どうも皆さま。こんにちは。こんばんは。
渋沢です。

「年収400万円未満の会社員です。結婚もしたいので、転職を考えてます…」
「いまの会社の給料が低いので、年収400万円以上稼げる仕事をしたいです…」
「はじめて転職を検討してます。年収400万稼げる職種ってなんだろう…」

といった悩みにお答えします。

今回は、転職を検討中の20代〜30代のサラリーマン、特に年収400万円以上の職種を探している方向けに、

  • 年収400万円以上稼げる「業界」と「職業」
  • 田舎でも年収400万円以上は目指せる
  • 「転職する、しない」どちらにせよ、「心の余裕」を持って生きるべき

上記のテーマでお話してまいります。

この記事を書いているわたしは、ITスキルを身につけ、フリーランスになりました。
サラリーマン時代は、年収が平均以下だったので、プログラミング副業を社会人1年目のときに始めました。

少しずつ副業が軌道に乗り、今では独立して生計を立てていますが、この先収入が途絶えても、まったく問題ないと思ってます。
なぜなら、どの業界、企業にいっても身につけたITスキルが、役に立つからです。

本記事では、過去の自分の経験をベースにして深堀りしますので、これから転職を考えている方はご参考くださいませ。

年収400万円未満のサラリーマンへ。転職は「業界選び」がすべてです

国税庁の「民間給与実態統計調査(2018年)」によると、給与所得者の1人あたりの平均給与は「441万円」というデータが出てます。
このデータは正規雇用、非正規雇用も含め、平均年齢は46.4歳となっているので、20代〜30代前半で平均を出したら、「400万円」を下回るでしょう。

「20代、30代のうちに、年収400万円以上は稼ぎたい」という方も多いと思います。

結論から言うと、

年収400万円未満のサラリーマンが転職するなら、「IT業界」を目指すべき

です。

理由は下記のとおり。

  • 業界が成長し続けていて、お金が流れてきやすいから
  • スキルの掛け合わせがしやすく、年収が跳ね上がりやすいから
  • 田舎でも稼げて、柔軟な働き方もできるから

IT業界はこの3つにあてはまるので、転職するときには第一に考えて、損はないはずですよ。

不動産や金融なども高年収になりやすいですが、個人的にはオススメしないです。
なぜなら、上記3つの条件が揃わないからです。

では、ひとつずつ解説していこうと思います。

業界が成長し続けていて、お金が流れてきやすいから

業界が成長し続けているので、ある程度スキルがあれば、年収も上がりやすいです。

なぜ年収が上がりやすいのか。

一言でいうと、利益率も高めやすく、投資家からお金が流れてきやすいからです。

最近だと、サッカーの本田選手がIT系のスタートアップ企業に投資してましたね。下記の記事のとおり。

本田が選んできた投資先は、基本的にテクノロジー分野のスタートアップだ。ただし、ソフトウェアだろうがハードウェアだろうが、カテゴリーは問わないとも。

引用:本田圭佑が開発者に熱く語った50分「僕がエンジェル投資家をする理由」

ITスタートアップに投資するだけでなく、エンジニアもTwitterで募集してます。
(ちなみに、自らプログラミングも学んでいるとも公言してます。)

もちろん本田選手だけでなく、ソフトバンクグループの孫さんやその他著名な投資家たちも、IT業界、テクノロジーの分野に投資してきているんですよね。

世界的な企業を見ても、時価総額ランキングの上位はIT企業ばかりですよね。
アメリカのGAFAM(=Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)が、代表例です。

IT業界は、利益率の高い事業を運営する企業が多いので、投資家も多額の投資をします。
当然、お金が流れてくるので、企業は従業員たちに高い給料を払えますよね。ということです。

スキルの掛け合わせがしやすく、年収が跳ね上がりやすいから

高年収の業界だと、「不動産」や「金融」も挙げられますが、大手に限られるでしょう。
仮に不動産の大手やメガバンクに入れたとしても、スキルは大して身につかないです。

なぜなら、市場価値が上がるような仕事ができないからです。

フィンテックに関われる仕事なら、市場価値は上がる可能性はあると思います。
しかし、銀行の窓口とか、金融商品の営業などをやっていても、大してスキルも身につかないので、ほかでは通用しません。

スキルが身につかないのに、「年収が高いし、安定もしてるから」と甘んじていると、足元すくわれてしまう結果に…

IT業界の場合、

プログラミングスキルを身につける

本業では、受託開発と、自社のWebサービスも開発

マーケティングのノウハウが蓄積される

副業を始めて、さらに技術を磨く

本業で得たノウハウをベースに、自分で商品やサービスをつくる

個人でも稼げるようになる

「プログラミング × マーケティング」というスキルの掛け合わせで、上記のようなループが生まれやすいんですよね。

伸びている業界なので、やればやるほどスキルが身につき、ノウハウも蓄積されていきます。
ノウハウやスキルが掛け合わされていくことで、さらに年収も跳ね上がるという好循環が生まれるというわけです。

田舎でも稼げて、柔軟な働き方もできるから

「でも、どの業界でも共通して言えることですが、地方だと稼げないですよね?」
「年収400万円を稼げる企業なんて、地方には少ない。日本は終わってる…」
「そもそもITの仕事自体、地方にはない。都会の話なんて聞きたくもない」

などなど。上記のような疑問や反論を持つ人もいるでしょう。

たしかに都会に比べれば、当然給与も低ければ、仕事も少ないです。
それは認めます。

しかし、IT業界の職種なら、ネット環境、PC、スマホさえあれば、仕事はできるので、田舎に住みながらでも都会の企業で働けるんですよ。

わたしの仕事仲間にも、大雪が降るような東北エリアに住みながら、東京の会社で働いているエンジニアもいます。
基本的にフルリモートワークで仕事しているので、通勤する必要もありません。

家で仕事ができるので、自分の時間や、家族との時間も増え、ストレスも軽減されます。
もし東京で疲れているという方なら、こういう働き方も選択肢としてはアリだと思いますよ。

リモートワークができるということは、地方の企業で働きながら、副業で稼ぐことも可能です。
副業でも、全国の企業と関わることができるので、知見も広がります。

本業と副業のダブルインカムを実現すれば、どんな田舎でも年収600万円くらいは難しくないです。

田舎に住みながら年収1,000万円以上稼ぐエンジニアとも一緒に仕事してきた経験があるので、断言できます。

地方だろうが、都会だろうが、「柔軟に働きながら、稼げること」が、IT業界で働く最大のメリットだと思います。

IT業界の職種は、エンジニアか、マーケターがオススメ

IT業界の職種なら、ぶっちゃけ営業職以外ならなんでもかまいません。

  • エンジニア
  • マーケター
  • デザイナー
  • ライター
  • 動画クリエイター

などいろいろ職種があります。
個人的には、最初に目指すなら、「エンジニア」か「マーケター」をオススメします。

ライティングの仕事は副業でもできるので、入りはエンジニアかマーケターで問題ないです。

デザインの仕事もいいと思いますが、ほかのスキルを掛け合わせないと、年収は上がりづらいと思います。

  • エンジニアなら、プログラミングスキル
  • マーケターなら、マーケティングスキル

IT業界に飛び込んで、最初に上記のどちらかのスキルを身につけておけば、転職も、副業も、独立も、しやすくなりますよ。

「転職するorしない」どちらにせよ、「心の余裕」を持って、生きよう

  • 年収700万円/残業あり/人間関係のストレスあり/都内暮らし/家族持ち
  • 年収300万円/残業なし/フルリモートワーク/田舎暮らし/家族持ち

どっちが幸せに感じるかを、まず自分なりに考えて欲しいです。

いくら年収が高くても、残業多くてストレスもあるなら、幸せになれないです。
かといって、現状維持で甘んじていても、いつか大きなリスクが降りかかる可能性もあります。

「転職するか、しないか」に関わらず、「心の余裕」は常に持っておくべきですよ。

仮にIT業界への転職が成功し、年収が跳ね上がると同時に、生活レベルも上げるとします。
年収が上がっても、生活費のために一生懸命働くことになれば、余裕なんて当然なくなりますよ。

余裕がなくなれば、副業や独立のこと、未来のことも考えられなくなります。

お金を稼ぐことは大切ですが、いろんなリスクも頭に入れつつ、幸せになれる方法は常に考えておいたほうがいいです。

大手企業、銀行マン、公務員などなど。
「安定と言えば…」という職業が、安定ではなくなりました。

2019年も、

  • 業績不振
  • 倒産
  • テクノロジーの進化
  • RPAの普及
  • クビ・希望退職
  • 銀行の合併・提携

などリスクが増えてきてます。

上記に当てはまるニュースをひとつも知らないという方は、リスクが頭に入っていないということです。
このあたりのニュースは自分で調べてみてください。「自分で調べる」も行動の一歩です。

「心の余裕」を保つためにも、いつでも転職や独立ができるように、常に考えながら動きましょう。

そして、「自分株式会社」という視点を持ちながら、行動しないといけません。

まとめ:小さな興味にも目を向けて、行動するべき

悩みすぎて、行動できなくなるのが一番良くないです。
難しく考えすぎても動きづらいだけなので、自分の中にある「小さな興味」にまずは気づいて欲しいなと思います。

この記事を読んで、「IT業界」に小さな興味が湧いたとしても、

「ノースキルだし、IT企業に転職なんて無理でしょ」
「スキルを身につけるまでが、大変なんでしょ」
「アナログ人間だし、なにから始めればいいかわからない」

上記のように「できない理由」ばかり並べてしまったら、行動できるはずがないです。

できない理由は自分の心から排除し、自分を信じることから始めましょう。

そのうえで、

  • どうやったらエンジニアになれるかを調べる
  • どんなスキルが最低限必要なのか調べる
  • どんな会社があるか調べる

といった小さな行動を起こしてみることが大切です。
ちなみに上記のような内容はすべてこのブログでも書いてるので、片っ端から読んで、参考にしていただければと思います。

調べる以外にもできることは、ほかにもあります。

  • ちょっと興味のあるITのイベントがあるなら、行ってみる
  • ちょっと興味のあるIT企業があるなら、話を聞いてみる
  • ちょっと興味のあるエンジニアがいるなら、会ってみる

こういった小さな行動なら、失うものなんてなにもないですよ。
まわりにIT業界で仕事している友人とかがいるなら、話を聞いてみればいいだけです。

IT業界に飛び込んで、最初に入る会社は、ぶっちゃけガチャと同じです。

「うわー。転職失敗した」と思うかもしれませんが、「よし、ここまでは想定どおり」と思うべきなんです。

スキルを盗んだら、また次の道へ進めばいいだけなので、小さな行動を始めて、あとは行動し続けましょう。

IT業界に興味がある方はこちら

下記で、IT企業の探し方を解説してます。合わせてご参考ください。