喜んでもらえます。

「本業が忙しすぎて、更新やアップデートもできるだけ任せたい」とお困りのクライアントはけっこう多いです。

1社で月額3万円の保守運用を受注した場合、10社受注すれば「毎月30万円」になるので、生活にも困らないですし、心にもゆとりができるでしょう。

保守運用のプランを提案しないフリーランスが意外と多いですが、下記の違いを覚えておくといいですよ。

  • 新規Webサイト制作案件の受注の場合:フロー収入
  • 保守運用案件の場合:ストック収入

上記のとおり、保守運用はストックビジネス(積み上げ式)です。

ストックビジネス = 継続して利益をもたらす = 安定

ストックビジネスをつくることで、フリーランスも「安定化」させることができるので、ぜひ取り入れてみてください。

まとめ:自分が提供できる価値に合わせて、どんどん値上げしていい

価格を決めるときは、「お客様・ユーザーの納得感」を意識すべき。

極端な例を出しますが、1年目の駆け出しフリーランスに50万円を払って、企業サイト(10ページ規模)の制作を依頼しようとは思わないですよね。

実績も経験もないフリーランスにわざわざ高いお金を払って依頼してくれるクライアントはいません。

自分が提供できる価値を「3ヶ月」もしくは「半年」くらいのスパンで見直して、価値が上がっているなら、単価もアップすればいいです。

「お値段以上」を意識せよ

わたしが仕事の依頼を受けたときに意識しているのは、「お値段以上の価値」を提供すること

ニトリでお馴染みのワードですね。

ほとんどのフリーランスがやりがちなのが、「お値段相応の価値」を提供してしまっているんですよね。

どういうことかと言うと、「自分さえ儲かればいい」「自分のプラスになればいい」と思っている人が多いということです。

値段相応のものしか提供しないなら、お客様の期待値を超えていないわけなので、継続して選ばれなくなるのは当たり前ではないでしょうか?

「この値段でここまでやってくれるの!?」

「知り合いにもオススメしたい」

と思ってもらえるように、クライアントが期待しているもの以上の価値を提供することが大切。

相手の期待値を超えれば、お金が稼げると同時に、信頼も得られますからね。

期待値を超えることを最優先に、クライアントを満足させるサービスを提供しましょう。

新米フリーランス向けの記事

下記記事では、「新米フリーランスが実績を増やす方法」について、解説しています。

下記記事では、「駆け出しフリーランスがやりたい仕事を獲得する方法」について解説しています。

下記記事では、「フリーランスが避けるべきモンスタークライアント」を5つのタイプ別に分けて紹介しています。